FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日のルーター

訳の分からないタイトルですが。

今日も雨で現場はお休み。

しかし,運転手さんの配達がありましたので,向島や福山をかけりまわってもらいました。
風邪ひかんように,はよ帰って風呂にでも入り・・・と。

事務の方から・・・プリント出来ません,と報告が。

あれ?わし,なんかしたっけ?

ネットワークでつながっている複合機をプリンターとして使っています。

初心に返るべし・・・と,ググりながら(←しかしまぁ,なんでも載ってますね),しばし格闘。
http://www.pc-master.jp/internet/network-printer.html

1.各パソコンからインターネットには繋がっているし,ネットワークの問題ではない。

2.ケーブル等のハード的問題は見当たらない

3.単にプリンターが認識されてないだけ

4.ネットワーク上にプリンターが居ないということだろう

ふむふむ・・・

続きを読む

スポンサーサイト

パソコン使えるのが当たり前の時代_?

コンピュータによって,コンピュータの開発(HW,SW共)速度が飛躍的に伸びても,実は,HWには物理的な限界がある,と思っています。これを超えるのは,ニューロコンピュータであると昔は思っていましたが,最近聞きませんね。どうなったのでしょうか?

さて,ついでに昔話ですが。

私が最初に凄いと思ったのは,AppleⅡ。たしか1980年くらい。何が凄いのかよくわからないのですが,凄い!と思ったのは事実です。

以下は,古い記憶なので,少し間違ってるかもしれません(笑・・・・

時代はとんで・・・1985年頃に研究室の一人がNECの9801E(8086,8MHz,メモリー1M)というパソコンを買い。8インチのフロッピーディスクでつかっていたのですが,その後,20MB(にじゅうめがばいと)の外付けHDD(はーどでぃすく)を20万円か40万円か出して買ってまして,,,おそるべし金持ちとうらやましがってました。

その後,研究室に,5インチフロッピーのNECマシンが導入されましたが,それは1987年頃。画期的と思いました。これに,RAMDISKの2Mをのせて,これをHDD代わりにつかうと,開発環境が飛躍的に良好になったのでした。途中で電源落ちたら最低でしたけど。

皆が相変わらずの手探り状態で,無茶苦茶でした。卒論で使った言語がLisp。たまたま,NECのCP/Mで動くLispが手に入り,よくもまぁこんな状態で卒論ができたものだと思います。

ところが,修論でソフト開発につかったのは,DECのMicroVAXでした。ここでもLisp。だれもわからない。分かる人が大学内には一人も居ない。お見事!でした。

マニュアルって英語だった気がします。後で,日本語が来たかな。お陰で,英語の勉強にもなりましたけど。

その時の研究の参考書が日本語訳されたものでしたが,訳が無茶苦茶。その2nd editionが英語。何をやってんだか・・・って感じでしたね。英文科じゃないんだけど・・ってな。

参考書だけならいいのですが,なにせ,使用するコンピュータの肝心な箇所が英語。しかも,使用言語の解説が英語。

でも,人間そういう環境に置かれると,逆に慣れてしまって,肝心な基礎をすっ飛ばして,必要なところだけ虫食いで取ってくる技を習得してしまうのですよね。時間が無いって事もありましたが,全部読んで習得してたら,卒業出来てなかったと思います。

結果,英語とコンピュータが嫌いになるわけだ。。。

ところが,どこで間違ったのか,就職したのが外資系のコンピュータ会社。

ワシって呪われてる?いえ,自分で希望して入ったんですけどね。今思うと,人間ってタイミングってものがありますね。そのピンポイントのタイミングがあえば,行動を起こしているという,マジックみたいなものが。

ま,それは良いとして・・・

そこに入社してビックリしたのが,ホストコンピュータの凄さと,パソコンの✖✖さ。←とても書けません。

そりゃ,日本国内では,NECのパソコンが圧倒的にシェアを確保してましたので。圧倒的です。まさに,独占。

ところが,海外ではIBM-PCなんてのが出てまして,パソコン市場が大きく変わってきていました。アップル危うし。

しかも,IBM-PC互換機なんてのが安価で,旋風を巻き起こしコンパックなんて,そりゃぁもぉ笑いが止まらなかったことでしょう。

問題は,米はシングルバイト。日本はダブルバイト。なにせ,ローマ字だけって訳にはいきませんから。NECは漢字ROM搭載して,日本語ばっちりでした。

ところが,ところが・・・世界は広いものでして,その漢字をソフトで表示(ちょっと違うかも)ってくらいにハードウェアが進化してしまいました。

要するに,グラフィックカードの進化といえるでしょう。たぶん。

で,その時,マイクロソフトがアップルのMacのグラフィックをパチってWindowsなんてものを考えていたのですね。

元々,MacのはXeroxのものをパチったものなので,パチったのをパチったって感じでしょうか。

頭のいい人はいるものでして,このWindowsが大変な事を引き起こすわけです。

Windows3.1ってのがでたのですが,これが,変えていくのです。

おっと,その前に・・・DOS/Vのお話を少し。

今はなき,MS-DOSというOSがありましたが,IBMではPC-DOSって言ってたと思います。

が,各メーカーのHWに合わせないといけないので大変。アプリケーションも各メーカー毎に開発しないといけないので,ソフトハウスさんは大変でした。当然,市場を握っているNECを中心にソフトを提供していたのでした。

が,DOS/Vってのが出まして,何が凄いって・・・H/Wの方をこの基準に合させたのです。元はIBMーPC(みたいなもの)。

グラフィックと言いますか,画面の表示を640x480=VGA そこからDOS/Vの名前が来ているとおりです。

実は,NECは,640x400でした。では,残りの80はどこ?画面の下の方にファンクションキーを表示するのに使ってました。

DOS/VはVGAを標準としましたので,NECのパソコンでは使えません。アンチNECOSかな。

この戦略の一番大きのは,実は,文字をソフトで提供できること。要するに,各国の言語をROMでなく,ファイルで追加できるので,どこの国でもDOS/Vを入れれば使える・・・って感じです。すごっ。

それよりももっと大きいのは,オープンにしたことですね。OADGなんて組織も出来て,NEC追撃体制ができたのも,1990年くらいでしょうか?!

つまり,ソフト的には世界標準(NECを除く)。ハードもそれに合わせれば,世界標準になる・・・ということです。小さい島国でどれだけシェアをもっていても,さすがに,世界にはかないませんから。当然コストダウンの嵐も覚悟の上でしたね。

実は,しばらくはマイクロソフトはNECの640x400用のWindows・・・いや,窓というより,ドアを作っていたみたいですが,さすがに,NECもNxシリーズなんてVGA用PCを作って二足のわらじで頑張ってた時代があったように記憶しています。

それも,今では,完全に垣根取っ払われてます。

そんなこんなしてる間に,退職って事になりました。

田舎に帰る前に,退職金でパソコンを買っておこうと秋葉原へ行き,14インチモニターと当時は最高レベルであった,i386,33MHzのパソコンを買って,時代の最先端を享受しようとしていました。

中身も外身も全部海外製を組み立てた,ショップブランド製。品質とりもスピードをとったわけです。

ところが,何かをしようとすると,何かができないなんて事もあり,カッターで基板配線の一部をガリガリと削って,断線させ,解決したこともありました。

マイクロソフトには痛い目にあって来ているので,完全な32ビットOSであるOS/2を信じていましたが,アプリは無いし,結局いつの間にか消えてますね。良い物が残るのでないというのは,この時に勉強しました。が,そんな理不尽な事が許されるわけないと今でも思っています。

それに,当時開発に携わっていた人たちの中に同期がいまして,どんだけ優秀なんじゃ!!!ってくらいすごい人達でしたので,物の良さは折り紙つきと思っていました。

が,ビル・ゲイツめ・・・・(笑

Linuxが出てきた時には,おぉ!今度こそか?とも思いましたが・・・一度勉強してますので,これもアプリ競争で負けるな・・・と思ってました。

ビル・ゲイツめ・・・(爆

え~~と,なんの話をしてるのかわからなくなってきましたので,そろそろ終わります。

続きは・・・今日みたいな暇な日にまた書こうと思います。

人生52年。Z80からi7-4780まで・・・面白い時代を生きてるなぁ~~。

最後に大事なことを書きます。 私は 瓦屋根屋 です。よろしくお願いします。

家庭内SE?

今日は,絶対降る!ってくらいの天気でしたが・・・以外にもパラパラって感じでした。

さて,仕事の話ではないのですが,昨今,会社はもとより,自宅にもPCがある家庭が多いのではないでしょうか?20年前なんて・・・と言い出すと,おやぢがまたぁ~~昔話をって事になるので,割愛しときましょう。

話を戻しまして・・・

家のPCが立ち上がらなくなったとの報告がありまして,なんとかせよ!との至上命令です。(細かい事は書けませんが)

症状としては,Windowsロゴ画面はでる,その後,マウスカーソルが出て・・・そのまんま。HDDのアクセスランプもつかず。

嫌な予感全開ですね・・・このパターンは。

で,会社のPCでいろいろぐぐってみると,この症状って多いみたいですね。これだけ多いのであれば,Windowsの自動アップデートでこのようにならないようにしておいてくれよぉ!ってところですが,そこまでうまく出来てないのがWindowsのかわいいところですね。

もともと,Microsoftの商品は・・・なんて書きだすと,ヤマトがイスカンダルへの旅をするくらい延々と愚痴を書くことになるので,これも割愛します。
でも,あのデスラーの・・・いやいや・・・割愛。

なかには,ウィルスが原因なんて書かれているところもありました。でも,ウィルス対策ソフトが入っているのに変ですね。

元を正せば,自動的にWindowsアップデートが始まり,それがまる1日経っても終わらないので,おかしいってことで電源ボタン長押しでオフったのでした。

電源キルナなんて高尚なメッセージが出ていましたが,動かない方が怖い。そうは書いてあるけれど,なんとかなるだろう・・・なにせ,世界に名だたるMicrosoft Windows7 64bit版じゃけ!と思っていました。けど,アダムとイブの犯した過ちが如く・・・あのメッセージは正しかったようです。

でも,その後,電源を入れなおしたら・・・・なんとかしてくれると,赤福の如く大甘考えでいたのです・・・が,前述のような症状です。とまったまま。最近の車は,アイサイトとかいろんなのが付いてて,危ない時は勝手に止まってくれるらしいですね。でも,この状況で止まって頂いても,ありがたくもなんともない。

機械物は,叩けば治るってのが王道ですね。でも,パソコンは残念ながら,この手が通用した例がない。残念です。

で,結局,いろんなサイトをプリントアウトして,やりましたよ。トライアンドエラーで。

でもね,なかなか復旧しないんです。やっぱり,ウィルスのせいかな???

いろいろ試している途中で,この方法はなんかおかしくないか?ってのもありました。が,まさに,クモの糸ですよ・・・試しますよね,ここまで来れば。

はい・・・こっぱです。プッツンとキレました。音を立てて。ぷつっ!って糸が。

昔の人は良いことを言いました・・・こういうのをね,こういうんですよ。後の祭りって!

この方法で失敗した場合の対処方法なんて書いてないんです。

ここまでくれば,諦めて再インストールです。でも,データが残っているので,フォーマットかけてクリーンインストールは勘弁。

で,なんちゃってインストールをしました。でもね,Windows7 64bitを選ぶと,違うよって出るんです?なぜ???

これって,嫌がらせ?Microsoft の嫌がらせレベルもWindowsアップデートでアップグレードされてたんですかね?

当然,32bitだったっけ?と疑心暗鬼になりますよね,おかしいなと思いながら,つい選んでしまうんです。

すると,こっちも違うよ!って出るんです。わはははははぁ!凍りました。完全に凍てつきました。

気分はもぉ,アナと雪の女王のように,レリゴ~~ですよ,レリゴ。日本語訳では,ありのままでいいのよぉ~~とかって歌ってましたかね?

そうそう,そのアナとなんとかの曲の中にでてくる,かわいいフレーズに,こーるどねばーばざみーえにうぇ~・・・訳では,もぉ寒くないわ・・・だったっけな?がありました。

そうです,完全に凍りつくと,寒さも感じないって事に気づきました。逆に,生ぬるい汗が出ますもん。まさに,歌詞のとおり・・・かな?PCの排気熱で温かいのではありません。

どないせぇっちゅうねん。こういう時に一番思い浮かぶのが,嫁さんの顔っていうのが定番ですね。(以下略

PCを直してもないのに,呑みに行くなんて・・・・と,考えただけでもぞっとします。(どこの家庭でも一緒だと思いますが!?)

家庭内SEとしては,こういう場合に問題解決能力を発揮しないと,後々の立場といいますか,コケンに関わるので,なんとしてでも動くようにしないといけませんね。

そういえば,昔のWindowsが酷かった事を思い出しました,でも,進化をしてきているので,やれやれと思っていました。

しかしながら,カエサルが「ブルータスおまえもか?」って最後につぶやくがごとく,「Windwos7よおまえもか?」って感じですよね。

おとなしく,Windows8.1に替えときゃよかったのか?といまさらジロ~な事を言っても始まらない。

さて,現実逃避はそろそろやめて,ハデスの待つ家に帰りますかね。ハデス=ヘイデス どっちが一般的なんでしょ。

いやいや,そんな話をしてると,また長くなるので,意を決して帰って修理屋さんします。

E600 エラー サービスへ連絡ください ( LP-S5000 の場合 )

前に,ブログに修理方法を載せましたが,久しぶりに同じエラーがでましたので,少し丁寧に?載せます。

正直にサービスへ連絡すると,まず,来るだけで数万円。そして,部品代は実費?
要するに,新品を買える金額に近いお金がかかります。・・・ってことも前回お話しました。

実は,今回は,かなりの確信を持って修理しましたが,それでも機械物ですので,ちょっぴりドキドキしました。w

ということで,作業内容です。簡単,かんたぁ~~~ん。
(ですが,何が起こっても一切関知しません。壊れても。・・・あくまでもご自身の責任においてやってください・・・簡単ですが。)


まず,これが,おそるべし・・・エラー画面です。E600

DSC_0954.jpg

あわてずに,とりあえず電源をキリましょう。

続きを読む

エラーメッセージE600 LP-S5000プリンタ修理サービスマン

昨日の夜に、見積を終え「さあ印刷しよ!」ってことで、印刷ボタンを”ぽちっ”っと。

すると、がたがたがた・・・・で、シーン。

ん?どした?

メッセージを見ると、サービスマンを呼べ!???
エラーコードはいつものやつ E600

またかぁ・・・寒い時は結露で出るのよねぇ・・・拭いたら治るんですが・・。
しかし・・・いまは7月。いやあ~~~な予感。

ま、作業にとりかかりましょう。

プリンターの扉を開けましょう。

DSC_0456.jpg


続きを読む

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。