瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

瓦屋根と板金屋根

ご無沙汰しております。
今年もあと1か月余り・・・早いですね。

それにしても、この秋は雨が多かったです。雨漏りのお問い合わせも多かったのですが、なにせこの雨で工事が進まず、何かとご不便・ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
なんとか、一日でも早く行けるよう頑張っておりますので、今しばらくお待ちください。

とあるお宅のお話です。
母屋と納屋の間に谷があるのですが・・・・屋根がぶつかっていて・・・う~~~ん、説明が難しい。。。

問題は、
ステンレス谷が入っているのに、ほんとうに小さな穴があいている。
谷と瓦の間が狭く、落ち葉がたまってオーバーフローしている。
納屋の瓦屋根が母屋の庇部分(アポロ葺き:板金)と交差していて、谷の母屋側が庇の上においてある状態。
その庇屋根を普通に施工されているので、谷の下を通ってケラバから雨が落ちてくる。
その隙間にTVケーブルが通っている。(TVケーブルをつたわって雨が落ちてきている。)
などなど

これらの問題をひとつづつ解決していけば、雨漏りは解決できるのですが、板金工事が主です。

納屋と母屋の間に屋根があり、谷があり・・・なんでこんな事をしているのかという事もあるのですが、これは、前に施工した板金屋さんの考えなのでしょう。。。

ただ、無理のある場所は、長期的には雨漏りの原因となる場合が多く、このケースはまさにそうなのです。

が、一からやり直すとなると、棟をばらしたり大変な工事になるので、ある程度を残しつつ雨漏りの無いように、しかも単純な形になるように工夫する事にしました。

とはいえ、下地を作り直す必要がどうしても発生するため、ある程度の工事にはなってしまいます。

確かに、後からわかる事といういのもありますので、前に施工された板金屋さんを悪く言うつもりは毛頭ありませんので、誤解の無いようにお願いします。

何はともあれ、雨漏りは嫌なものです。当然建物にも良くありません。

屋根屋としては、一番気を付けないといけません。
スポンサーサイト

屋根の雨漏りは早めに解決するのが吉

家にとって湿気は嫌なものですが、その中でお雨漏りは、気持ちが滅入ります。

いやいや、恐ろしいのは・・・放っておくとダメージが大きくなり、修理も高額になってきます。

我慢・・・という言葉はある意味美学かもしれませんが、雨漏りにはあてはまりませんね。

今日も雨漏りをしているお宅に調査に行ったのですが・・・それは次の機会においておいて、今回はちょっと特殊な屋根の雨漏り調査のお話です。

だいぶ前から雨漏りはしていたらしいのですが、屋根がかなり高い事もあり登れない(ま、素人の方が登れる高さでもないし、そもそも上るのは危険です)

落ち葉が原因だろう?!との話もありましたが、このとき落ち葉はありません。

そして、雨が降るといつも漏るというわけではないそうです。

足場無しで上がるのは危険な高さですので、山の方から望遠で写真を撮りまして、パソコンで拡大しながら怪しい点を探りました。

それと同時に、天井も色が変わっており貼り換えると言われていたので、遠慮なく天井板を剝がさせていただいて、天井裏に上り調査しました。

すると、

DSCN2189.jpg

やはり、

DSCN2192.jpg

という事は、他も・・・

1487754835415.jpg

やはり・・・

という事は、他の隅も・・・と屋根裏を渡り歩いてみたところ、同様でした。

同じ職人が同じように葺いているので当たり前ですね。

位置が確認できると、悪い場所の憶測が確信に変わります。

(表面上は綺麗に葺かれている屋根の雨漏りは結構多いので注意が必要です)

場所がわかっても、棟が絡むとどのような施工にになっているのか解り難いものでして、ましてや、降り棟・隅棟に簑甲までついていると尚更解り難いものです。

が・・・そこは経験から絞り込みができるのです。何千と施工・修理してきた経験がありますので。

そして、修理の方法も同様です。


こちらの瓦は使用されることの少ないタイプで、おそらく施工した事のない瓦屋さんも多いでしょう。

ただいま、修理中。

本葺きに見えて本葺きでない瓦・・・・そして、実際本葺きの個所もある。そんな屋根なのです。

専門用語が多くてすいません。

簡単に言うと・・・・この修理は「大変だ」ってことだけおわかりいただければ幸いです。

もし、瓦に興味のある方は、簑甲・本葺きなどでググってください。

もう少し、パソコンやブログの腕を上げたら、読みやすいブログにできると思います。

それまで、我慢お願いします。あっ、雨漏りの我慢は禁物です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード