瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

葛藤

最近の寒さは・・・・こたえます。
と話していると、山陰よりはずっとましです・・・と言われました。確かにそうでしょう。

ニュースをみていると、福井の自動車立ち往生は大変な事になっていて、自衛隊の皆さんが人力で頑張っておられるのを見ると頭がさがります。自衛隊は本来、災害救助隊では無いとは思うのですが、素晴らしい活躍です。有事に対する日ごろの厳しい訓練があってこそ、ここまでの事が出来るのだと思います。素晴らしい。事故やケガの無いように頑張ってほしいと思います。

さて、ここのところの冷え込みを実感できるのあh、事務所の気温計。朝は―4℃をさしています。建物の中なのに・・・なんとも。
花瓶の水も凍っているし、当然水道は出ません。

何十年も前に建った工場の事務所ですから、人が住むようにはできてませんもの。でも、寒すぎる。

Googleさんもこんな感じ・・
google無題


そういえば、以前神社のお話をしましたが、工事が終わりました。

工事をしながらも、崩れはしないかと、冷や冷やしながらでしたが、なんとか終わりました。(今回修理の部分)

しかし・・・どう見ても他も危ない。付け焼刃の対応では、いつ他が崩れてもおかしくないので、なんとかしてあげたいのですが、金額的に無理。
とはいえ、同じ町内会なのでサービスでちょこちょこっと修理をしてあげておいたんですが、限界。
当然儲けはありませんでしたが、きっと神様が見ていて、今年は良い事があるに違いない。

でも、心配なところが多々残っています。
ここだけを特別扱いすると、(同じような神社はたくさんあるので)、グッと我慢。

昔は人の集まる場所として、神聖な場所として神社があり、いろんな祝い事や奉納等々行われていましたが、時代の変化とともに、目に写ってはいるけど、認識されてないような感じがします。

もしかしたら、神社も再編の荒らしが吹く時代が来るのかもしれません・・・いや、その前にこういった神社は朽ちてしまうのかもしれません。グローバル化の波?西洋化?時代の流れとは恐ろしいものですね。
スポンサーサイト

暑いです

5月も終わろうとしています。早いです。

それにしても、暑くなりましたね。

実は、昔、この仕事についた頃で、現場の職人との会話なのですが・・・

暑いねぇ~というと、暑い暑いゆぅたらよけぇ~暑いんじゃ! と怒られていました。

確かに、言葉の力は大きいと思います・・・が暑いもんは暑い。ですよね。

しかし、その職人からは暑いという言葉を聞いたことがありません。

ただし・・・今日もぬくいのぉ~~とは言っていました。

心頭滅却すれば火もまた涼し なんて言葉もありますが、なかなかそんなに簡単な事にはなりませんね。

で、大事なのが、熱中症対策。

水分・塩分の十分な補給と、定期的な休息。

ただし、ちょっとどうかな?と思ったら、時間になってなくても休む勇気を持つことも大事ですね。

何かが起こってからでは遅すぎますから。

なんて、5月から言ってるのも驚きです。

夏というと残暑も含め、7~9月です。

まだまだこれから暑くなる事を想定して、仕事の段取りと熱中症対策を考えていかねばなりませんね。

その前に、梅雨が・・・来るのか?

年度末

今日は,平成27年3月31日・・・平成27年度末で正しい?

実は,26年度末。今日は27年なのに???

何の気無しに使ってはいるが・・・子供の頃,大人の世界は不思議だ!と思っていた。

一年の初めに(年始のご挨拶)・・・と,あけましておめでとうございます,と言う。今年も一年よろしくお願いします,とお互い頭を下げる。

ところが,4月の1日から(実際には始業日から)学校が始まる。今年も一年頑張って勉強や運動をしましょう・・・1月の挨拶は何だったのか?

はてさて,何が正しい?

最初に会社に入った時は4月。でも,会計は1月から12月。しかし,会社によって違う。

当社は,7月~6月である。期末は6月末。

大人になっても不思議な世界であった。

はてさて・・・一体どうなってる。

続きを読む

外れて嬉しいこと

知らぬが仏とかって言いますが,,,外れて嬉しい事というのもございます。

一昨日のブログで,つい,聞いた話を書きました。地震の話。

地震雲が岡山で観測されたという。

12月の3~4日に大きな地震が中四国のどこかで発生という予測でした。

正確には,まだ4日が終わっていませんので,どうやらこのまま地震が起こること無く終わりそうだと書くほうがいいのでしょう。

勝手に騒いでおいてなんですが,やはり地震は起きてほしくないことの一つですね。

でも,物事には誤差がありますので,一応,気にしておこうと思います。枕元に懐中電灯とスリッパ。

必要ないことを祈っています。

裸の王様

子供の頃呼んだ童話に「裸の王様」というのがある。あのH.C.アンデルセンの書いた・・・俗にいうアンデルセン童話というものです。

アンデルセンはデンマークの作家なので,王様は身近なのかもしれません。ま,それは置いておいて。

なにせ,昔読んだので,詳細は間違っているかもしれませんが・・・確か,
詐欺師の服屋?が王様のところにやってきて,馬鹿には見えないという上等な服を作るという。
 作らせる方も作らせるほうだが,
実際には見えないのに,素晴らしいと褒め,王様はパレードに出る。
 民衆も馬鹿と思われたくないので,着てもいない服を褒め称える。
 純粋な子供は,「王様は裸だ」といい・・・それを聞いた王様もやっぱりそうかと,子供を褒めて褒美を与える???
少し違うような気がします・・・。
 民衆もやはりそうかと,裸の王様と話すが,パレードはそのまま続く???

この肝心な最後が思い出せないのです。(ググればいいのですが)

さて,問題なのは,

1.「馬鹿には見えない」と言った詐欺師の手口

2.それをそのまま信じた事

3.馬鹿と思われたくない真理

4.洋服好きであった王様の趣味

5.見たママを言う子供

等など

詳しい事は抜きにして,書かれている物語を分解するといろんな事が見えてきます。

ここで,詐欺師=悪という前提で物語は進んでいきますので,最初から答えは見えているように感じます。

が,世の中は複雑。王様が詐欺師の言うことを信じたことについて,浅はかさを感じます。洋服にうつつを抜かす暇があるなら,もっとやることがあるだろうと思えます。大人は自分を馬鹿と思われたくない,ま,そういうこともあるでしょう。子供は馬鹿と思われても構わないとそう思っているのでしょうかね。
実は,子供のヒトコトがなかったら,パレードが成功し,誰も被害を感じてなかったかもしれません。

今の世の中でも,同じような出来事を日々感じます。TVのニュースを視てもよく感じる事があります。

ダマされる方が悪いのではなく,騙す方が悪いに決まっています。

が,そう言っているだけでは,ダメな気がします。(サギは無くならないので)

また,明らかにサギとわかることと,微妙な線上にある場合。本人が納得しているのなら詐欺でない。

これが一番難しいですね。


気をつけていても,心の隙を突いてきます。

是非,裸ははだかだと言える大人でありたいですね。


最近,(実際,詐欺かどうかはわかりませんが),それに近いような気がする微妙な話を聞きましたので・・・ふと,裸の王様を思い出したのでした。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード