FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の向こうでは大統領選挙の話題が・・・ついに暗殺だのKKKだのと生臭くなってきていかにもアメリカらしいというか,そろそろアメリカの持つ奥深い泥臭さが見えてきてそれを隠す力も無くなってきたのかなぁと思ってニュースを見ていますが,面白いチャートがありました。
英語なのですが,わかりやすい。かな?
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/story/2008/06/09/ST2008060900950.html
これを見ると,マケインとオバマの減税政策案のインパクトがどの収入世帯にでてくるか一目でわかる。
$2.87Mなんて家族収入が3億円なんて話しなのですごいなぁと思うのだが,その世帯の人はオバマ案では1割くらい税金が増えるつまり3000万くらい増えるという話し。この世帯は私の感覚では超お金持ちなのだからそのくらい払え!と思うのだが,当事者にとっては面白くない話し。一番下は$18,981というと200万円くらいだろうから,日本で言うワーキングプアの世帯とすると,5.5%減税になるので,10万円程助かる。実際には括弧書きされている下から3番目までつまり700万円くらいの年収までの人が全体の60%をしめているということが書いてある。
なんにせよ・・・これでマケインが大統領になるなんてことになると,アメリカも終わりなのではなかろうか?そんな単純なモノではないのかもしれないが,両候補がターゲットにしている層がハッキリわかるので面白い表である。
日本でも,政策立案時にはこういうわかりやすい表が望まれるような気がする。ただし,捏造や洗脳に近い好意を助長するための表をいくら創ってもらってもだめですけんどもが・・・

実は,本日,尾三地域事務所の方が見えられて,いろんな話しをさせていただきました。後感じたのは,ホントに弱者救済を考え,真面目が馬鹿を見ない世の中を創れる政治家はいないのか!とやるせない思いになりました。私の頭では及びもつかない高尚な考えをお持ちでそれを実現するために努力されている人もいるのかもしれませんが・・・
ほんと,いろんな意味で仕事がやりにくくなりました。とグチをこぼしていてもしょうがないのですが,少し手詰まりな状況があり,なんとか解決できないものかと・・・当分頭を痛めそうです。
そんな余裕無いのですけど。弱者の為の法はないのでしょうかね?

解散総選挙?なんて話しもニュースで出てますので,少し考えさせられてます。
スポンサーサイト

ホントの事という?

 いろんな会議がある中で,日中に出席しなければならない会議は少しおっくうである。役柄しょうがないと割り切るが,少し後ろ髪を引かれる思いである。仕事直結であれば別だが,今のご時世・・・少し溜息混じりである。
 そんな中で,学校の統廃合問題があり,これは本当に頭も心も痛める問題である。聖域無き財政改革の大号令の元,教育関係のお金もカットというところから来ているので,国の滅亡の危機?世も末なのか?・・・という気持ちになる。確かに,今まで通りにいかないというのはわかるが,何でもかんでもカットから入る考え方には同調しかねるし,打つ手はは無尽蔵にあるはずなのに最初から「打つ手無し」というのではどうかと思う。現実が厳しいのはわかるのだが,本当に将来の日本は大丈夫なのか?政治家は本当に信念に基づいて動いているのか?と疑いたくなるような昨今であります。本当のホントはどうなのか?誰にもわからないといのが,本音なのか・・・も。

 今日,とある現場でフェンスを付けたのですが,初めて扱った種類なので大きく戸惑い・・・資料を眺めてわかった気になっていたが,なかなか思うようにはいかない現実に出会いました。
昨今は,いろいろとデザイン的に凝ったものが多くなってきており,デザイナーさんの出番が多いのだが,一歩間違うと納まらなかったり,当初考えていたのと少し趣が違ってきたりする。施主はそんなことお構いなしであるので,工事する側からすると面食らうことがある。ただ,時代の流れと共に,人の嗜好は変化しているので,これはこれで対応して行かなければならない。コンピュータで描くように簡単に(実は簡単でもないのだが)工事も出来れば・・・ま,こんな苦労も仕事のうちかもしれません。あとは,金額がついてくればいうことないのですが・・・

続くときはつづく・・・

 残念な話しであるが,お盆から3回ほど葬儀に参列した。と思っていたら,今日また逝去された知らせが届いた。以前,塀工事をさせていただいた養鯉場の社長さんである。ホントにつづくものである。ご冥福を祈るばかりである。江戸時代ならまだしも,現代では60代で亡くなるのは早いとされている。それを思うと,50代で亡くなった自分の父の無念はいかばかりかと思うのである。

 さて,雨が降らない降らないとおもっていたら,さすがに今日少し降った・・・やっと。ニュースを見ていると関東以東では雨による被害や死者が出ている。日本も小さいようで広いモノである。まんべんに・・・とはいかないものである。日照りが続くと言うことは,農作物にも被害が及び・・・でも,これで一息というところであろうか。

人にも,一息がいる。息がつまるという表現は決して良いことでない。ストレスが病気を引っ張ってくるなんて話しは,医者から耳にたこができるくらい聞かされている。上手に息抜きが出来ると言うのが長寿の秘訣か?

大きなお世話?

 団地の中で屋根工事をしていると,いつの間にか施主が足場を上がってきていて驚いた。しかも裸足で,「今日は曇りなのに暑いねぇ・・・」と言いながら写真を撮っていた。いやいや・・・なんとも・・・すぐに降りるように伝えたのだが,「回りの家も結構屋根が悪いとこ多いねぇ・・・」と言いながら写真をとって,ここはどうなる?ここは?と興味津々である。安全に気をつけながら,何点か説明したのだがこちらは気が気でない。でも・・・納得していただいた。当然施工写真を撮っているのであるが,施主の立場としては”今気がついたことを今聞きたい”というのもわかる。カメラを付けて離れたTVで遠隔操作して・・・確かにこれは理想である。いつかこのような日が来て,一般的になるのかも?
何処までが良心的で,どこを過ぎると大きなお世話になるのか・・・
回りの家に営業に行くのに,少し新しいアプローチ方法が見つかったような気がします。さて,写真を眺めてどんなアドバイスが出来るか・・・宿題です。

ここは都会?

 引き続き尾道の現場では,狭い場所での格闘が続いている。腕の良い庭師から頂いた仕事。この腕の良いというのは・・・実は,話しをしていると,もう10年くらいになると思うが,ある家の門と塀を工事させていただいたところで,水琴窟をつくられた。見事な音色であり,将来金持ちになったらうちの庭にも欲しいなぁと思ったものである。実は,その家の造園は他の業者がされたのであるが,その水琴窟はこの度の庭師さんがされたモノだったと聞かされた。人の縁というものは,本当に不思議である。残念なのは,将来金持ちになったら・・・の部分が達成されてないことである。いや,まだまだ諦めるのは早いか?宝くじ・・・この手があったか・・・

知り合いの家でとてつもない?話しを聞いた。
その方の近所に建っているアパート・・・田んぼの中という感じの場所・・・その施主は,これの為に一億以上の借り入れをしたらしい。「大丈夫なんかねぇ?」ということであった。
大丈夫かもしれないし,大丈夫でないかもしれない。その金額を何年で返すのかわからないが,それにしてもこんな田舎の田んぼの中のアパートに・・・というのが率直な感想である。折しも,今全国的にもそうであるが・・・最近,身近な広島の上場不動産(デベロッパー)会社が相次いで破綻。大きな問題になっている。そこで建てている会社は,相変わらずTVCMをどんどん流しているし・・・一見大丈夫そうには見える。が,業界全体が芳しくないのに,ココだけは大丈夫が通用するのだろうか?少し心配である。土地をお持ちであるので,活用をいろいろ考えられたのだろうが,都会のミニバブルがはじけた今,地方に手を伸ばすのは常套手段だろうが,残念ながら少子化・人口減少は地方ほど大きな流れである。地域のビルダーよりもかなり高額な金額をかけて建てる意味は・・・名前なのだろうか?貸家なので,当然ちゃんとした収支プランをつくられ,それを元に銀行はお金を貸しているのだろうけれど,その根拠がどのようなものなのか聞いてみたい。今のご時世で,それだけ貸してもらえるというのが羨ましいというのもあるが・・・
 ただ,気になるのは,少し前に東広島で起きた大問題。アパート経営はそれほど簡単ではないという教訓を近くのまちで残してくれたのだが。そんな問題が起こらないと願いたい。

お盆休みを終えて

 お盆休みが終わり,新しい工事が始まっても一向に状況の改善が進まない。朝,ある知り合いから連絡が入った。「仕事が切れそうなので手伝いに行かせてくれないか!?」という内容の電話でした。えっ!?この会社が暇?という感じなのであるが・・・当方も決して忙しくなくとても要望に応えられない旨伝えると「では,また」ということであった。県北の方であるのだが,どこも厳しいようである。
 どこも暇で大変だ・・・と思っていた・・・午後になってコンクリート打ちの打ち合わせをしたときに,土木屋サンが「忙しいのは忙しいが全く儲からない」と言われた。この時期でも忙しい・・・なぜ?不思議なのだが,忙しいそうである。結局材料や燃料が上がりすぎているのにたいして,値段は上がっていないから儲からないのは当たり前である。暴動が起こらないのが不思議な次元・・・という話し。
 今日も,天気が微妙に曇ったり晴れたりで,相変わらず外の仕事はきついのですが,手を抜くことなく正しい仕事を心がけ,したたるアセをぬぐうタオルの臭さに苦笑いをするのでした。
 ちなみに,尾道で外構工事が始まったのですが,よ~く見てみると駅前の近代的な建物が尾道の風情をこわしているような気がして少し残念でした。建物や外構っていうものがまちを創っていることを思い出させられた瞬間でした。

大工さんは高い?

 最近,相変わらず暑い日がつづいてます。熱中症に気をつけてしごとをしないといけないのですが,実際には精神的にもまいらないように気をつけないといけないと思っています。
 今日,板金屋さんに頼んでいた現場では,思っていたとおり雨が逆流して雨漏りを起こした跡を発見。これほどハッキリとわかれば対処もしやすいというものです。1~2寸勾配の屋根にカラーベストを葺き,屋根面には2箇所トップライトが付けられ,その廻の処理もとんでもないもので・・・漏って当然のような仕事がされていました。コーキングで補修につぐ補修をした痕もあり,解体から一苦労。これを工事された業者は素人?と聞きたくなります。ちなみに,親戚に大工さんがおられ,私もよく知っているのですが,「その大工さんならこんなことはしないなぁ・・・」と思いました。ここのご主人曰く,「親戚に大工がいるのに仕事を頼まなかったので,この件は言いにくいから内緒で・・・」ということ。「なんでそんな業者に頼んだんですか?そういえば,その業者は最近倒産しましたよ!」というと,「安そうだったし,営業が感じよかったから頼んだ。が,失敗した。」との事。難しい話しですね。
結局,余分なお金がかかるので,高くつくことになってます。ホントに難しい話しですね。
結局,カラーベストを全部剥いで,(水切り・樋も外して)・・・板金屋根に。雨じまいも良くなるように工夫しました。特に,トップライト廻りから漏れないように細工をし,明日水切りや樋を仕舞います。
 お客様はかなり憤慨され,後悔されていましたが,皆さんはどう思われますでしょうか?
--------------------------------
 恩師が広島に来られることになり,是非にとお会いした。16年ぶりである。副学長を長くされ本年度一杯で次の人生を歩む予定であったらしいが,もう一年奉公することになったそうである。恩師といろいろ話しをしているうちに,あの貧乏学生だった時代が一番輝いていたのかもしれないという気持ちになった。当時では最先端の研究一直線で,学会もその途中で立ち上がったり,研究発表のために徹夜の連続であったり。今では考えられない一直線ぶりである。学生だから可能であったと思う。今でこそ言える話しの多くは,目を丸くしてしまうようなことばかりで,裏で如何にいろいろな事が起こっていたのか,今頃になっていろんなつじつまが合ったのである。この方の魅力は,頭の良さだけでなく,大学教授と思えないような自然な明るさである。いろんな話しをさせていただきながら,力を分けていただいた気がするのであるが,現実は厳しいです。思い出に浸りきるのではなく,活かさないといけないなぁと思います。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。