FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとそこまで

この時期にこれだけ雨が降るのも珍しいのではないかと思うのですが,本来雪がふる筈なのに地球温暖化で雨になっていると考えるのは間違いなのでしょうか。でも,今日東京では雪だったらしいんで単純には判断できませんね。
 さて,2月も残すところ1日で,明日の土曜日を残すのみとなりました。雨が多いので,思うように仕事が進まないというのが頭の痛いところですが,無理しても仕方ないので・・・というよりも無理すると怪我のもと・・・我慢です。
ところが,昨日お願いしていたコンクリートベース工事の現場に行ってみると,すでに型枠も外されていてビックリ。忙しい中,急な工事をしていただいたのですが,雨の中型枠を外してくださったようでした。感謝。
工程もずれることなく進みそうなので安心です。
スポンサーサイト

ホームページ

 当社のホームページは1996年に初版?が出て以来なのでかれこれ15年になる。驚くのだが内容の充実度の低さには頭を悩まされるのだが,こつこつと手作りしているのでこんなものと言い訳しているのです。
が,あの頃とは時代が変わっており,あればPRになるなんて時代はとっくに過ぎ去り,HPがあってもアクセスが無ければゴミのように言われる時代になった。そのため,いろんなコンサルがもてはやされてビックリするような金額が飛び交っている。聞いた話では,TV業界が大変で不況もあるのだが企業の広告宣伝費がTVからネットへシフトしているそうである。TVとインターネットの融合なんて話しが,ホリエモンや楽天騒ぎのころに言われていたが,融合をすっ飛ばしてシフトなのか!と驚いたりしています。ということは・・・今のままのHPでは・・・となるのだが,なかなかこういうものにお金をかけにくいなぁ・・・と思っているのは,頭が古い証拠なのかもしれません。いかがなものでしょうかね。
こういうとき(HP作成)には,ターゲットは誰?とか目的は何?とか,会社のポリシーは?うんぬんかんぬんと・・・確かに自社を見つめ直すキッカケになるのでそういう意味では有効だと思う。
自社を見つめ直すと同時に自分を見つめ直すキッカケにもなります。
そういえば,人生に区切りを付けるタイミングという話しを聞いたことがあります。区切りというよりも,ポイントでしょうか。20代にすべきこと,とか30代にすべきこととかいう本が売れた事がありますが,今思うと確かに考えるべきターニングポイントはあるようです。チェンジングポイントかもしれません。

HPうんぬんよりも,この100年に一度といわれているこの大変な時を生き延びるということが,まさにおおきなポイントの一つだと感じてはいるのです。

安全

 本日,とある会社の安全大会があったが,20年事故無しとのこと。安全は全てに優先するといいつつもいろんなファクターがあるため,また,不完全な人間のする動作にまつわることなので,多少の事故は起こりうるというのが確率論での話し。無いにこしたことはないのだが,現実の世の中では起こっている現実がある。そんな中で20年は凄いことである。
安全大会では珍しく,社長の講義があり面白く?聞いた人も多かったと思う。会社を3つタイプに分けて健全に社業するための注意すべき点をわかりやすく話されたのだが,良くも悪くも感心する方である。
 そういえば,今日,古いブロックにフェンスの柱の穴を空ける工事に行ったのであるが,便利な道具があるもので時間的にも短時間で終わった。これをカッターで切って・・・なんてやってると時間がかかる割に綺麗に仕上がりそうにないのである。結局,便利な道具には勝てないか・・・但し,値段もそれ相応である。それにしても,ここのところの天気がわるいのには悩まされます。景気のように。

春の来ない冬はない・・・

幸せ!?

 ブログしていて一番困るのは,変なコメントが書き込みされていること。一応NGワードを設定して対処しているつもりなのですが,何故か上手く機能していない事があるみたいです。もっと強力な方法があればいいのですが,専門家でないので良くわかりません。困ったもんです。
 今朝,急に「換気扇を付けるのに壁の修理をして欲しい」との話しが来たので,早合点な私は,外部のモルタル壁の補修くらいに思っていたのですが,実は内部の壁の事でした。古い換気扇のフードをとったら壁(ベニア)が出てきたので,その回りに貼ってあるステンレスをを貼ってベニアを隠して欲しいとのこと。しかも,一応電気屋さんが今日の昼から来るようになっているんだけど・・・とのこと。なんて,急すぎますがな。お客さん曰く,「屋根の谷をステンレスで工事しているでしょ。それと同じものでいから貼ってくれればたすかるんじゃけど・・・」との事。なんとまぁ・・・
屋根の谷で使っているステンレス板は色がついているので・・・・と説明したのですが,「なんでもえぇんじゃけど」とのこと。結局,全て任せていただくことになりました。少し込み入った加工もいるので,板金屋さんに”急だけどなんとかならない?”かとお願いしたところ,合間をぬって急遽工事していただけることに・・・感謝です。しかし,ココでもう一つ問題が・・・木枠ががついていない。通常四角な木枠を壁に付けて,それに換気扇を取り付けるのですが,壁に穴が開いているだけで枠がついていない。この状態で先に板金工事をしてしまっても,枠を外から付けることは出来なくもない・・・が,綺麗に納まるか心配。そこで電気屋さんに早く枠を付けてもらうようにお願いしたところ,なんとか午前中に枠の工事を済まされました。で,午後一番から板金屋さんに入ってもらい綺麗に仕上げてもらいました。天井の隅に鼠がかじった跡もあったのですが,それも綺麗にカバーされており,流石モチヤはモチヤって感じでした。夕方には電気屋さんが来られて,換気扇の取付工事をされるとのことでしたが,連絡がないと言うことは何も問題なかったということでしょう。この世帯は,老夫婦なのですが,安全の為にコンロをIHにされると同時に,古くなっていた換気扇も取り替えることにされたのでした。
いきなりのことなので直ぐは無理だろう・・・ということで,今日は,卓上用の簡易コンロでなんとかしようと考えられていたようでした。諦めかけていたのに,早く済んだ為,ことのほか喜んでいただきました。
お客様に喜んでいただくのが,仕事をしていて一番幸せを感じる時ですね。

温暖化?

 ここのところよく雨が降ります。いつもなら雪なのかもしれないが,温暖化のせいで雨?そんな話しも出ています。外の仕事の天敵の雨・・・思うように進みません。葺き替えの現場なので,急に雨が降ってきたりすると胃が痛くなります。きっちり養生してるので,漏ることはないのですが。

 最近のもっぱらの話題としては,中川昭一大臣のこと。東大=>議員でしかも2世なんてサラブレッドだと思いますが,酒の力が必要なんてガラスの心臓では,どうなることやら・・・大変なんですねぇ・・・と少し同情したくなる気もします。まさか,お父さんの後を追ってなんて事は無いと思いますが。解散総選挙は別でしょうけど,内閣はもつんでしょうかね?でも,(それが理由か知りませんが)円が一気に安くなってますので,輸出業者も少し安堵というところで,「何が幸いするかわからんねぇ?!」なんて会話が聞こえてきそうです。ただし,問題なのは,それにつられて株価がそれほど上がらなかったこと。今までは結構引っぱられていたと思ったのですが。いろいろと根が深そうな気がします。

しかしながら,我々建築業者としましては,内需を呼び起こすカンフル剤を早くお願いしたいところなのですが,迷走状態を見ているとしばらくは当てになりそうにないですね。残念ながら。

オンリー

昨日は,初夏を思わせる日和で暑いくらいであったが,今日は少し寒く風も強かった。
先日来喉の調子が悪く風邪でもひいたかと思っていたが,よく考えると黄砂アレルギーだったのを思い出した。声が出にくくて,まるで寝起き声のような・・・喉風邪のような声である。かといって鼻水や涙が止まらないというわけでもなく,熱が出るわけでもない。我慢できる範囲ではあるが,なんだかイライラするのである。
そういえば,花粉も飛び出したそうで,花粉症の職人は大変である。外で仕事をする人にとっては最悪な季節を迎える。彼曰く,3人に1人は花粉症だそうである・・・?なんらかのアレルギーをもっているということか?なんの因果か・・・全く困ったもんである。
 さて,さっきまでお客さんというか同業者というか仕入れ先というか・・・が来られてていろいろ話しをしていたのですが,厳しい時代にあってもちゃんとした工事をしているのに,正当な評価がされないという話しになり,久しぶりということもあり,いろいろな話しをしました。
今思うと,結局住宅性能とお客様の要望とは実は相関関係にはなく,全く違う次元の話しであるという感じがします。性能をどうとらえるかということもあるのですが・・・顧客満足度を家トータルで考える建築屋さんとその一部に全力を注ぐ専門業者とでは若干捉え方が異なるはずなので,良く話しをしないと実は肝心なところがちゃんと伝わってない可能性があるという怖い結果になりそうです。
花粉対策も千差万別で,人によっていろいろらしいのですが,仕事も同様だと思います。同じ屋根は一つと無いという気持ちで取り組むべきだと感じています。

 そういえば,工場では砕石を変えてから調子が良いようで,何故もっとはやく変えなかったのか・・・と少々悔やんでいます。景気が悪くなってからなんて・・・・。前はJIS認定工場だった事もあり簡単に変えることができなかったというのもあるのですが。

変えるというのは重要な事ですね。

盛り土

 今日現場で施主と近所の方と話したときに,昔海を埋めて造成した場所なので,非常に不安定でトラックが前を通ると良く揺れるという話しをされていた。地震かトラックかわからないそうである。山>線路>国道>家という地形なのである。この問題を国土交通省に問い合わせたが,我慢して欲しいという回答だったという・・・これってどうなんでしょ。近代のモータリゼーションは凄まじい勢いで発展してきたため,国道が通った頃とは天地の差があるそうである。そのおばあさんが言われるには,バイパス建設の予定があっても,自分が死んだ後に開通なんて気が滅入るそうである。確かに。
で,この現場・・・ブロック塀は沈み込んで割れているし,家の基礎も亀裂が入っている。建築基準法施行以前の建物というのは本当に大変である。補強工事という話しになるのだが,もう年だから・・・と言われるのである。これが一番返答に困る。が,意外に多いやりとりなのである。
切り土は大丈夫だが盛り土は弱い。素人でもわかる話であるが,現実,目の当たりにするとなんとも大変なのである。

木と水と瓦

今入っている現場で,隅木の取り替えをしたのだが,見事に腐っていて途中から折れていた。このまま放っておけば間違いなく近いうちに屋根が崩れ下屋根に落ちて崩していたことだろう。ここまで放っておかれた理由もあるのだろうが・・・私としては間一髪セーフという気がしている。
最近やたらと雨が多く,明日も雨模様なので,屋根の仕舞いに気をつけないといけないのですが,川の水かさはあまり増えておらず,雨の日と次の日くらいはそこそこ水があるのですが,あっという間に川底が見えるようになります。あるニュースで,水の奪い合い世紀なんてのがありましたが,目の前の現実をみると少し心配になります。恵みの雨であるので降ってくれても良いのですが,屋根工事の邪魔にならない範囲内でお願いしたいと思います・・・といってもそれは無理な相談です。
 話しは少々ずれましたが,かなり古い屋根を修理せずに放っておいたために雨が入り木を腐らせた・・・という現場を見ると,永遠のモノはないという事を思い知らされます。が,少しでも手間いらずで長く保つ商材を適切な工法で施工する大事さを今日も感じさせられました。なかなか点検や修理をされない場合が一般ですし,逆に訪問販売の点検商法なんてとんでもないものがあったりしますし・・・。困ったモノです。
 そんな中にあって,より良いモノを・・・と考えたときにどうしても瓦屋根にたどり着くのですが,軽い・安い・早いの3拍子がもてはやされている現代には逆行した考え方なのでしょうか?ところが,軽い・安い・早いを推し進められている建築会社の社長さんの家には”瓦”が乗っていたり,監督さんと話しをすると”自分の家には瓦が良い”と言われることがあります。不条理?,理想と現実?・・・という話しになるのでしょうか。私の率直な感想は,”不思議だなぁ”です。
 なじみのない屋根の工事を理解していただくために,一般の方に施工要領書を見積と一緒に出すようにしているのですが,なかなか受け入れられないのが現実です。が一歩一歩理解を得るまでこの姿勢で行こうと思っています。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。