FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨

この雨で一息・・・前の川も通常の流量を取り戻した感じです。ん?少し多いか。でも,農家の方にとっては恵みの雨のようです。が,過ぎたるは及ばざるがごとしでして,そろそろパラパラにしといて欲しいのですが。地域的には災害となっているようです。

巣をしていた燕もいつの間にか巣立っているので一安心,この時期は何かと苦労するのですが,その一つが鳥の巣立ち。蛇に狙われたり,糞の片付けに悩まされたりしながら,見送ることになるのですが,複雑な心境になります。来年また帰ってこいよ,というのと,また糞の世話が・・・蛇や犬や・・・と気苦労があるのと・・・。

そういえば,明日も雨らしいです。雨漏りの電話にそなえておかねば・・・
スポンサーサイト

歴史

最近,青春時代を思い出させると同時に,歳を感じさせる出来事が続いたのです。ご存じマイケルジャクソンとファラフォーセットの死去。私の中では元祖アメリカブリッコ女優の彼女をチャーリーズエンジェルで見たときには,なんとも美しいと頷いたものでした。クリスマスのベストヒットUSAでスリラーのPVが流れたときのショックといくか驚きはそんな昔の事とは思えません。心臓の弱い方は・・・なんてくだりがPVの前に流れると,余計に見たくなるのが人情というもので,見終わった後気持ち悪いとか怖いとかというよりは,新鮮な驚きでした。ちなみに,MJのOFF the WALLのLPアルバムはいまだに押し入れの中で寝ています。ファラフォーセットはオイトイテも,MJの名前は歴史に残るのだろうと思います。なんとなく不思議な死に方のようですが,どう考えても歳をとったMJが素直にコンサートに入れないもどかしさに苦しんでいたのだろうと想像するのは簡単なことであるのですが,その内あきらかになることでしょうし,もしかすると,そのまま閑かに葬り去られるのかもしれません。歴史に名を残すというのは,それだけ大変なことのようです。
 さて,今日は降ったり止んだりでして,現場動かせばよかったなぁと思うことも度々ありましたが,夕方からの大雨をみると,休んで正解でした。そんなもんですね。雨の日の仕事のあり方については,前々から頭を悩ましているのですが,なかなか解決策は見つかりません。
 今日,せっかくの雨なのでお客さんを回ったのですが,厳しい状況が続いていました。アル社長さんと,麻生VS鳩山弟の話になったのですが,「どうおもう?」と聞かれてストレートな質問に驚きました。いろんな話しをしたのですが,結局世の中の仕組みが変わることはとても難しいのでしょうけれど,このままではいけないということだけは,ハッキリしているという話しになりました。政治家が悪いのか官僚が悪いのか国民がわるいのか・・・キリのない話しでしたが,久しぶりに少し熱が入りました。首相が名を残すのは当たり前とは思うのですが,最近実際の歴史に残すというような重みを感じることがないのは,間違いでしょうか。仕方の無いことなのでしょうか。
人に歴史有りと言いますが,良い歴史にしたいですね。

おまえもか???

というのは,TVのニュース。与謝野大臣の献金の話しを聞くと,なんだか両党とも総力を挙げて突っつき合っているようにしか見えないんですけど,選挙が近いということでしょうか。それにしても,株の配当が年間7000万ある(らしい)鳩○さん兄弟とかは,お金のことで左右されないので,我が道をいけるということでしょうけれど,ホントにきな臭い様相を呈してきたこの頃ですね。

 さて,そんなことはどぉでもいいというのが,景気と雨でして。思うようにならないのは世の常ではありますが,まさに,干上がってしまいそうだ・・・という話しが方々で聞かれます。当社もご多分にもれないのですが,こうなれば東国原総理大臣なんてのも”あり”と思えてきます。人気が全てではないとは思いますが,地方の事を真剣に考えてくれそうだという気はします。

 で,今日の暑さはさすがに参りました。途中気持ち悪くなるほどでして,移動の途中だったのですが,少し影で水分を取りながら休みました。現場の職人のことを思うと,”十分水分をとっているだろうか・・・”とか”自分のペースで休憩をとって無茶をしてないだろうか・・・”といろいろと考えます。屋根の上にいるので,ちょっとしたことが大事故に繋がります。夏にペースが落ちるのは仕方のないことなので無理をしないようにして欲しいと思います。

それにしても,この調子だと来月あたり集中的に雨が来そうで,これまた乾いた土壌に一気に雨がくると災害になるので,注意しなければなりません。しかし,このまま降らないと渇水の恐れもあるし。
自然の怖さとありがたさを感じる毎日です。

梅雨_?

今週は雨覚悟だったのですが,余り降らないおかげで仕事にはなるのですが,渇水情報なんてのがニュースで毎日流れると・・・まさか三原もあの悪夢が再び???と心配になります。確かに,ダムには水が少ないので,給水制限なんてことにもなりかねない今日この頃です。
前回三原で渇水で大変な事になったのには,梅雨ですから当然雨が多いと予想してダムの水を流してしまった訳でして,そんなに雨が降らずダムに水がなくなり,沼田川も枯れ貯水場?浄水場?に水が回らない・・・・。当時,ニュースを見た東京の友人がペットボトルの水を一箱送って下さいまして,たいそう喜んだのを思い出します。悲劇なのは,その責任を感じた方(ダムの管理者)が自殺をされた事です。相当の苦情が多方面からあったのだろうと思います。南無。今年は,このような事が無ければと思います。

本日目出度く,鉄平石貼りが終わりました。当初の予定どおりにはいかずに,枚数を増やすことになりました。確かに,鉄平乱貼りなんてのは,いろんな形を合わせていくので,どうしても大目に必要になります。思うような形がなかったり薄いものが混ざっていたりしますので。門扉の取付も終わったので,後は片付けて引き渡しです。
島で行っている瓦屋根の葺き替えも天気のおかげで順調ですが,水切りの施工が難しい・・・そこで,面土瓦で納める事となりました。在庫では間に合わないので,明日発注。少しテクニックがいりそうな場所ですが,すり合わせてなんとかなるでしょう。

さて,明日も天気が良さそうです。

行きはよいよい・・・

島(特に離島)の仕事は気を遣うのです。いろいろと。その一つに船の時間があります。キョウビのことなので,1便送れると平気で1時間以上待つことになります。のんびり構えていると,帰れなくなったり・・・。ま,そこまでのんびりは無いにしても,仕事の段取りも変わってきます。あっ!忘れた・・・では済みませんし,ちょっと取りに帰ってなんて訳にはいかないのです。当たり前の事なのですが,段取りが工事に閉める割合としてはかなり大きくなります。
そう言えば,行き帰りのフェリーで海の風をうけると非常に気持ちいいです。海の季節になってきました。
今日,アルミの門扉を付ける現場で,柱の高さが思ったより高く・・・・さて,どぉしたものか・・・と悩んだのですが,思い切って扉を切ることにしました。そのまま付けれなくもないのですが,不細工な仕上がりになってしまうので,加工にだしたのでした。現場では,柱の穴の位置の加工をしていたのですが,前の穴が少しみえるため,補修用の穴隠しシールをメーカに発注し,とりあえず養生用テープで塞いだのですが,その時思わず,ホームセンターにシールが無いかと考えてしまいました。色の関係もあるし,材質のこともあるので,当然メーカーに問い合わせるべきであるのに,ついホームセンターが脳裏に浮かぶとは・・・なんとなく複雑な心境になりました。
柱の加工と設置が終わったので,明日本体の取付とアプローチの鉄平貼りになります。

天気がよければ・・・・

スケジュール無用にて・・・

 大谷ブロックの目地入れは,丸目地なのですが,これが何とも手間がかかります。そうでなくても遅れ気味の工事なのに・・・とイライラしてもしょうがないのですが,レンガ積みの場合は特にこの目地はくせ者です。でも,入れると綺麗に仕上がるので,焦らせてはいけません。が,急がさないと。明日で終わらせないと・・・とイライラしているのを表に出さないようにしてきたのですが,鉄平石の事を考えると頭が痛いです。さて・・・,ま,策はあるのでなんとかなると思うのですが。

 暑い暑いと思っていたところ,東京出張に行ってた人からメールがあり,東京は雨が降りそうな天気だとのこと・・・「こちらは,ぶちあついです」と返信しときました。帰りの新幹線の中だったようですが,こちらについてビックリされたことでしょう。

あっ!そういえば,屋根地と登りと平小舞の段取りをしとかなければ。これは大したことないか。
明日,現場が終わりそうになかったら,私も時間を空けて出動することにしたいと思います。

いよいよ・・・

 いよいよ本格的な夏がやってきました。といっても,まだ梅雨らしいのですが・・・雨が降らないどころか,カンカン照りで肌がちりちりと焼けています。さすがに,今日は参りました。東京から知り合いが電話を下さったのですが,分かりにくい天気と言われていました。24℃だそうです。暑くはないとのことで・・・羨ましい限りでした。
 そして,いよいよ来週は雨・・・の予報。明日足場をかけに行く現場に来週から入る予定なのですが,怖くて瓦をおろせませんね,とりあえず様子見ながらです。去年の見積の時点では,梅雨までにしようかなぁ・・・・と言われていたのですが,OKいただいたのが今週ですから,さすがに既に梅雨に入っているので,梅雨までとはいきません。が,折角なので,合間を見ながら漏らさずに仕事をしたいと思います。案外,涼しいかもしれません・・・なんて・・・言ってる場合じゃないんです。中途半端に降られると,段取りがグチャグチャになって,仕事にならなくなってしまいます。悩ましい季節です。
 そういえば,明日は・・・アコーディオン門扉の取付の段取りと他でも門扉と鉄平石の段取りがあります。といっても,門扉一式とセメント,砂・・・以上!なんですけど。
但し,鉄平石は誰でも施工できる代物ではないので,専門に任せることにしました。割って,角を取って,面を叩いて,置いて合わせて・・・の繰り返し。玄関前だけなのですが,結構手間がかかるのです。既存との取りあいもあるし。良く見るのが,鉄平石をサンダーで削って合わせて自然の風合いが台無しになっているところです。素人ではないでしょうけれど,専門ではないと言うのが一目でわかります。”良い仕事してますねぇ”って言うのは・・・やはりモチはモチヤが作ってこそなのだと思います。器用で丁寧な人が施工すると一見綺麗に見えるのですけどね。ちゃんと施工の出来る職人が少なくなっているのを考えると,しかたないのかも知れません。
 明日も暑そう・・・熱中症にそなえないといけませんね。

不思議な会話

 お忙しいところ申し訳ありませんが・・・という話し方は,暑いところわざわざ申し訳ありませんが・・・というのと一緒で,ホントに忙しいのか,本当に暑いと思っているのかは別なのである。が,最近”忙しい”という単語に敏感な人が多い???私だけ???
 今日の現場でアル会社の社長さんが,「忙しそうだねぇ!?」と言われ”???”ってな感じを受けたのでした。仕事を頼まれて先延ばしにしてもいないし,”いかにも暇”って感じでよばれたら直ぐ現場に行ったり・・・どう考えても”忙しそうに見えない”ってのが正解でしょ!?と普通なら思うはずなのに,なんで忙しそうに見えます?と聞きたくなったのでした。ん?まてよ,これは,”暑いねぇ”とか”雨が降らないねぇ”というのと一緒で別に大きな意味はないのかもしれません。暑いからといって仕事をしないでクーラーの聞いたホールで遊んでるわけもなし,雨が降らないからと言って雨乞いするわけでもなし。とりあえず会話を始める前の挨拶みたいなもの・・・なのかもしれません。
 が,キョウビのことですから,”忙しんでしょ”とか”忙しいみたいだ”とか”おたくだけ儲けて”なんて事を言われると何処の宇宙の話しなんだろかと思うのですが,それ以上に,何か悪いことでもしたのかなぁ・・・と少し気持ちが萎えてしまうのです。なんとなく。今度からそう聞かれたら”忙しくてどうにもなりません。どっかに猫の手ありませんかねぇ!?”とでも応えてみようかと思ったりします。それよりも,本当に忙しくなるように努力する方が先ですね。
厳しい話しが多いなかですが,一つ一つ,一歩一歩ですね。
 さすがにこれだけ雨が降らなくて,そして暑くなってくると, 畑や田んぼは大変みたいですね。おかげで,井戸側(コンクリート2次製品)が売れて笑いが止まりません・・・・んな訳ないです。当社では,コンクリート2次製品の製造を一昨年より大幅に縮小し,一部のお客様に迷惑をかけて来たので,本当に心苦しく思っています。が,それ以上に売上げの減少が大きく,とても工場を維持できる水準ではないため,身を切る思いで縮小したのです。ですが,比較的容易に作れる一部の製造は続けており,井戸側も数ヶ月ぶりに作っています。ただし,型枠が少なく一日に作れる本数も限られており,来週から雨が降り出せば,また注文は無くなるのだろうと思うと,在庫を置くほど作れません。痛し痒しです。元社員のおぢいさんが,たまに作っている程度ですから,たかが知れていますね。
 が,それでも全く無いよりはましなので,感謝しつつ作ってもらっています。
アル現場では,瓦の役物(特注)が出来ているようなのですが,便がなく届いておらず少し困っていたのですが,やっと明日引取に行く便ができたので,運転手さんに島根まで取りに行ってもらうことになりました。他の現場の瓦が必要なのでついでに積んで帰ることになりました。宅配で送ってもらう方法もあるのですが,重量物なので結構高くつくため思案どころでした。ちなみに,化粧ブロックの足らずを注文したところ,四国から次の日の朝にはつきました。恐るべし,宅配。

ついに夏日?

今日の暑さは本物で,真夏一歩手前まで行った感がある。
ほんま,まいりますね。現場でも朝の段取りでは”ここまでやる!”と職人が言っていたが,夕方言ってみると”無理です!”とあっさり。おひおひ自分が言ったのに・・・と思ったのですが,暑さの事を差し引いて考える時期が来たのか・・・と納得してしまったのでした。この暑さをなめてかかると,痛い目にある・・・痛いくらいなら良いのですが,熱中症で命を落とした人も居るので,余り無理をしないように・・・と甘めに考えるのでした。
思うに,天気が良すぎても仕事にならないとは・・・なんといんがな。

 最近のニュースでは,鳩山弟さんががんばっているように見えたりもしたのですが,実際の処はどうなのか表に出てない真実が知りたいと思うのです。ニュースを見ると・・・旨いこと編集されているのだろうし,前後関係が良くわからないし。なんとなしに,TVに出てきてる兄を見ると・・・言うことが少しずれているように思うのは私だけでしょうか?
 そういえば,議員の世襲制を是正なんて事を言われていましたが,なんとなく良くわからないのですが,それじゃあ鳩山兄も議員を辞職したら_?・・・わかりやすいと思うのでした。他にもいろいろおられますが,世襲を問題視するのもわからなくはないのですが,言ってる人が先人の影響を少なからず受けて議員をされているのを見ると・・・私の頭では良くわからなくなるのです。言いたいことも気持ちもわからなくはないのですが,中途半端で曖昧模糊とした施策ならリストに載せる意味無いと思うのです。これは,民主以外も同じ。もっと,肝心なところでエネルギーを使ってください・・・と願うのです。
特に,景気回復は”全く”見えないですし,緊急予算を付けられてるモノが的外れ?ではないですか?世界中で,また,投機家がつり上げてるなんて話しを聞きますが,実態にそぐわない日経の上がり方に喜ぶなんて話しは,また酷いことに繋がりそうな気がしています。本当に大丈夫なんでしょうか?偉い人教えてください。

 そうそう,明日は島に行ってきます。船で行くのですが,瀬戸内海は綺麗なので,少し楽しみです。あくまで,仕事です。

タイトル

 仕事にタイトルをつけると・・・なんて冗談ぽくやっていた時代もあったのですが,実は結構マジだったりして,それなりに仕事を楽しんでいました。特に外構工事のプランはイメージを漢字一文字で表そうとしたり・・・今となっては懐かしいです。
 で,ふと思ったのですが,時代と共に変化してきた外構工事ですが,前はブロック(化粧ブロックを含む)を比較的高めに積んだりしてたのですが,今では出来るだけブロックを使わないようにしているなんて・・・・いったい何屋さんだったっけと思うこともあるのです。つまり,タイトルが大きく変化してきたわけです。

人生の一ページを・・・なんてことも言いますが,人もその時代時代でいろいろと変わっていて,心変わりというと少し違うかもしれませんが,良しにつけ悪しきにつけ,そういうものだとかってに納得したりもしています。

今日のブロックの現場は,比較的高く積んだので少し違和感を感じつつ,密かに喜ぶ自分がいるのでした。違和感というと少し違うのかもしれませんが,境界に2段積みというのが多いのでそちらに慣れてしまっているから久しぶりに積んだなぁといったところでしょうか。個人的には,もっと積みまくっていただきたいと思うのですが・・・当社のブロックで・・・^^。

で,屋根の現場もなんとか終わらせる事が出来たのですが,良い経験になる現場でした。仕上げは,瓦塀の修理だったのですが,瓦をモルタルでガチガチに固定されていたので,”いったいだれの仕事??”と思いながら,サンダーで削ってはハツリ削ってはハツリの繰り返し・・・一枚取っていると隣の瓦が割れたり・・・ま,想定の範囲ではあったのですが。頑張った職人にはコーラをご馳走したのですが,ここのところ急に暑さが増してきたので体調に気をつけないといけないですね。

若い・・・

 今日は,若い職人と一日の内の2/3を現場で過ごしたのですが,若い若いと思っていたのが・・・すでに40前。なんと何時の間に・・・
 この現場は雨漏りが酷かった現場でして,何としても雨漏りに決着をつけたいということで,気合いを入れていきました。もし!・・・のために瓦の下に板金加工してあるのですが,このため瓦が普通には葺けません。で,瓦に穴を空けて横から吊って・・・という谷加工のやり方をしてみたのですが,うまく行かない,で,上から”トンボ”を作って引っぱるか・・・これもうまく行きそうにない・・・こうなりゃ接着剤でくっつけるか!・・・なんて,そんなの瓦屋の仕事としては認められないし,瓦屋としての雨仕舞いを考えた結果,隣斜め上と斜め下の瓦と緊結する事にしました。穴を空ける位置も気を遣ったのですが,最悪,もしかして,ほとんどないと思いますが水が入っても下の板金で流れるのでOK!なのです。ところが,これが結構手間がかかって思うように作業がはかどりません。こりゃ,今日はここで手伝う事にして,用事は携帯電話で済ませよう・・・。一枚葺くのに,古い瓦を選んで,コーキングが着いているのをカッターで剥がして,瓦を一旦置いて位置を決めて,裏の引っかけを取ったりして高さを調整して,ドリルで穴を空けて,斜め上と上下で緊結して,位置を確認して,穴を空けて,斜め下と緊結して,・・・そのたもろもろでなんとか少しづつ出来上がっていきました。で,やっと,谷にさしかかったのですが,ん?なんだか谷の折れている位置が・・・で,谷が表に出る位置を調整してなんとか。
 まぁこの辺りは序の口でして,メインイベントは一文字軒瓦。見えるところでも無いし・・・普通は地瓦か普通の軒瓦で行くのでしょうけれど,なんせ漏らさない秘策パート2ということで,一文字を選択しました。これなら板金の部分との隙間が最小限。ところが,谷との兼ね合いが・・・左右の谷の高さも違うし,結局片方は,角を加工して施工し,もう片方は軒瓦を加工して施工することにしました。職人が言われたようにはしますけどね・・・って言いますので,”なにかまずいこといったかなぁ・・・?!”ともとれるし,自分ではどう納めるか決めかねるので任せるということなのか・・・。一応職人の考えもあるでしょうから「どうおもう?」と聞きながら進めたのでした。一応考えられる限りの事はしたので,大丈夫と思いますが,自然の力は恐ろしいので気になります。”もしかしたら・・・”があるとすればここなんだろうと思います。あそこはあれで良かったのかなぁ・・・と,この時間になっても気になっているのですが,考えるときりがないので・・・。そういえば,ペットボトルに水を入れて流してみて問題なかったので,大丈夫だと思いますけど。でも,自然は思いもよらないことを起こすことがあるので・・・・いや,いかんきりがない。谷の切り方も工夫したのでだいじょうV(う゛ぃ)。
明日は,棟です。これがまた・・・。ところが,明日の朝一はブロックの現場に行かないといけません・・・。指示はしたので大丈夫とおもいますが,出来るだけ早く顔を出さねば。
誤解の無いように・・・私は職人を信じているのです。けれど,この性格ですから。つい色々と。

予定通り

天気予報の精度が上がったおかげで段取りがし易くなったともいえるが,今日は予定通りの開店休業。外の仕事は全くできませんでした。

実は,さっき大きな”どぉ~ん!!!”という音がして・・・まさかまた・・・とイヤな思い出がよぎったのですが,外に出て良く見ると川の向こうの2号線でトラックがハザードを出して停まっていました。追突事故のようです,野次馬根性を出して行っても良いのですが,橋をグルッと回ってこの時間にあの場所まで事故の検証に往ってどうする・・・で,止めときました。かなり大きな音がしたので,怪我が無ければ良いと思いますが・・・今見ると,既に居ない???2号線が渋滞すると大変なのでトラックを広いところまで動かしたか?それともなんともないので・・・いや,あの音からするとなんとも無くはないとおもいますが。ま,大事ではないのでしょう・・・救急車もパトカーの音もしませんし。雨の日は滑りやすいので注意しないといけませんね。

そういえば,今朝建設会社から電話があり,「昨日瓦を降ろしたら,縦に桟木が打ってあって寸法もなんにもとってないから,見にいっといて!今日解体屋が入るから早いほうがいい。脚立も現場にあるから。」ということでした。雨なんですけど・・・しかも結構降ってます。が,お仕事・おしごと・・・
行ってみると足場がしてあったので傘を上げてよじ登って,スケールで測って・・・でも,寸法バラバラじゃないですかぃ。残念ながら使われている桟木も細すぎて参考にならず。実物を計測するのと,インターネットで調べることにしました・・・そういえば,カタログあったかなぁ。ここで使われている瓦は,64版という少し小さい瓦でして,少し特殊なのです。この縦残工法の瓦はいろんなメーカーが仕様として出しているのでそんなに珍しいモノではないのですが,見積りにこの縦残の金額入ってないんですよね。これが一番の問題です。そうそう,瓦を降ろした・・・というのは,これをまた使用するということでして,たらない瓦を補充しないといけないのですが,鬼を合わせるのと,軒瓦の模様を合わせるのと・・・結構いろいろとあるのです。軒瓦の模様なんてのは,似てるようで違うって事が結構ありまして,この微妙な違いが違和感に繋がることがあるので気をつけなければなりません。たまに,この微妙な違いというくせ者に関して,”製造中止”なんて殺し文句を聞かされることがあります。古いモノについてはこの一言で撃沈なんてこともあるのです。それだけのために瓦をつくって焼いてもらうと高価になりますし,難しいところです。几帳面でこだわりをとるか,値段をとるかなんてことにもなるのです。
結構,瓦って奥深いのです。

なぜ?

有り難いことに,2件見積をしました。最近見積が多いので,景気回復か?!と思ったりもするのですが,一向に決まりません。なぜに???値段の事もあるようで,値段のことでないと言われたりもしますし,熱が出そうです。
 さて,ついに梅雨入りなんて話しが出てきてました。昔から,「屋根屋殺すにゃ刃物はいらぬ,雨の十日もふればいい・・・」なんて言いまして・・・いや・・・私が勝手に言ってるんですが・・・この時期になると天気とにらめっこですね。きっちり養生をするので心配はないのですが,神経質な方にとっては大変なことのようです。もっとも,雨は瓦のことだけでなく,樋,板金,サッシに壁・・・雨仕舞いというのは屋根だけに言えることではないのです。が,まず第一に何かあったとき(特に雨漏り)には「屋根=瓦」って思われます。それでも良いのですが,原因は案外他にアル場合も多いので気をつけないといけません。
 で,明日から入る現場は,この雨漏りが酷かった現場でして,板金屋サンとあれこれ打ち合わせをしたのですが,少し思いが違っているところがあったのでした。やはり,板金屋は板金屋,瓦屋は瓦屋ってところでしょうか。少々はこちらでなおせるので,そのままにしておいていただきました。あした,職人に”えっ?”と言われそうですが,なんとかなるでしょう。人が意思疎通をはかるっていうのは,もともと難しいのですが,専門職の先入観というのがあるばかりに余計に難しくなってたりします。又一つ勉強になりました。あくまでも漏らないというのが大前提です。心してかからなければ。
 そういえば,ダムや川に水が無いためにこのままいくと渇水になるなんて話しを聞いていたので,少しくらい降らないと大変なことになると思っていたのですが,梅雨という言葉を聞くと,複雑な心境になります。何事も程度問題ですので,水害を起こさない程度で,そして渇水にならない程度でお願いしたいと思います。誰にお願い???風神・雷神に・・・いや・・・逆さてるてる坊主でしょうかね。

やはり・・・

想像通り午前中はドタバタでして,打ち合わせに行くことにしていた現場の監督さんから電話が・・・。もう少しではあったのですが,着くより先に連絡をいただきまして,まことに申し訳なかったのでした。
先週の時点では段取りOK!と思っていたのですが,思い通りに行かないこともあるもので,体が2つあれば・・・と思ったのでした。が,2つあっても持て余すことが多そうなくらい,業界の景気は冷えてるままでして,今朝のレンガ積みの現場でも,ついグチっぽくなるって人がいました。一瞬の忙しさにどうこう言ってるようでは,まだまだ修行が足りないってことでしょうか。
 さて,大工さんからの紹介で屋根の見積に行ったお宅では,最初ものすごく警戒されまして,すごぉく感じわるそうにされて面食らったのです。(少し歳の方でして,個人的には,そのくらいの方が悪徳訪問販売に引っかからないので良いのだろうと思うのでした。)大工さんの紹介なので・・・と言ってもガードが堅く「屋根の上にあがらんでいいから!」と言われ・・・さて,どうしたものか。と,悩んでいたのですが,いろいろと話しをしまして,なんとか見積はさせてやろうということになりました。で,したから瓦の枚数を数えたり壁寸法をとったりしていたら,なにやら思い出されたらしく,いろいろと話しを始められて,少し柔和になったように感じたのでした。「お宅はどこからきたん?」と聞かれ「そこの川向こうの沼田東なんですが・・・」というと「そんなところに屋根屋はない!」と言われ・・・ふぅ。目の前に居るんですけどね・・・参りました。ですが,話しを進めていくうちに,えらく長話になりまして,うち解けていったのでした。ですが,最後に,「何社かから見積とるのは当たり前だから」・・・と言われ,やはり,ただ者ではない・・・営業は難しいですね。

ムシムシ・・・

今日の夕方,ゲリラ豪雨まではいかなかったのですが,いきなりの雨で現場は混乱。蒸しむししてうっとうしい夕方になってしまいました。
 ムシといえば,虫。今朝ほどに社員がムカデに噛まれたので医者に行ってくるなんて話してまして,私も経験があるのですが,靴が履けないほど腫れるし,ジクジク痛いし・・・・大変なこって。自宅で寝ていたところ,”がぶっ!”っと・・・いや”チクッ”っと・・・うぅ~む・・・どう表現したら良いのでしょうか。直ぐにズキズキしだします。この痛みがイヤに効くわけでして,ゆーうつになります。それが・・・噛まれたのって昨日らしいんです。昨日から痛かったらしいのですが,さすがに痛さがとれないので,今朝病院に行く気になったそうで・・・なんとも強いというか・・・。おそるべし。現場でも事務所でもその話しでもちきりでして,昔は”はみ焼酎”をつけて直した・・・・なんて話しも出てました。実は,私が足の指をムカデに噛まれたときに,会社の倉庫からマムシを浸けてある一升瓶が出てきまして,それを綿につけて,”はいっ”って・・・はぁ??? まさか,これつけんの? これがまた,臭いのなんのって,曰く”なんにでも効く薬”なんていわれた日には・・・”うそぉ”と思うのですが,なんせ痛いので藁をもつかむ気持ちで塗ったのですが,なんだか噛まれたところが熱くなってきて,余計にずきんずきん。なんだか”やられたぁ”って感じでした。強烈に臭いし・・・。
腹が悪いときは,飲めばいいって・・・ほんとかなぁ。実際飲んでたそうです。
見た目には,一升瓶にマムシを丸ごと入れて,焼酎で満たしただけにみえるんですけど・・・恐怖。
ちなみに,ムカデはダンゴムシが多いと必ずいるし,夫婦仲がいいので,一匹いるともう一匹必ずいると言われています。昔聞いた話では,中国では養殖して薬にしているとか・・・・恐るべし中国4000年の歴史。まさか,そのまま食べてるなんてことはないでしょうけど。

 最近では珍しい修理現場・・・・土葺きなんて何年ぶりだろう・・・(ちなみに,保証外です。念のため)
tsuchibuki.jpg
瓦の筋は通らないし,良くひねっているし弱いし・・・ちと大変ではありました。
瓦と瓦の間に隙間があるやないか?と思われるかもしれませんが,ココ(2筋)ほど丸を流します。左下に写っている丸い雁振りってのを,施工していきますので,わざわざ空けているのです。

ということで,この現場はムカデ攻撃による戦力ダウンもあって,本日終わる予定がもう半日かかることになってしまいました。ま,しょうがない,ムカデには勝てん,てところでしょうか。

今日職人と打ち合わせに行った現場も,なんとかなりそうですし。月曜日はばっちり!・・・かも?

物忘れと物覚え

最近どうも物忘れが多くて・・・・と70過ぎて言われるのは,老化もあるだろうし違和感無いのだが,40代で言われると・・・物覚えが悪いだけではないのかな?と思うのです。かくいう私も,昔より物忘れが酷くなって・・・なんてことを言ったりするのですが,忘れる前にちゃんと憶えてないような気がするのは,気のせいなのでしょうか?!物覚えが悪くなったといってしまえば,身も蓋もないのですが。

さて,現場では,滅多にない土葺きの物件を四苦八苦しながらなんとか納めているのですが,問題なのは,今回修理してない箇所で悪いところが色々とあるのです。特に心配なのは,強風で飛んだり雨漏りなど発生した場合。折角修理したのに・・・と言われても・・・・「葺き替え」をしても”まだ早いでしょ”と言われる事はないような屋根なんですけどね。ま,いろいろ事情があるわけですから,当社としてはお客様のご希望にそう工事をするだけです。可能な限りの工事はしているのですが,少し心配です。辛いところですが,頑張ってます。

来週には,2年前から材料をいれているお宅のレンガ工事に入れる事になっているのと,改造工事をされている屋根の改修とが同じ日に開始するので,体がもう一つ欲しいのです。レンガも1日で終わりますし,屋根の改修も1~2日で終わるのですが,同じ日に始まるとなると朝一番どちらに行くか悩むところです。ということで,明日職人と現場で打ち合わせをして,私が居なくてもスムーズに行くように段取りをしておこうと思っています。もう1件打ち合わせに行くのと請求書を持っていくのと・・・その他いろいろとありますので,物覚えを良くして?!段取りよく動かないと,”忘れてたぁ!”となって月曜日がバタバタでボロボロになってしまいそうです。と,言ってるそばから何か忘れてるようで心配になっているなんて,どぉゆぅことでしょうかね・・・全く。

世界では・・・

ニュースを見ると,あのリーマンショックから立ち直ってきてるらしい・・・?底を打ったなんて話しもある。ホントなんでしょうか?偉い人,ホントのところを教えてください。でも,住宅産業に活況が戻るなんてのは又別な話なんでしょうかね。
 今日は昼前にパラパラと雨が・・・と思ったら結構本格的に降り出したため現場がストップ。元請けの社長さんにも”もう,今日は仕事にならんで!”なんて言われたものだから,現場の判断で今日は途中からお休み・・・なんてことにしたのは良いが,昼から雨なんて降らなかったので,半日損した気分でした。確かに屋根の上も足場の上も濡れたので滑りやすくなっており,安全を考えたら”中止”で良かったのかもしれません。が・・・複雑です。
 昼から色々と話しをしたり,雑用をしていたのですが,いろいろと驚くような話しが聞け,いつの間にか世の中が変わっていたのを知りました。栄枯盛衰なんて言いますが,世の常とはいえども・・・ですね。
そういえば,5月の雨量が極端に少なかったようで,新しいダムの試験貯水が思うように行かないなんて話しもでていましたが,確かに今日のような雨では焼け石に水ですね。農業をされている方は気が気でないようです。既に,喧嘩になった地域もあるとか。雨も過ぎると洪水になるのですが,適度な雨は必要ですね。屋根屋には天敵ですが。

自然をコントロールできません。

断る勇気_?

今日,たまたま事務所に居るときに,突然某高校の先生が来られ「生徒の就職を捜している」とのことでした。力には自信があるので瓦職人になりたいと・・・いうことでしたが,俄に信じがたい。高校生の若さで瓦職人になりたいと言うのは,瓦屋サンの子どもであるとか知っている人がやっているとかTVをみてとか・・・専門職への憧れというものもあるのかもしれないが,話しをしていて少し”おや!?”と思うこともあった。それでも,出来ることならこの若い芽を育てる事が出来るのであれば・・・と思うのであるが,今は営業以外の募集をしていないので,残念ながらお断りすることにした。が,これも何かの縁なので,どこかで瓦職人の道に進んでもらえれば業界の為にもなると思い,知り合いの瓦屋サンに電話してみたが,良い返事はなかった。そこで,私の仲の良い瓦屋さんでは募集がないのですが,力が強いということであるし,土木の方はどうか?と言う話しをすると,その先生はそれでも大丈夫だと思うとのことでした。えっ?瓦職人は????と思うのですが,世間の現状を考えるといろいろアルのだろうと思い,それ以上のことを言いませんでした。おそらく,若くて未経験ということもあり,力が強いと言うだけでは今の建設業界ではなかなか”じゃ,明日からおいで”というわけにはいきません。それと,本人が一緒でなかったので,どちらにしても”直ぐ”ということはありえないのですが。だた,先生が一生懸命であるし,縁なのかもしれないので,もう少し一肌脱いでみようと・・・知り合いの土木関係者に電話してみると”とりあえず会って話しをしてみましょう”ということになったのです。どういうことになるのかは,この先生・・・いや本人次第だとは思いますが,今の景気ですので,覚悟して会って欲しいと思うと同時に,なんとかなると良いと思っています。「職人になりたい」という言葉・・・久しぶりに聞いで嬉しかったのでした。
 ところで,現場では,今日もサンダーの刃が会うだのあわんだのとドタバタでした。通常よりも大きいモノを使おうと思ったようですが,アタッチメントが会わないとのこと。どうやら無くした???で,アタッチメントだけ買いにあっちこっちに行ったり来たり・・・で結局”無い”。すると,「これってもう刃がちびててきれませんが・・・」。”もっとはよいわんかい!!!”どうも最近現場のドタバタに付き合わされてしまってる気がします。現場は現場で一生懸命なんですけどね。もう少しね・・・。
ここには,特注瓦(コーナー役物)が乗ることになっており,その納期がまだだいぶ先なので,仕上がりまでには,少し時間がかかりそうです。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。