瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

なんと・・・

来週雨が多そうなので,明日も仕事しよっと・・・なんて思っていると,今晩から雨。明日に残る。で,月曜日・火曜日・木曜日が雨。こりゃ,真剣にテルテル坊主作りか?
なんとなく,”終わったな”って感じです。

100227_110905.jpg
この外構工事の現場は,そうでなくても合わない工事なのに,天気を気にしつつ中途半端に工事に行くと,持ち出し額が増えるばかりでして,雨が降りそうな日は行かないしかないのかなぁ・・・。一度やると決めたからには,がんばってするしかないのですが,この天気は酷すぎるとしか言いようがありません。が,言いに行くところもないのでして,我慢・ガマン。
ながいうちにはこういう事もあります。

さっき,インターネットニュースを見ていると,水素自動車の記事とポルシェがハイブリッドカイエンをってのが目につきまして,車社会も変わるのだなと感じました。化石燃料に頼らない社会の構築ってのは,小学校の社会の授業でも出てたくらい前からの話しでして,中学校くらいの社会では,化石燃料はあと何十年で枯渇・・・なんてことも。となると,オイルマネーで潤っているアラブ諸国等々はどうなるのか?・・・結構深刻な状況になるのかもしれません。アメリカのメジャーしかり。
水素自動車が環境に良いのはわかっているのですが,今のところマツダがロータリーエンジンでの実用に向けてテストをされていますが,かなり進んでいるようです。水素を燃料にREで発電?正しいのかな?
所詮,エンジン+モーターのハイブリッドは化石燃料に頼るのでして・・・環境に優しいとは言えますが,水素エンジンのように環境に負担を殆どかけないというのは,レベルが違いすぎているように思えてなりません。所詮ガソリンエンジンを積んでいるのですから,気休めといえば気休めですよね。あと電気自動車の電気を何で発電しているのか?
最近CO2を出さないということで,原子力発電のCMがどんどん流れていますが,センシティブですよね。特に被爆県広島としては。現実はどうあれ。
水素の扱いは大変なようですが,技術の進歩によりなんとかなるのでしょう。が,ガソリンエンジンを積んでいるハイブリッド車って,乗ってる人がみんないい人に見えるってのが妄想でしかない・・・なんて思うようになってきた今日この頃です。買えないひがみって話しもありますが・・・。
どうなっていくのかわかりませんが,本当の真実が何処にあるのかなんて,所詮私にはわからないのですけどね。
スポンサーサイト

屋根屋殺すにゃ刃物はいらぬ・・・

最近温暖化の話題がないですね。
なんとなく,温暖化でビビラセといて・・・という段階は過ぎたのか,それとも次の一手を探っているのか?

最近雨が多くて・・・と思っていたら週間予報では来週の月・火も傘マーク。
今日これだけ降ったらしばらくいいじゃないの?と思っていたのですが,容赦ないですね。

屋根屋に限らず外の仕事は雨の日というものを余りありがたらない傾向にあったのですが,最近の会話では「仕事が無いときに雨が降ってくれたら,気分が楽になる」なんて超悲観的後ろ向きな内容も出る始末でして,いけません。
コンスタントに材料が出るなんてこともなく,さてはてどぉなることやら。読めません。

そうそう,自分を動物に例えると・・・なんて話しは可愛いのですが,血液型に凝る人,星座や方角なんていろいろと現実逃避?ではなくて,現実乖離?といいますか・・・結局宗教?・・・って話しにもなったりします。この前福山の業者の方が,兵庫の山の中にできているお寺?を見学にいかれたという話しを聞きまして,なんともビックリな内容でした。ずっと前に,新聞2面ぶち抜きで紹介されていたので良く憶えているのですが,この辺りにも信者さんがおられるようでして,いろいろと・・・まぁいろいろと・・・みたいです。
屋根屋としては,興味アルのは屋根でして,なんと鬼瓦の高さが9mあり,ギネスに載ったそうです。ギネスはどうでも良いのですが,9mの鬼瓦とは・・・・一度見てみたい気もします。でも,本当に必要な大きさだったのでしょうか?大きい物を競うなんてのはある話しですが・・・・世界一のタワーとかビルとか・・・少し俗っぽい気もするのですが,サガなんでしょうかね。

細かい事は気にしない?

世の中いろいろありまして,人に余裕が無くなり,ソツや余裕・・・いやいや”無駄な事”を排除する傾向にありまして・・・それと共に人間らしさも薄れて来ているのではないかと。
無駄の排除なんて聞こえは良いのですが,そもそも人間なんてアナログの最たるものですから,無駄やソツの固まりの筈ですが・・・なんて今日もPTA後の役員の集まりで。ま,細かいことを気にしないO型そのものって所を突かれると痛いかも。

で,今の現場では,
100223_084537.jpg
略鯱がのっていまして,ごらんの通り鯱の顔がなんとなく手抜き・・・いやいや略されているように見えるでしょ。
これも鯱。

100223_142115.jpg
この現場は,当初・・・まさか・・・土葺きと思わず・・・安易に見積もってました。いけませんなぁ。
でも,本当に土葺きってわからなかったのです。

それでも,手をかけまして・・・
100225_160813.jpg
強力棟金具入りの耐風・耐震施工。

隅の方も芯をいれまして・・・・
100225_163909.jpg
それにしても,大変なことになりました。

で,隣を見ると・・・
100225_160945.jpg
こんなよだれの出そうな屋根がありまして,どう見ても葺き替えの時期なのですが・・・解体するなんて話しでして・・・がっくり。
とても修理では間に合いませんものね。

100225_092150.jpg
樋をかけている現場↑も今夜の雨に間に合いまして・・・ホット。

それにしても,古い屋根の修理は,細かい事を気にすると・・・葺き替えするしかない場面て結構多いのです。
どこまで修理するかということが重要なのです。

忘れてはいけないこと

効く薬と効かない薬とあります。一般的にいう病気ではお医者さんが処方したり薬局に行ったりしますね。
ところが,なにか不都合な事をしている人を懲らしめた結果をさして薬が効いたなんて使います。

昨夜,民主党県議さんの話を聞く機会がありまして,そこではありきたりな話に終始されていたように感じたのですが,人の良さを感じたのでした。そのあと,2次会がセットされていまして,たまたまその方と隣の席にったので,思い切っていろいろと質問してみました。が,どれも優等生の返事でして,少しがっかり。この地域は,国民新党の亀井さん,参議院では佐藤さんが政権与党でして,いろいろ活躍されているようですが,この県議の方は1年生議員なので,こういう返答になるのか?と。
特に,鳩山さんの脱税事件や小沢さんのグレーな資金管理疑惑については,あまり触れてほしくないようでした。ということは,このまま引きずれば,参院選に影響があるのをみんなわかっていると感じたのでした。夏は荒れそうですね。
薬が効くというのは,選挙であるということが立証された昨年の衆議院選挙でしたが,今年は民主党に薬が効くのか?
素人の私にはわかりませんが,とりあえず,鳩山首相はないのではないかと。

さて,写真もなしに・・・
外構工事の現場では化粧ブロックが積みあがってきまして,スキトリの準備に入る段取りです。
屋根の修理も,解体がおわりまして,鬼の準備も終わり,明日から葺き直し。
その他もろもろなのですが,私一人ばたばたしているような・・・。
現場管理,見積もり,打ち合わせ・・・全部一人でするのは,少しコク?
全部決まれば,”ガッツポーズ”なのですが,まだまだかかりそうです。

そろそろ見積もりをもっていかないと・・・。

ばたばた貧乏なんてよく言ったもんです^^。

質素倹約・・・

日本人の価値観や美的感覚に質素倹約なんてのがあったような気がします。身の丈に合ったという言い方もあろうかと思いますが,この場合は少し違うのかも知れませんね。

10年前なら,「すぐ新しいのもってきて!」なんて言ってたかも知れません。
この度工場のモーターが壊れたので,もしかすると新しいのに取り替えた方が良いのでは?とも思ったのですが,この時期ですので,修理で済ますことにしました。結果として,新品と余り変わらないくらいの金額にはなったのでビックリすが,少しでも安く済んだことを喜ぶことにしました。
当初,機械メーカーの説明では,コイルを巻き替えれば大丈夫とのことでしたが,三原の三菱電機の代理店藤本電気工業さんに相談したところ,ベアリングも一緒にやりかえた方が良い,とのことでした。高く付くなぁ~とこの時は思ったのでした。

100219_115105.jpg
修理が済んで帰ってきました↑



電気保安協会さんの見立てでは,モルタルやセメント粉が中で固まって・・・とのことでしたが,実際には,ベアリングが壊れてまして,流石電気屋さん,プロの見立て。もし,ここでベアリングが壊れてなくて替えて無かったら,また直ぐに修理となるところでした。
100219_115118.jpg
↑壊れたベアリング

早く対応していただいたので,工場を再開できます。

屋根の方では,
100219_162847.jpg
耐震・耐風施工の一つ,袖瓦のビス打ちも終わりました。

棟の方も,当然の事ながら”耐震・耐風”に対応しておりまして,
100219_162800.jpg
↑こんな風に芯が通ってます。
棟自体は7寸鬼なのでそんなに大きく無いのですが,台に熨斗雁を使っていますので,少々重厚感があってナイスですね。

100220_110533.jpg
↑仕上がるとこんな感じでして,日本の屋根らしくて,”うむうむ”とうなづいてしまいます。

最近はシャチ(鯱)の乗るが少ないのですが,縁起物(火事から家を守る)ですので,なんとなくホッとします。
そんなに高いものでもないので,この辺りを倹約されなくても・・・と思うのですが,最近は縁起物なんて通用しないことが多いのが残念です。
派手なんて言われたことがありますが,そんなでしょうか?

温暖化?

地球温暖化なんて忘れるくらい寒い一日でした。雪は降るし。
明日の朝は凍結注意ですね。
温暖化で怖いのは,これまで無かった病気が流行ること。これが一番怖いのでは?
マラリアとかいろいろと。
一筋縄では行かないのでしょうけれど,対策を考えておられるのでしょうか。

そうそう,今日,ある人と話していると・・・民主党人気下落中ですね。
でも,一票投じておいて・・・なんて事も言っておられましたが,あの時点で容易に想像できる常識的な問題も多々あったような・・・そんなもんでしょう!と私なんか毒づいてますけど。
民主党がどうなっても良いのですが,景気浮揚策をもう少し真剣に考えて欲しいものです。

現場写真をアップ・・・また今度頑張ります。

今日は寒いのでこの辺で。
ん?あぁああああ,暖房が切れていました。どうりで。

必要以上?

昨年の秋からADSLが良く切れまして,今年に入ってから特に良く切れまして・・・さすがの私も切れまして。
なんで,CATV開通の時に乗り換えなかったのか!今更なんですけど。
で,0120したところ,NTTさんが配線を調べに来てくださいまして,元々古い事務所ですので,いろんな配線が。
今の配線を切って,もう一つの予備に代えたら良くなったと。秋においでになったときも,その辺りをゴソゴソされていたのに・・・。不思議ですが,調子がよくなったので,ブログを書いています。必要以上のスピードは要らないのですが,さすがにしょっちゅう切れるとイライラしますね。ADSLと言えども。

今朝はうっすらと雪が降りていまして,さすがに寒い一日でした。それでも,現場は頑張ってまして,工事が進んでいます。明日は,前に紹介した水板のお屋敷に行きまして,降り棟の撤去と巻き直し,隅棟の一つを巻き直し,瓦の差し替えに樋の修理。
段取りも済んでいまして,寒くならないことを祈るのみです。

忙しくは無いのですが,小さい工事も段取り等々で神経を使います。

てるてる坊主の心配はなさそうなので安心です。

気分次第?

注意力不足か?と思ったのですが,今の現場でよくよくみると・・・
100216_154115.jpg
大きな蜂の巣がありまして,蜂に弱いわたしとしては・・・もぬけの殻とわかっていても気持ち悪いのです。
亡祖母が,蜂に襲われて命を落としたり,亡父が蜂に襲われて心臓とまったり。蜂に弱い家系なのでしょうか,そういう経緯から異常に気にしているのかわかりませんがどうも苦手です。
結構ふるいお屋敷にはつきものでして,毎回,ドキッとします。
中には,蝋?で固めて飾ってる方もおられるとか。
それにしても見事な蜂の巣でした。

屋根の方も天気が続いていまして・・・ただし明日の降水確率は40%・・・瓦葺きもやや順調でして,
100217_150746.jpg
もうじき地葺きが終わります。
この綺麗な赤色。ほれぼれします。
ただ,この赤色が新赤色に変わることになっていまして,少し色が薄くなるのです。石州メーカー統合と言いますか,生産の相互補完の関係と言いますか,メーカーの都合とはいえ石州の色が統合されていくのは良いことではあるのですが,これまでの赤色を好んでいた私には少々ショックなのです。時代の流れには逆らえないと言ってしまえばそれまでですが。

屋根工事は,外の仕事なので,天気との戦いなのです。こちらの思うようにはいくわけありません。
たまに,本気でてるてる坊主を作ろうかなんて考えることもあります。

しかし,雨は自然の恵みでもありまして,適度に降らないと渇水や農作物の被害など大変な事になります。
世界中で起こっている自然災害が人類への警告として,地球を壊していうのに腹を立てた”お天道様”の気分次第ということでなければいいのですが。

ついてるのかついてないのか・・・

仕事は大小にかかわらず,成約すると嬉しいものでして,ここのところ2~3日の工事ではありますがバタバタっときまりまして・・・アル方から自分の”ツキを吸い取られた”なんてメールまで。嬉しいような悲しいような。
しかし!工場で生産中にミキサーのモーターが焼け付きまして,見てもらったら”ダメ”とのこと。重さ100?以上のモーターでして,重さに比例して結構高いのです。修理に出してもかなりな額になりまして・・・頭の痛いことです。新品を注文すると1カ月以上納期がかかるなんていわれまして,それは待てません。結局修理ということになるのですが,とてもツキがあるとは・・・。
そして,悪いことにFAX・コピー複合機が壊れてましてテープを貼ったりドアが閉まらなくなったので紐で縛ったり,世間広しと言えどもこんな状態で使っている会社は,少ないかと・・・で,これに加えて私が専用で使っているプリンターが壊れまして,インターネットで調べたりいろいろしたのですが,ダメそう。修理の依頼をすると,来て掃除をするだけで36000円!!!部品交換等で50000円くらいは最低かかるだろうとのこと。買い換えた方がいいのでは?と聞くとそう思います・・・って。それからも一つ。工場のホッパーのシリンダーが調子わるく,おそらくシールを替えないといけないかと思うなんて工場の者が言いまして,調べたところ既に廃盤。後継機種の物は使えないなんて・・・。エアーが漏れるので,一回ごとに手動で操作していたのです。一体全部でいくらかかるのか,考えただけでもおぞましい。
とてもツイテイルとは思えない今日この頃です。

神明市で買った達磨に目をいれないと・・。これで,厄払いになるか?

いよいよ神明市

三原の神明市は歴史が古く・・・何せ小早川隆景の時代に・・・どうとかこうとか???
なんて,実は良く知らないのです。
が,大元はそんなところであった事が始まりだそうですが,何百年も続いているのか,どこかで断ち切れたのを復活させたのか・・・一度調べてみると面白そうです。
夏のやっさ祭りも三原城築城の御祝いで自然発生的に踊り出したのが起源だそうですが,歴史好きの方はどこまでご存じなのか,詳しく聞いてみたい気もします。
春のさつき祭りは・・・そういった歴史的なというよりは,町内会?商工会議所?の音頭で始まったようでして,なんとも三原はお祭り好きと思います。秋には浮城祭りなんてのがありまして,保健福祉大学の学園祭も行われ,なんと一年中お祭りか?ってなもんです。
神明市は植木とだるまがメインでして,屋台も多く,有名な広大附属三原学園の前の”鯛焼き屋”さんはいつも行列でして,並ぶのが苦手な私はまだ食べたことがありません。ん?そういえば,昔東京でラーメン屋には並んでいましたけどね。来年度には子どもが中三に,弟の子どもも受験なので”合格だるま”を買ってこようと思います。
必勝達磨の方がいいかな。

現場の方は,雨が多くて困っていますが,まぁまぁ順調でして,昔の雨漏り跡もそんなに大変ではなかってのでそんなに野地を打ち変えるほどでもなく,ホット一安心。
他の現場で追加の真砂入れも終わったと連絡が入り,明日雨が降っても大丈夫かと。

ん?明日雨・・・達磨取りに行くのに傘がいりそうです。

三原名物 冬の風物詩

本日から3日間。 神明市が開催されます。 三原の街中はごったがえすのでしょう。
神明市といえば、だるま。
今年も玉島から同級生が売りに来るのだと思います。時間を見つけて顔を出したいと思います。
干支だるま(非売品)も楽しみなのです。
景気の悪さを吹き飛ばす祭りであって欲しいのですが。

そういえば、さすがに寒くなりまして・・・「神明さんの時期は寒くなる」ジンクスが活きています。最近少し暖かく感じていたのですが、こんばんは特に冷え込みます。

本日、沼田西、府中、沼田東での打ち合わせがあり少しばたばたしたのですが、うまくまとまって欲しいものです。
沼田東では、ちょうど本郷のご夫婦が外構工事の参考に”たまたま”こられていまして、見積もりだけでもして欲しいとのことでした。どうやら、ほかで見積もりはとられているようなのですが、高いようなのでいろいろ見たり見積もりをとったりされているようでした。仕様によって金額は大きく変わるので、どの程度の外構をお考えなのかしっかり聞きたいと思います。外構工事は特にちょっとしたことで金額が大きく変わることがあるものですから。

そういえば・・・

法人会から今年の年男にテーマが与えられまして,今年の抱負+3末の$/¥(為替)+先物原油WTI+日経平均を書かされまして・・・。
今思えば,もう少し推敲すべきだったような気がして少し後悔しています。
抱負は,「人との繋がりをより一層大事にすることと,つまづいても転けない」なんて・・・。あと,為替もWTIも日経平均も語呂合わせをしたのですが,少し希望的観測で甘めに数字を舐めたのですが,今のままですと大きく外れそうです。
3月末となると,決算を良くするために利益確保の売りが増えたりということもあるでしょうが,末の末には買い戻しもあって,今よりも少し上下するくらいでしょうか。まぁ,素人の私が考えてもアタりっこないのです。

本日雨。
よって,現場は動かず。
なんとも憂鬱な一日でした。
夕方には,ものすごい豪雨でして,ある社長さんが心配して電話を下さいました。
屋根の葺き替えをしているので,漏らすと大変です。
しっかり養生しているので大丈夫。しかも,棟にかかる時でしたので,タイミングも良かったのでした。

明日も天気が悪そうでして・・・祭日・・・,明後日から張り切っていかねば・・・。

芸術と呼んでも?

屋根にもいろいろありまして,瓦にもいろいろありまして・・・ホントに奥深く,まさに「芸術・文化の50」なんてどっかの昔のクイズ番組に出して欲しいと思うこともあるのです。

今日,屋根の点検に伺ったお宅では,
まず,2階の大棟の表には龍が・・・
100209_172506.jpg
水板と呼ぶのですが,いつ見ても素晴らしい。まさに芸術品。

家の裏側は,
100209_172123.jpg
こんなんなってまして,雲とか呼んだりします。
最後に施工したのが,もう10年以上前でして・・・とんと葺くことがなくなりました。
金額は?なんて下世話なことは書きません。

で,この棟の上には
100209_172107.jpg
こんな鯱(しゃち)が乗っていまして,これもまさに芸術品。少し見難いのですが,歯もキッチリと独立しています。
しかも,この瓦は高温で焼かれているので,この細工はまことに見事。
こんな技術が衰退しているなんて・・・涙です。
これら全て縁起物でして,全て意味のある物なのですが,語ると長くなるので,ウィキペディアででもサックリと調べてください。鯱だけに目から鱗かもしれませんよ。

さて,昨日,雀の巣が出てきた現場では,なんと横割りが悪く・・・調整瓦を使うことに。
100209_140652.jpg
この瓦のおかげで,葺き替え現場もスムーズに。
なにせ,瓦の大きさも屋根地の大きさも決まっていますので,瓦をきっちり葺くには屋根地を瓦の大きさに合わせるか,瓦を屋根地の大きさに合わせるかどちらかです。新築の場合は大工さんが屋根地を合わせくれるのですが,葺き替えの場合は,そのにある屋根地をそのまま使うことが多いので,瓦で合わせる必要があるのです。
(※屋根地をあわせる場合もあります)
普通の瓦は,
100209_140706.jpg
こんなんでして,少し違うのがわかると思いますが,葺いてしまえば殆どわからなくなります。便利です。

で,ここのお宅は,
100209_141457.jpg
同質の雪止めをつけました。
輪の部分で雪が留まるのです。
この辺りは温暖な地域ではありますが,何年かに一度くらいの割合で雪がドッと降ることがあります,長いうちには雨樋を壊すこともありますし,まとまった雪が下に落ちるのは危ないので,2階の屋根に施工しました。

同質雪止め・・・要チェックです。
心配性の方は特に。

つき?たまたま?

今日,とある社長さんの事務所にいたら,次々と電話がかかってきまして・・・・社長さん曰く・・・わしのつきをすいとっていると。んな,あほな!
でも少しビックリしました。すべて,ご成約・・・見積通り・・・なんてことは無いでしょうけれど,がんばらねば。

今日,瓦降ろし(一部では”めくり”なんて言います)の現場では,鳥の巣が出てきまして,
100208_091342.jpg
古い屋根では良くあるのですが,”雀が入れるほど隙間があるかなぁ”と不思議になるのです。
コウモリはよくあるのですけれどね。

これで,ここの巣は使えなくなりますので,御転居願います。雀さん。

今年5軒目

今年に入って,5軒目の葬儀に。
人の死とは悲しいものでして,御家族の気持ちを思うと・・・。たしかに,91才と聞くと大往生と思うのですが・・・そんなに簡単に割り切れるものではなかろうかと。南無。
と思っていると,隣の方が,今年8軒目の葬儀が明日あるとかいわれまして,大変です。

さて,路盤ろばん
100205_090524.jpg

と騒いでいた現場もなんとか

100205_112840.jpg

こんな感じですかりまして,ホッと。

きれい・・・豪華・・・いろいろ思うところはあるのですが,やはり良いモノは良いですね。

隅棟も
100204_141735.jpg
こんな感じで芯木が入ってまして,耐震仕様となっています。


100205_155023.jpg

全体の仕上がりです。
ん?こんなに小さいお堂に何日かかってんの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが,瓦を擦って合わせる作業だけでも大変なんです。屋根の大きさと作業時間が比例するのは当たり前ですが,社寺の屋根の場合は大きさ以上に,特にいろいろとありまして,手間暇のかかる場合が多いのです。
もし,興味のアル方は,いろいろ見てみてください。いろんなやり方や納め方を見ることができます。

そうそう,学校に講演に来ていただいた先生に学校のお茶室でおもてなしすることになりまして,参加させていただきました。私も初めてこの茶室に入ったのですが,築70年だそうでして,歴史と伝統,文化の臭いがぷんぷんしていました。また,講師の方もたいそう喜ばれていました。
100205_132324.jpg
学校の茶室で・・・なんてめずらしいのではないでしょうか。
このあと酒屋さんの見学にも行ったのですが,日本酒の蔵元って,まさにその町の歴史なんですね。
いろんな発見のあった一週間でした。
来週もがんばります。

風物詩

節分でして。鬼の豆なんていうのがありまして・・・。
「鬼の豆つかぁ~さい」・・・と子ども達が町中を練り歩いて・・・いや走り回って,袋の中はお菓子でいっぱい。
どうやら,三原の町中の風景でして,私の住んでる町外れでは見ない光景です。
100203_160846.jpg
それにしても,お菓子を用意する側も大変です。いったい何人来るかわかりませんから。
豆を配るというよりは,お菓子ですから・・・家に帰って豆まきならぬ菓子まきなんて・・・。
三原の町の風物でしょうか。

工場では,品薄のセメントレンガの生産をボチボチしておりまして,なんせ最低限の人で動かしているので・・・ボチボチですわ。
現場では,いよいよ鬼がすかりまして,隅棟の施工に入りました。
100203_154511.jpg
寒い中,時折吹く強くて冷たい風に負けずに職人が頑張っているのですが,現場に行くと・・・ついあれやこれやと言ってしまいまして・・・むぅ~とすることもあるようですが,それでも我慢して頑張ってくれています。
切り込みが浅いの深いの・・・あと1分上げろとか・・・見えなくなるのにうるさいなぁ~ってな感じです(笑。
明日順調にいけば,鳥休みが付く予定でして,
100202_104302.jpg
鳥休みとはこんな格好のものです。
鬼の頭の上に乗るのですが,今回の物は今までの物と少し違っていまして,すり合わせに時間がかかりそうですし,少し気がかりな点もあるので,現場でまたあれやこれやと言ってしまいそうです。

我慢かなぁ・・・。

ひさしぶり・・・

何年かぶりに,新しい路盤の施工がありまして,組み立ててみると・・・面白いなぁ・・・といいますか,屋根屋冥利につきる仕事をさせていただいているのが,嬉しくなりました。

その前に・・・
朝からブロック積みの現場に行きまして・・・・雨にたたられてのびのびになっていたのですが,いよいよ。
100202_090614.jpg
1段積みの現場なのですが,キッチリと差し筋アンカーを打ちまして,高さをだして・・・。
1段積むのも5段積むのも最初が肝心です。
半日で終わる仕事でも,10日かかる仕事でも,やるべき事はキッチリと!

で,先ほどの路盤とは・・・
100202_100611.jpg
これでして・・・お堂さんのテッペンに乗っているのを見たことがアル方も多いと思います。しげしげと見られる方はおられないかもしれませんが。施工方法は・・・長くなるので止めときますが・・・各社各様でして,隅棟を路盤にぶつけるやり方は路盤の意匠が悪くなるので,上に乗せる方法でやることにしています。ま,出来あがるまでお楽しみに。
細かい所が結構大変なんです。

で,本日いよいよ鬼瓦がすかりまして,
100202_162637.jpg
阿鬼・吽鬼がありまして,写真は吽の方なんですが・・・淡路の鬼(メーカーによるのか?)は見分けがつきにくいのでして,裏の鬼を逆に付けていてビックリ!急いで取付け直させたのでした。危ない危ない。
確かに見分けにくいので,職人も・・・あぁぁぁ!そうかぁ!とビックリしていました。
棟を巻く前でセーフ。
チェックポイントが他にもいろいろあるので,気をつけるように指示。
あしたは,いよいよ路盤を取り付けるハコの作成~棟巻です。

屋根屋の血がさわぎます・・・(笑

そうそう,携帯電話は便利で良いのですが,今日に限って電話が多く・・・既に電池が切れそうです。
そんなこんなで,バタバタと一日が過ぎてしまいまして・・・やり残したことがいくつか。

明日もはりきって,営業にあるかないと。

論語語録?

昔の人は良いことを言ったものです。
国の東西を言わず。
ホントに。

今日は雨でして,現場はお休み。工場では次の生産の準備で閑か。配達が少々。事務所も閑か。
こんなんで大丈夫か?
いや・・・あせらない,あせらない。

昨日,雨樋の現場調査の依頼がありまして,雨の中伺ったのですが・・・そう雨でして屋根には上がれず,少々お話しを聞きまして,後日あらためて伺うことにしました。前にお世話になった建築屋サンの依頼でして,築50年ともなるといろいろとあるようでして,頼みたいことが他にもあるということで,連絡をしておきました。
家が古くなってくると,いろいろと不具合も出てくるのはしょうがないのですが,メインテナンス次第で持ちも違ってきます。芯まで悪くなる前に対処をすれば,まだまだ大丈夫。

昼から銀行の方がこられて,いろいろと「わるいねぇ~」なんて話しをしたのですが,用事もなんとなくわかるので話しをはぐらかしていたところ,なんと中学・高等学校の先輩であることが判明。そっちの話しで盛り上がったのでした。30年以上も前の話ですから,思い出すのに時間がかかるのですが,同窓というものはやはり良いですね。少し離れた学校に行ってた者ですから,特に。結局最後の最後に用事を言われまして・・・・御希望にはお応えできなかったのですが。

春の来ない冬はない・・・とか言いますが,ちと長い冬。
どっかの業界がバブルにならないと,難しいのかもしれませんね。
過去の例から・・・バブルの後が大変なのはわかってはいるのですが。

一番簡単なのは,土地バブルかな?

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード