FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨漏り

梅雨時期に多いのが,雨漏りの電話でして・・・原因が直ぐ分るのが3割,瓦をめくったりいろいろしてわかるのが3割,どんなに調べてもわからないのが3割・・・残り1割は!?
そのうち,瓦が割れていたりズレテいたりっていうのは,1~2割。葺き方が悪かったりするのは1割くらい。では何が原因?というと・・・谷の銅板に穴が開いているのが結構あります。今でこそステンレスの谷が当たり前になっていますが,ステンレスが使われる前は圧倒的に銅版が多かったのです。雨のしづくというのは,石の彫刻が出来るくらい強力でして・・・とは言ってもそんな事をするとなると何年~何十年もかかると思いますが・・・気を付けないといけません。特に最近は酸性雨だとか黄砂だとかの影響も少なからずあるのではないかと思います。
そうそう,瓦にもいろいろありまして,特に注意がいるのがセメント瓦(多いのがS型スレート)。安価で緩勾配でも葺ける良い瓦なのでかなり出回ったのですが,年月を経て塗装が剥げると地が出てきます,そのままにしておくとセメント瓦の表面が風化して行きますので当然弱くなりますし,水を吸ってしまう場合があります。
塗装は・・・壁でも同様ですが・・・・防水効果があるのは7~10年なんて言う人もいます。
実際には初回で15年くらいまででしょうか?その頃吹付けし直せば次の10年くらいはもつかもしれません,が,これを放っておくと,セメントの風化が始まりますのでその状態で吹付けをしても数年で剥がれているなんて事を聞いたことがあります。
(塗装は専門ではありませんので,あくまでも経験上の話をしています)
たしかに,瓦の下にはルーフィングを敷かれていますし,モルタル壁の中にも貼られていますが,その防水効果は一生持つ訳ではありません。早めの手当てが大事ってことですね。でも・・・お金もかかるし,なかなか簡単な話ではないですね。
そうそう,パラペットに向けて屋根の下りてきている陸樋の排水場所が詰っていて雨漏りなんて事もあります。一般の屋根でも樋が詰まったり,雪の重みで逆勾配になっていたり・・・という原因で雨漏りに繋がっていたケースもあります。いろんな状況を考えると,屋根の点検て大事なんですね・・・・本当は・・・ま,なんでもそうですけどね。
もし,雨漏りで何か聞きたい事があれば,コメントにお願いします。

家を解体する前に,記念に鬼がわらだけ降ろして欲しいっていう現場ありまして,全部で20個以上。
P1080737.jpg
この棟鬼なんて綺麗でしてまだまだ十分使えそうです。えっ?綺麗でない?・・・いぶし瓦はこの少し黒ずんだりしたところが出てくるのが良いんです。年季を感じますし,重厚感もでます,何より”わび・さび”を感じるのです。
取り外した棟は
P1080739.jpg
こんなんなってしまいました。鬼の無い棟・・・悲しみ・・・です。

雨漏りの現場に行ってきました。
P1080814.jpg
このような状況でも,瓦からは漏っていませんでした・・・・それはそれで驚き。
雨漏りは,パラペットの内側から外に伸びている樋が詰っていまして,そりゃ雨の逃げるところがないので,漏りますわ。全く流れてなくて,海になってる訳です。今まで良く我慢されていたと・・・。

今入っている現場では上屋根の古瓦降ろしと地葺きがおわりまして,下屋根に。
なんとも珍しい屋根地でして・・・
P1080890.jpg
確かにかなり古い屋根なのですが,土ぶきでもなく・・・おそらく瓦と屋根地の間を広くとって空気層をつくられていたのではないかと・・・!???
他にも理由はあろうかと思いますが・・・昔の方はいろいろ考えられてますね。

まだまだ勉強が足りませんし,工夫が足りないな!と思う今日この頃でした。
スポンサーサイト

梅雨?

今日は昼までは天気がもったのですが,昼から雨。このまま梅雨に入るって話もありまして憂鬱になります。
フェンスしたのブロックの塗り作業は中止,モルタルが雨に打たれると補修に入らないといけないし,思い切って休みました。
屋根の方は,出来るところまでやる!と言って職人が出て行きましたが,切りのいいところまで進みましたので,安心です。雨漏りをさせてはなりませんから。

フェンス工事の現場で,何の気なしに下の方に目をやると・・・・クローバーが・・・でハッパが4枚。
こりゃ縁起が良いわい,ってことでパチリ。
DSC_0016.jpg
ま,何も言い事は起こらなかったのですが・・・。
悪い事は・・・起こったかな。ふぅ。

家の方では,今年もツバメがやってきてまして,
DSC_0017.jpg
よく覚えてるなぁと感心。でも,ウンチはなんとかしてくれないかなぁ。

そうそう,アメリカでは竜巻被害が大変なようでして,100人以上亡くなってるそうです。また,建物の被害も物凄く・・・東北の惨状に近いものがあるかもしれませんね。こちらでも,アメリカ軍が出動しているのでしょうか?
アメリカの広大な大地は羨ましい事もあるのですが,さすがに竜巻はいらないですね。
カトリーナはハリケーンだったとおもいますが,国も大きれれば自然現象も凄いですね。なんとかならないものなのでしょうか?!
昔,小学生の頃読んだ本では,台風?を弱めるために戦闘機で台風の目に向かって”何かの”ミサイルを撃ち込むなんて話が出てたのですが,あれはガセだったのかなぁ。子供心に感心したのに。

地球上に住んでいる以上,自然現象とどう向き合うかを考えるかって事を思うようになりました。

また雨_?

明日からの予報は,また雨・・・しかも2日。
古瓦をはがすべきか,思い切って中止すべきか!?明日の朝の状況で決定する事に。
それにしても,梅雨までカウントダウンなんて・・・今年は早いのね。

今葺き替えに入っている現場は,袖瓦を見掛袖瓦というのにしてまして・・・そのうち?写真を載せたいと思います。余り使わないのですが,古い屋根に使われていたので今回も使用することになった・・・というか,提案して通ったのですが・・・カッコいいですね。このちょっとしたアクセントが屋根になんとも言えない気品をもたらします。個人的には好きなのです。
そうそう,この見掛袖ってのを車袖って呼んだり,垂れ付き袖なんて言ったりする人も居ますね。今回使用するメーカーでは見掛袖って呼ぶようです。ま,メーカーによって違ったり産地によって違ったりする・・・これが文化的なとこなのです。

明日雨が降ると屋根の現場も困るのですが,フェンスを付けている現場もモルタルを流せません。雨に打たれるとどうしても跡が残るので,後日って事になりそうです。

この手待ちの間が辛いのは外の仕事をする者の避けて通れないところではありますが,少しくらいならシートを張ってでもするのですが,今回は無理。

それにしても恨めしい雨の予報なのです。

バタバタの内容にもよる!

今日は朝一番で,仕事に入る現場に挨拶に行き・・・・そのついでにご近所にお土産を持って回って・・・いると電話が鳴りまして。
雨漏り現場から・・・
「今大工さんが壁のボードをはがしているからすぐ来て!」って・・・無理です。30分後に行くように伝えて・・・バタバタと御近所を回ってから,施主様と話をし,職人に指示をだして・・・
先ほどの電話のあった現場に行くと・・・
なんと,大工さんがどこから漏っているか調べるためにそこらじゅうに水をかけたそうでして,今水がはいったのか前に入ったところなのかわからなくなってまして・・・・愕然。
しかも継ぎ足しの屋根でして,古いところからか新しいところからか・・・わからなくなってしまってました。
それに,ホースの水をそのままかけると水圧がありますので,普通漏るのです。シャワーでジョロジョロってかけないと。実は一般的な大雨でもホースの水がかかるほどの雨はあり得ません。
しかも,その大工さんはこの増築をされた方ではないそうでして・・・建築屋さんの指示で来たとのこと。ここは,こうなっていたのをこうして・・・・なんて話をしても・・・「それはわしは知らんわ」ってことになりまして話が進まない。大工さんとしては,ここがこうのはずなのに,ちゃんとやってないんじゃないか!?って話をされるのをいちいち,ここはこうしてるからここではない!って1~10まで説明。
ま,ラチガ明かないので,蔵の壁を切って際のしを巻きなおす事にさせてもらいました。で,なぜか施工されていない雨押さえの板金もついでに当社でする事にしました。
なんで,板金が途中で切れているのか私には理解不可能なのですが,そりゃ,昔の蔵なんだから少々塗装を吹付けたくらいでは,漏るかも?!土壁だろうし。ま,施主は良く知っている人なので,施主と私が納得できるようにすればそれが一番。この際,瓦工事以外のところもひっくるめて面倒見させていただこうと思っています。建築屋さんをどうのと言ってもケンカにしかならないですし。日頃から付き合いのあるところではないので,難しいですね。
明後日から雨の予報なので,とりあえずはシートをかけに来る約束をして,見積もりを・・・と思っていたら電話がかかってきて,現場をすぐ見に来てほしいって・・・。直ぐって・・・もぉ。で,とりあえず行ったのですが,ブロックの段数がどうとか,すかしがいるとか門柱もいるとかいろんな話になりまして,結局見積もりをやり直す事に。なかなか決まらないので,こちらからアドバイスをするのですが,かなり悩まれまして・・・・とりあえずは,4回目の見積もりをすることにして屋根の現場へ。
古い屋根板が腐ってはないのですが,隙間がなんせ多い。スカスカってやつでして,その上にコンパネを増し打ちすることにして,その段取り。
で,現場写真をとってから・・・・さすがに昼飯を食べようと思って時計をみると12:40・・・そういえば,職人が休んでいたなぁ・・・・。おぉ!今日は,かみさんが外出・・・で,久しぶりに7-11のお弁当を買ってみました。案外おいしいのね。カップのみそ汁も・・・。
さすがに疲れたので,少し横になってから,見積もり&請求書をバタバタと・・・・。
朝からここまで電話何回したかな・・・受けたほうが多いかな・・・なんて考えながら,久井へ。バタバタっと片付けて,高坂の用事をすっとばして,明日のポスト&フェンス工事の段取りをして,気がつけば17:00.
今日は,歯医者で虫歯治療・・・あの,ちゅい~~~んてのが嫌いなんですが,仕方ない。削るので痛かったら言ってくださいねなんて言われると,よけい怖くなるんですよね。なんせ,あの甲高い削る音が大嫌い。手に汗握るわけです。
で,ドップリ疲れたのですが,
”そういえば,電話がなってたなぁ”と思って見ると着信が4件。
とりあえず留守番電話を聞くと
「運転手が配達の帰りにしころ屋根を引っかけて壊した」って・・・おひおひ。
とりあえず,ブロック工事の元請けに電話して,その事を伝えると,「わしもいく」ってことに。
歯医者から現場に直接むかったところ,屋根工事から帰った職人と運転手と出くわしまして,3人で現場へ。
家の人と元請けさんがあれこれ話をされていたのですが・・・みごとに引っかけてまして・・・がっくり。
が,家に置き瓦があったので,とりあえずは補修。
後日,垂木と屋根板,破風板・・・そうそう,樋金具,横樋半丸105,に上戸を用意して修理に来る約束をしたのでした。
そうでなくても,今日中に終わらせる仕事が残っているのに・・・・とイライラ・・・・してもしょうがない。ここは,ぶちっと言って・・・・あとは穏便に。
で,ここから,接骨院にまっしぐら。
なんとなく,生産性の薄いのにやけに忙しい一日でした。

ま,そういう日もある。

そうそう,久井では,耐震化した棟工事について家の人がいろいろ言われたのですが,他の業者は今でも赤土使ってるところもあるって話や・・・ま,いろいろと。
細かいところでは,古い瓦を巻きなおしているので,少し汚れがついたりしてました。
それをどうのこうのとは言われないのですが,金額について(当然見積もりは出しているのですが)
「○○万円丁度くらいになるじゃろ!」って・・・
「えぇええええ,いや,いくらなんでもそりゃ無理ですが」
なんでそんな数字が出たのかわからないんですが,この方にはそれなりな計算があったようでして,まいりました。
いくら説明しても,南蛮はどうせ○○円くらいなもんじゃろ!と勝手に金額をはじかれたようでして,その時点で計算が違うのですけど・・。そんなに安くないんですけど…。
結局のところ,両者が折れるという形に。
「値段を決めるのはお客様」なんてのをコンサルタントが言ってたのを思い出しましたが,工事に不満がなくても金額は別なのかと。
かといって,無茶に高い見積もりを出しておくなんてのは出来ませんし,それをすると当社が高いって噂があっという間に広がるでしょう。
長い目で見て考える事も必要なのが,誠心誠意でしょうかね。

暑さと黄砂

このまま夏になるのか?と思うくらい暑いのですが,そんなに甘くはないでしょう。キッチリ梅雨が来るのでしょう。が,ま,それはさておき,この暑さだけなら暑いねぇで終わるのですが,黄砂にはむかつきますね。
なんだかイライラしてしまいます。なんせ,黄砂アレルギー?かどうかハッキリはわかりませんが,くしゃみや咳が出るのです。花粉症の人はもっと大変なのでしょうがね。
まいります。

さて,久井の現場の方も終わりまして,明日は修理2軒です。
営業に行ったおうちも何とか決めて頂きまして,いろんな話の中で・・・つい「家紋サービスさせてもらいます!って言ってしまい・・・しまった(笑。
DSC_0015.jpg
大きな家なので,まっ,なんとかなるでしょう。
非常に喜んでおられたので,良いとしましょ。

そういえば,先週の土・日に業者さんの展示会があってお手伝いに行ったのですが,ちょっと見ない間にいろんなものが出てるんですね。
DSC_0014.jpg
ニトリ対抗製品なんて話もありまして,ユニットバスが35万円(工事別),システムキッチンが40万円(工事別)って・・・どうなってんの?”お値段以上・ニトリ”ってCMが流れてましたが,一部では”お値段異常・ニトリ”なんて言ってる人もいたくらいでして・・・・物の善し悪しは別にして,他メーカーも対抗しないといけないんですね。確かに,善し悪しは別にして,我慢できるくらいではありますし。
太陽光発電も・・・気にされている方も多かったようです。当社は出品しなかったのですが,材木屋さんが幟やパネルやカタログや・・・・いろんな物を置かれてました。

勉強不足だわ。いかんな。がんばらねば・・・。

強力棟金具の是非

瓦の施工に関するガイドラインというものが出来て何年も経ちますが,全く無視して施工している業者の数も多いとか・・・確かに”瓦文化”を考えると問題があることはわかるのですが,守る必要が無いという考えはどうかと。というよりは,文化をとるか規則をとるかということになるのか?
ニュースでは,橋下知事が君が代斉唱の時に起立をしない先生を辞めさせる事ができる条例成立を目指すとかいわれてますが,確かに”ルールを教える教師がルールを守ってない”ってのはおかしという知事の意見は正しいと思うのです。日の丸君が代の是非ではなくて,ルールを守りましょうということですから,これに意見をする人は頭がおかしいんじゃないかとさえ思うのです。が,”自由”という切り札を持ち出していろいろと言う評論家の先生の意見はどうかと・・・。私は,学校で”自由というのはルールの中で活きる”と教えられてきたので,ものすごい違和感を感じるのです。公がどうだととかいろいろ言われても私にはわかりませんが,唯一はっきり理解しているのは,先生がルールを守らないと,その先生に教えられた子供がルールを守らなくても叱ることはできないということでして・・・。ルールを作っても罰則がないのであれば,守らないってのは・・・・車のシートベルトがわかりやすいですよね。
と,話がずれましたが,これと似たような話なのかなぁ・・・と。つまり,ガイドラインを作ったは良いが強制力は無いわ罰則はないわ・・・では,守らない人がいても仕方のないことなのかな。
当社の場合は,ガイドラインのお陰で,青海や輪違いを使わなくなって何年も経ちますが,耐震を考慮した工法や瓦があれば進んで使用したいとは思っているのです。青海熨斗はOKですから。

で,現在古い屋根の棟を強力棟金具を使用して耐震化している現場では,
P1080609.jpg
このようにステンレスのボルトを使った工法を標準としています。
これが最高で一番良いかどうかはわかりませんが,今現在はこの方法が最良と考えています。

そうそう,
前の大雨で雨漏りをしたという家を伺って屋根の上にあがってみると,
P1080660.jpg
落ち葉が目いっぱい積ってまして・・・こりゃ大変。
瓦の修理の跡もいろいろとありましたが,谷の落ち葉と樋の落ち葉も原因。
で,落ち葉をさらって・・・・ついでに瓦の修理の見積もりをする事になりました。
いろんな業者がいろんな事を言ってきてるみたいですが,”ものすごい”事を言われたいたみたいで困られていました。
まだ,そんな営業をしている人がいるのか・・・気を付けないといけませんね。

P1060884.jpg
会社の前で佇んでいまして・・・何を思っているのか?狙っているのか・・・・???
青鷺ですかね?

高知紀行

今日も天気も良くて仕事日より。それが,夕方に夕立がありまして,ビックリ。
しかも,竹原では全く降ってないのに,三原に帰ってくると雨の跡がありまして,こんなこともあるものだと・・・。

で・・・遅まきながら高知紀行・・・って程のものでもないのですが,お約束ですので。
その前に,家を片付けていると懐かしいものが出てきまして,
DSC_0002.jpg
良く見えませんね・・・
背中に DOS/Vフェア IBM って書いてありまして,なんかのイベントの時に着てたやつですな。もしかしたら,アキバのThe Computer館にサポートに行ってた時に着ていたのかも?!

ま,それは置いておいて
DSC_0010.jpg
DSC_0011.jpg
高知と言えば,皿鉢料理(さわちりょうり)。なんだか有名な料亭のようでして・・・ごちそうになっておいて言いにくいのですが,要するに寄せ集めの大皿盛料理で,変わったものもあるのですが,そんなに美味しい料理?って感じでした。正直。但し,カツオのたたきは美味かったですね。
料理がどうこうよりも,旧友を温めたのでした。
で,
お決まりの桂浜では壮絶な混みかたでして,いまだに龍馬伝フィーバーが続いているような気がしました。
P1080529.jpg
龍馬と同じ目線で太平洋を見たかったのですが,長蛇の列であきらめました。
近くに,
DSC_0008.jpg
こんなものがありまして,クジラの水飲み場とは洒落てますな。

P1080547.jpg
高知城はやはりこの角度が一番よかったのです。

P1080558.jpg
P1080559.jpg
絵金博物館だったっけ?・・・では,中よりも瓦が気になりまして,こんな珍しい瓦は見た事も葺いた事もなかったので,記念に写真を!でも,この勾配で雨が漏らないのか心配なんぞしてみたりもして・・・。

P1080560.jpg
瓦棒の棒の部分に小さい丸瓦を葺いてまして,これはなかなか参考になるかなと。旅はしてみるものですね。

P1080573.jpg
岩崎弥太郎生家も人がぼちぼちいまして,龍馬人気のお陰かな?!

P1080574.jpg
近くにこんな時計台もあったのですが,民家だそうです。おどろき。

P1080576.jpg
跳ね橋といえば,普通両方の橋げたが上下すると思っていたのですが,さすが土佐!一本でやってました。

そういえば,高知で多かったのが
DSC_0012.jpg
この表示。
「たっすいがって何?」って聞くと,弱いってことって教えてもらいまして・・・さすが高知,ビール(さけ)に弱いのはいかん!ってことかぁ!!!と納得しているとそうでないってことでして,
アサヒスーパードライがビール業界を席巻した時に,キリンも苦みを抑えて弱めの味にしたらしいのですが,高知県人はそれを”弱い”と感じたそうでして,”こんなパンチのないよわっちいラガービールはいけん!”と抗議をしたらしいのです。で,高知は味を戻したとか・・・。他はどうなのかな!?
ようするに,よわっちい味のビールはいけん!と言うのをコピーに使ってるわけですな・・・なるほど。

ってなわけでした。

やっぱり

福島原発1号機でメルトダウン・・・というニュースを聞いて,”やはり!”と思われた方も多いと思います。
特に,ヨーロッパの人はそうだったようですね。
専門家っていう方々もかなりな確率で予想はしていたのだと思うのですが,混乱を避けるために黙っていたのでしょうか?パニックを起こすことは良い事ではないのですが,真実を隠す事はもっといかんのでは?
と,”子供の頃に親からきつくいわれ”・・・なかったのでしょうかね!?
それにしても,いったいどうなる福島原発。これだけ技術が進歩しても”だめなものはだめ”ってことですね。

そんな事はどぉでもいい・・・・いや,良くはないのですが置いときまして。
天気が良いもので,仕事の方も順調に進んでいまして・・・ところが天気が良すぎて暑くなりました。春から一気に夏かいなぁ。という感じでして,徐々に体を慣らすことで夏の暑さを乗り越える屋根屋としては,少し早くきつくなってきました。
が,コツコツと仕事をしてゆくだけです。
今の心配は・・・梅雨ですね。
実はこの前の大雨で雨漏りされた方から電話がありまして見に行ったのですが,これが少々やっかい。というよりは,わかりにくいところ。家の方はシルバー人材センターに問い合わされたようなのですが,さすがにあの箇所が原因とは植木屋さんにはわからないでしょう。というのは言い過ぎかも・・・。
外から見ると瓦のどこも悪くはないですし・・・。
結論を言いますと,樋。しかも,ほんのちょっとしたところなので,見落としても仕方のないことです。
ということで・・・・
修理をすることになりまして,いろいろと説明をしたのですが,納得して下さったようでして・・・・とりあえずは,見積もりをすることに。お客様の希望で,ついでに樋を全部取り換えることで。

さぁて,見積もりしよ。

お久しぶりです。

あっという間に5月13日でして,結局ブログを疎かにしている間に,土砂降りの雨が降りまして,屋根の仕事は3日中断。でも,そのうち1日は,軒の下で段取りをしました。
棟の巻き替えの現場なのですが,これまでの銅線大回しから,強力棟金具仕様に変更。
そのため,降ろした瓦に細工をするわけです。熨斗雁ぶりに穴をあけて緊結線を取り付け,熨斗を割ってそれぞれに緊結線を取り付ける。ま,こんなところですが,これが結構手間でして,十分1日仕事。
この現場は築30年以上なので,すでにこの瓦のメーカーは存在しない状況なので,補充ができず,気を付けて仕事をしないと大変な事になってしまうのです。
ちなみに,陸棟は輪違いが使われており,解体した下り棟の熨斗を強力棟として使うわけです。で,下り棟はナシとなります。
施主様は,鯱も降ろしてくれといわれてまして・・・かなり地震に神経質になっておられまして,いろんな説明をしたのですが・・・それでも・・・恰好が良い方が良い・・・なんて話にもなりまして・・・う~む。
結局,今と同じ大きさの鬼をつかって,甍唐草から棟を巻いてあがるってことに。
ま,入母屋屋根ですから,あまり恰好の悪い屋根にしたくないという思いが強いようです。
気持ちわかります。日本人ですから。

で,高知紀行はまた・・・・・って,いつになるのか?!(笑

こし・・・いやしりがぁ~

どこかを悪くすると,健康に感謝するってのが通例でして,座っていると・・・尾骶骨のあたりが・・・いや,尾骨か?・・・う~む・・・そのあたりが痛み出しまして,長く座っていられません。
ということで,連休のロマンの旅紀行はまた今度。

仕事の方は,朝からあれやらこれやらでバタバタしたのですが,問題は明日からの雨。予報通り降るのかなぁ!??

霞か雲か

今日は特に朝から調子が悪い・・・と思ったら黄砂。
まぁなんということでしょう。遠くの景色が霞んで見えるのです。霧がかって見えるというのは,神秘的なのですが・・・そんな”ばやい”ではないのです。
環境に力を入れているお隣?の中国では・・・法整備もそこそこでして,この黄砂に何がくっついてきているかわかったもんじゃない。黄砂注意報って出てるんでしょうか?
一時期,紫外線注意報が夏にでて・・・その間は外で体育の授業をしないなんてことを聞いた事もあるのですが・・・・あってます???
気の良い日本人は,抗議しませんが・・・・これが逆の立場だったら中国ってやれ保証だのなんだのといちゃもん付けてくるんじゃないのでしょうか?まぁ,いちゃもんはさておき,黄砂を詳細に調査して,外交ルートからなんとかせぇって言っても良いんじゃないのかなぁと思うのです。乱開発が原因なんて話もあるし,カドミウムや水銀が付着してるなんて・・・まずいでしょ。

そういえば,黄砂はとにかく・・・天気は良いので仕事は順調です。
強力棟金具仕様の棟巻き作業も順調でして,もう2~3日でかたがつきそうです。天気次第ですが。
が,暦通りに営業している当社としては,この飛びとびの休みでなんだか変な気分です。特に今日は静か。
29日を出勤にして,今日を休みにし,5連休にしている会社も多かったのでした。

明日から3連休なので,ゆっくり休もうかと思っていたのですが,24年ぶりに人に会う事になってので,歴史とロマンの旅に出る事になりました。
でも,人は多いんだろうね。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。