瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

棟換気

明日から7月かと思うと・・・なんと早い事かと・・・そういえば,誕生月でもあるし・・・また一つ歳をとる。
まぁ,いっぺんにいくつもとることはなくて,毎年1つづつしかとらないので,良しとするか。

今朝はまぁまぁ涼しかったのですが,そんなに甘い天気が続く訳が無く・・・きっちり暑くなりまして,体調にきをつけないといけませんね。

新築の現場に顔をだして,修理の現場に顔を出して・・・・色々と指示をして,瓦塀の現場の進捗状況を確認して,昨日終わった現場の完工写真を撮ったり,見積もりしたり。
ま,本日もいろいろとバタバタ。

問題も色々と起きまして。

新築の現場では,棟換気をとる事になっているのですが,寄棟の為に陸棟が短くて十分な容量をとれないのです。そこで,隅棟からとるようにしていたのですが,隅木の上に垂木がきて空間があると思っていたら・・・なんと・・・隅木に垂木がぶつけてあるので空間がとれません。ということで用意した棟換気の部材が使えない。
そういえば,野地換気用の部材があったと思っていろいろ仕入先に連絡すると,2軒とも”知らない”ようでして,「こりゃだみだぁあああ」ってな感じでして,知り合いの瓦工事屋に電話すると”あぁ~あるねぇ”ということで名前を聞きインターネットで調べたのですが,なかなか思うようなのが出てこない。そこで,もう1軒の仕入れ先に電話をすると”ありますねぇ,在庫はないのですが”・・・で,即注文。すると,納期が7月6日って・・・。遅すぎ。でも,仕方ないので,注文したのでした。
しばらくして,そこから連絡があり”本社が在庫を持ってました”って・・・ふぅ・・・なんとかなりそう。但し,思っていた商品ではないので,来るまで少し心配なのですがね。
必要本数の計算をして・・・ま,いろいろと。
確かに,小屋裏換気は大事でして,いろんな商品が出ています。が,今回こんな落とし穴があろうとは・・・勉強になりました。

今度から,垂木の留め方までちゃんと確認してから発注ですね。
スポンサーサイト

暑いなんせ熱い

心頭滅却すれば火もまたすずし!ってよく言ったもんですが,暑いものは暑い。

でもね・・・屋根屋は暑い寒いなんて言ってたら商売になりません。

本日,平板瓦を葺く現場が終了。ここは色々ありましたが,ま,無事に。
バンポーライトの張替も終わり,地震で傷んでいた棟の修理に。
明日は,新築が建つので夕方にはルーフィング貼りですな。

そうそう,今日久しぶりに”おししょさん?!”ではないか???の処に挨拶に行ったのですが,「忙しそうみたいだね!」と言われ・・・ん?なんで???と非常に不思議に思ったのです。久しぶりに会うのに。
それに,別に忙しい訳でもないので,どこから”がせ情報”が回ってきていたのではないかと・・・。
まぁ,暇とは言いませんが,忙しくはないので・・・こういう場合はどうこたえて良いのかといつも思うのです。
日本には「武士は食わねど高ようじ」っていう言葉がありまして,日本の文化だなぁと思うのですが・・・「忙しいみたいだねぇ」と言われ・・・そうでもないと言うのも良いものではないし,そうなんですと嘘をついても仕方ないし。
「忙しいのか?」と聞かれれば質問に対する答えとして「仕事が切れない程度にボチボチやってます」っていうくらいの反応はできるのです。まぁ,大した話ではないのですけどね。
気にかけて頂いてありがとうございます・・・もしかしたら,これが正しい返答なのかもしれませんね。

そういえば,今日は”東京電力の総会”の日だったとおもうのですが,かなり揉めたでしょうかね?どんな受け答えがあったのか,どうせTVで面白おかしくやるのでしょうが,東電の責任<政府 と思っているので,私は複雑な気持ちです。どうせ,ボロボロに言われても東電側としては,一生総会が続いて責められるわけでもなし・・・時間が来るまで我慢くらいに思っているかもしれません。東電は一旦潰して,国有化にしたらどうなのかなんて人もいましたが・・・そんな話もでる・・・わけないか。JAL(とは内容が違いますが)に続いて東電も潰すなんてことになると,株を保有している人はそれこそ真っ青ですね。いや,人ではなくて国とか銀行とかかな。

それにしても,このまま夏突入となると・・・ちといろいろ問題がありまして,適度な雨もお願いしたいと思うのです。何事も適度が大事だと。

夏真っ盛り?

今日も・・・熱いって。
ダウン寸前です。でも頑張らねば。

不愉快指数?

毎年感じるのですが,湿度の高い高気温はなんとも気分が悪い。カラッと晴れたらどないな!と思うのです。
職人もばて気味でして,このまま夏に突入なんてこともあるのかもしれません。
週末は雨の予報ですが・・・。

改築や補修や駐車場工事やら・・・今日も天気だけは良いので,順調に進んでいます。熱中症に気を付けてがんばらねば。

今日は・・・本当に疲れました。

では,明日もがんばりましょう。

強力棟金具って当たり前?

今日も蒸し暑くて少々くたびれましたが・・・雨よりはいい。ただ,蒸すのはきついですね。
そんな中・・・昨日終わらなかった現場を済ませ,尾道の修理に行き・・・三原に戻って雨漏り修理&棟の巻き替え(当然強力棟仕様で)&バンポー張替の現場へ。
数日前の天気予報では,今日は強雨だったのですが・・・梅雨だからころころ変わるのです。週末が雨って事になっていますが,こちらもどうなる事やら・・・。

で,震災関連のニュースに瓦工事の事が出るようになってまして・・・瓦は重いからダメっていう番組になってないってことは,配慮なのか・・・よく勉強されたからそれが間違いって事に気づかれたのか?わかりませんが・・・。福島の屋根屋が大変て事だけはよく伝わる番組になっています。
どれもが,”ノイローゼで瓦職人に自殺”まで出たことや1日数件の修理をしても,今でも依頼が20~30軒くるってことです。しかも電話の中には,”手抜き工事ではないのか?!”といったクレームも多いそうでして,心身共にまいっておられるようでした。そんな中,先月自殺者が出たというのは残念な事ですが,皆自分がかわいいですし,我先っていう気持ちもわかるのですが,未曾有の震災なので,屋根工事についてもお互いさまの精神でなんとか冷静に待って頂きたいと思うのです。TVに出ていた会社も強力棟工法で修理をされていたので,今までよりも手間がかかっているようでした。わかります。
当社でも10年前の芸予地震の時は,大変でした。”手抜き”なんて言われるのは心外ですが・・・その工事をした時の工法としては普通の工法でやってましたし,こんな大地震についての対応までどこも考えてなかったというのが正直なところです。耐震意識が変わってきたというよりも,芽生えてきたのは,阪神淡路大震災や鳥取地震などによって,保険,建設,関係組織他もろもろをひっくるめて”これじゃいかん”ということで。
瓦工事のガイドラインが出来たのもその後の事です。
芸予地震当時はまだ棟金具は使っていませんでした。棟木からトンボで緊結線を引っ張って冠瓦を留める方法でした。これでも十分だと思うのですが,ガイドラインの例示工法では,金具を使うことと冠瓦はビス留めってありますので,(少々首をかしげながらも)基本的には遵守しています。では,むくり屋根やそり屋根は?って事にもなるのですが,可能な限り遵守しています。ごく普通の一般住宅なら大丈夫なのですが,入母屋とかお寺とかは結構大変なんですけどね。
そういえば,福島でもそうかもしれませんが,芸予地震当時お客さんは,何軒も屋根屋や建築屋さんに電話して”早くやってくれるところでする”という人が結構な数おられました。気持ちはわかるので,こういう時に組合がうまく機能出来ればいいのでしょうが,う~む・・・難しいかな。
そうそう,当時当社では,300軒弱の依頼がありまして,最終的には230軒くらいの修理と葺き替えをさせていただきました。1年半くらいかかったでしょうか。その時に呆れたのは,「うちには依頼が1000軒超えた」とか言って喜んでいた屋根屋がいまして,”あほか!”と。そんなにお宅は棟が崩れてうれしいのか?!と。
こんな人がいるんだ,とビックリしました。
確かに,自分でした工事の屋根ばかりではないでしょうし,お客さんの中には”やってもらったところには頼まん!”という人もおられました。ですから,一概には言えません。数の多少で全てがわかるわけではありません。

あの大変な時の話で一番うれしかったのは,造成して5軒建った家の内当社で葺いた屋根だけは棟が崩れなかったのでよかった,残りの4軒はみごとに崩れた・・・と言う話を聞いた時でした。崩れた家の方は災難だったと思いますし,それを喜んでいる訳では決してありません。
その方は,”隣の屋根はちゃっちゃとやって早くしまったのに,うちのは結構かかるんねぇ”と言って申し訳なかったなんて話をされまして,心の中では”たまたま崩れなかったのかもしれないのかも?”という気持ちと”うちの職人がきっちり丁寧な工事をしてくれたからか?”という気持ちで揺れていました。

さて,この震災で棟金具が注目されているようですが,過信は禁物と肝に命じています。瓦と言う伝統文化と日本人の(密かな)心のやすらぎ・よりどころをどう守っていくか・・・なんていうと大げさなのですが・・・こういう時だからこそ,しっかり考えたいと思います。

そういえば,当社にはいろんなお客さんがこられまして・・・
1DSC_0032
P1090220.jpg
・・・なかなか自然と親しんでいます。

今日18:00待ち合わせで安芸津の現場に行った時にお隣が・・・
P1090216.jpg
P1090217.jpg
P1090219.jpg
こんな感じでして・・・菊間のかわら館を思い出しました。
すごい細工ですね。
無くしたくない文化ですね。

必要と不必要

今日は本当に天気が良くて・・・・暑くて”夏か!?”と思うほどでした。
が,仕事が終盤で今日終わる予定になっているにも関わらず・・・ま,要するに終わらなかったってことです。
で,明日は雨???う~む,思うようにはいかん事です。

そういえば,今日の”朝ズバ”で福島かな?の瓦屋さんの話が出ていまして,自分の家や会社が津波で流されたにも関わらず,一生懸命屋根工事に取り組んでいることでした。職人は足りないわ,瓦は足りないわ,休みは無いわ暑くなってきたわで本当に大変そうです。応援に行きたいのは山々ですが,こちらも今は無理でして・・・。
問題なのは,栃木や茨城には応援が結構入ってるとの事ですが,福島は原発問題を抱えているので誰も来てくれないとのこと。確かに,自分も逆の立場なら行かないと・・・・あきらめの様子。実際のところどうなんでしょ?
原発の作業員に被爆上限値を超えた人が出ている訳ですから,そこまで命をかけて手伝いにいけるか?という難しい問題が・・・。
TVの中ではJ型の瓦を製造するメーカーが減ってF型に移行していたのも仇になっているとのことでして,F型嫌いの私にとってもただ事ではないのです。F型は屋根屋でなくても施工できる代物ですから,瓦職人が不足しているのもうなづける訳です。
なんか,しらないところで伝統文化をないがしろにしているなんてのも,今の日本らしいのかもしれませんね。
ちと,変な文章になってますね。

そうそう,今日,NTTから電話がありまして・・・電話帳からインターネットへ広告を変更されてはどうかとの事でして,お断りしたのですが必死に食い下がって来られまして,一応話を聞く事に。
私どもの会社のホームページを探したけど見つからなかったって話をされたところで,話を聞く気も無くなったのですが・・・何故かというのが気になったので,
「会社名ちゃんと入れました?検索エンジンはどこの?」と聞きますと,
「ちゃんといれました。googleで検索しました」って・・・・gooじゃないの?NTTなのに????
ま,それは良いとして,カチャカチャ音がして・・・
「ありました,でてきました・・・でも移行中なんですね」って,
その後は・・・なんかあほらしい会話が続いたので・・・飛ばします
結論から言いますと,お断りしました。
なんせ,質問しても遠回り「いや,そんな事を聞いてるんじゃなくてね・・・とりあえず質問に答えていただけませんか_?」というのが3回くらいありましたし。
ホームページがあるのに,無料でお作りしますとか・・・バカにしとんのか?って思いますよね???
声も,だんだんどうでもいい!!!って感じがありありとしてましたので,普通お断りしますよね。
自分でキッチリと調べた方が良いようでした。
悪気はないのでしょうけれど,なんだか疲れる対応でした。
私も大人になったので,電話で怒鳴るなんて事はしませんが・・・・もう少し,必要な事と不必要な事を考えて対応していただけたらと思いました。
ホームページの無い会社だと,費用対効果を考えた場合なかなか良いかもしれませんね←嘘です。
まだ,詳細を調べてないのでわかりません。
ここがもっと都会なら,前向きに考えていたと思います。

なんだか,今日は暑さで疲れました。皆さまも暑さに負けないようにしてください。

一刻も早く辞めて欲しいの?

今日は朝から天気が悪いので,現場はお休み。
が,途中雨が上がったり,パラパラ降ったり・・・・まさに梅雨の天気でして・・・屋根屋としては最悪。
ですが,言っていくところもなく。

そういえば,(社)全日本瓦工事業連盟からFAXが入ってまして,概要は以下の通りです。

・NHKが5月26日に「夕時ネットワーク」で”思い瓦屋根は建物の耐震面で不利である”と一般消費者に思わせる放送を行いました。
・全陶連,全瓦連で番組内容に関して抗議を行い,意見書の提出を行いました。
・NHKの番組担当者は,非を認め瓦の良さを伝える番組を放送する事になりました。
・放送日時 6月22日(水) 17:00~18:00
 「瓦企画,震災で需要が高まる瓦 その魅力とは?(仮)」

はたして,どんな番組なのか・・・見てみようと思います。

東日本大震災の後だけに,慎重に番組作りをして欲しいものです。


そうそう,とある団体の先輩のお父様が亡くなられまして,昨日の通夜に続いて葬儀に出たのですが,糖尿病の怖さを感じました。若いころからという事でしたので,本当に大変だったようです。直接お父さんとお会いした事はなかったのですが,なかなかのやり手だったそうです。
早稲田の雄弁会にもおられたようでして,森元首相や海部元首相などそうそうたるメンバーを輩出されてたと思います。故竹下元首相もそうだったかな?
ご冥福をお祈りします。

で,首相というと・・・今の菅首相は「一日でも早くおやめになって欲しい」とか・・・民主党内部でも言われているようでして,なんとも不可解なのです。そこまで言われるのであれば,同じ党内の人間として”そんな事を言って情けなくないのか?”と聞きたくなります。といいますか,そんな事を言う前に”なにがなんでも辞めさせれば?”と思うのです。本人が辞めると言わないと辞める事ができず,誰にも辞めさせる権限がない・・・????・・・そうですが,そんな建前の話など聞きたくないと思っている人も多いのではないでしょうか?そんな人でも支持率が0%にならないところが,これまた不思議なのですけどね。
毎日TVを見ていても,なんだか面白くないお笑いを見ているようで,何度もずっこけるような話を聞かされる事が多いのですが,同じ”ずっこけ”でも上方お笑いの方が数倍上ですね。
515事件や226事件など過去にはいろんな事がありましたが,こんな非常事態であっても何も起きない平和な日本を喜んで良いのかどうなのか?おそらく,喜ぶべきなのでしょうね。
はてさて,今月で辞任なんて事を言われている人もいましたが,どうなるのでしょう。

TVに毒づいてしまう事のある私も,あほらしくて突っ込みを忘れてしまうようなドタバタお笑い劇はそろそろ幕を引いて頂いて,正義の味方の登場を待ちたいと思います。

菊間かわら館

紀行をを寄稿するなんておやぢギャグはさておきまして,先週末に愛媛県今治市(←いつの間にか)の菊間にいってきまして,土砂降りの中”かわら館”を訪れました。
前々から行きたかったので,やっと念願かなったってところです。
P1090133.jpg
全景の写真をみてもわかる通り,菊間の瓦葺きの建物です。(当たり前ですが)

P1090134.jpg
迎えてくれるのは,この立派な鬼面。降り棟の段数を見てもわかる通り,また本箕の甲の掛巴を見てわかる通り,とても大きな鬼面です。
細かな細工といい,さすが,菊間瓦。

P1090136.jpg
池の中には,このように鯱がありまして,この細工も見事!
本当に楽しくて仕方ありませんでした。

P1090138.jpg
建物の中にはこんなお洒落な庭もありまして,美味く瓦をデコレーションされていました。素晴らしい。
もう少し時間が欲しかったとは,一緒に行った建築屋さん。私もそう思いました。

建物の中もいろんな物があったのですが,きりがありませんので,興味ある方は実際に行ってみて下さい。瓦屋としては黙っているわけにいかず・・・・皆さんにいろいろ(つたない)説明しながらの見学だったのですが,堪能してもらえたでしょうかね?。

いつか,三河の館にも行ってみたいものです。ちと,遠いですが。

雨漏り事例その1・・・・その2はあるのか?

前々より雨漏り工事で悩んでいたのですが,この度決着しました。

実は,他の屋根工事屋さんが瓦の葺き替えと修理の見積もりを出されていたのですが,貸家の持ち主が私の知り合いということもあり,修理を頼まれたのです。なんせ,古い貸家でして,家賃収入で葺き替えをするのは大変ですから。
で,前から屋根に上って調査をして・・・瓦の修理と板金の修理をしたのですが,雨漏りが止まらない。パラペットの排水も疑ったのですが,キッチリとコーキングがされてるし・・・はて,どこだろう。瓦は古いものですが,一部雨の入った跡があったのでその周りはキッチリと直したのに。
P1080847.jpg
この天井の跡はどう見ても雨漏り。職人が外から見た時に・・・レンジフードの際からでは?と言っていたのですが,位置的におかしい。レンジフードが下にあるのだから。
で,思い切ってジプトーンを剥がす事に。
すると・・・
P1090118.jpg
見事にパラペットのところの板金の排水パイプから漏れてました。板金板と排水パイプが逆だし,ビス留めだけでもたせて(溶接してない)・・・コーキングでもたせようとしてたようです。あんがいコーキングってこんな事が多いのですよね。ですが,この板金を元から直す予算はナシ・・・。
で,屋根に上って古いコーキングを削って新しくキッチリとコーキングをやり直したところ・・・雨漏りがピタッと止まったのです。一応,これで雨漏りは止まったのですが,根本的な解決にはなって無い旨を伝え,
P1090178.jpg
天井を貼り直しました。
何年もつ????って聞かれるのが一番困るのですが,”早ければ1年以内,長くても10年はもたない”くらいしか言いようがないのです。仕事をして一番いやなのは,責任を持てないという事を伝える時です。
悩まれてましたが,タダで板金工事を請け負う訳にはいかないので,とりあえず様子見ということで。ふぅ。

そうそう,事務所の裏階段にこんなものが・・・。
DSC_0037.jpg
チューチューアイスのごみ。大人とは考えにくい・・・。
子供なのでしょうか?!なんと躾の悪い。私が喜ぶとでも思ったのでしょうかね。
暑い日もありましたので,冷たい物を!というのは良いのですあ,ごみはごみ箱へ!・・・・このくらいって言うのが積み重なってとんでもないことになるのです。
なんか,がっかりです。

そうそう,四国よかったです。紀行記はまた後日に。

なんで晴れ?

今日は元々第二土曜日で会社は休みなのですが・・・出てます。
朝から,雨漏りの修理に行きまして,職人が漏れてる場所がどうしてもわからないというものですから・・・私もわからない・・・思い切って天井をはがさせて頂きました。
すると・・・断熱材やら何やらで見れない・・・断熱材が発砲スチロールだったので,これも切らせてもらって動かすと・・・確かに濡れている処が。それでも古い屋根の上にパラペットをしてあってその上が見えない。
しょうがないので,パラペットの上から水をかけると・・・なんと・・・排水パイプからポタポタと。
良く見ると,なんでそういう施工にしたの?って職人がいうものですから電気を照らしてみると,繋ぎの処が逆。しかも,上からビスをもんで取り付けて,コーキングをぺたぺたと。なるほどね。
パラペットの排水の際からなんて・・・溶接しなくてコーキングでってのは落とし穴。コーキングを過信するとこういう事になるっているお手本みたいなものでした。
が,これを直すとなると大変。そこで,今回は事情を説明してキッチリコーキングして,水を流して漏らないのを確認して・・・ようするに,”長くはもたないけど,とりあえず”ってやつですね。
あとは,施主さんがどこまでされるか。お金かかりますからね。
でも,わかってよかった。

そういえば,前に駅前市庁舎建設反対のチラシについて触れましてが・・・うちのかみさんが「あんたブログのあれ消しとき・・・○○さんが持ってきて署名したゆぅたじゃろ!」と言いますもので,おもいっきり『はぁ???』って感じになりました。そんな話は聞いてない。
まぁ,それに,あの書き方くらいで怒るようじゃ反対運動なんかせんほうが良い!なんせ,団体名も名前もナシにチラシを配るってのは,いささか本気に見えないから。確かに・・・持って来られた方は,真面目な方で良い人でして,唯一所属団体に問題あり。でもそれ以外は大好きな方。それでも,このチラシは”気持ちはわかるけど,少し違うのでは?”と思うので,別にこのブログを読まれる事があって不愉快に思われてもそれはそれで仕方ない,残念ながら。だいぶ押さえて書いたつもりなのですけどね。
前にも書いたように,私もあそこに(駅前空き地)市庁舎を建設するのは反対。一市民として。つくるんなら他・・・という立場なんです。
そんな事でガタガタしているのは・・・・福島の友人の話を聞くたびに”ささいな事”に聞こえてくるのです。でも三原市民としては,この些細な事?でも将来のまちを考えた時に”まったく無視”というわけにはいかないですね。

今安芸津の方から電話がありまして,来週の火曜日以降では?って言ったところ”早い方がいい”って・・・・こんなこと良くあります。急遽,これから行ってきます。
ので,画像は今日もありません。
あしからず。

今年の梅雨

最近の天気予報は感心するくらい良く当たるのです。
沖縄では梅雨が明けた?今年は例年より2週間くらい早い梅雨明けだとすると・・・早くから猛暑対策が必要になりますね。
大水に悩まされる毎年なのですが,今年は大丈夫?梅雨明け前にどぉ~~~と降るかもしれませんが・・・。

今日も,バタバタしている間に一日が終わりまして,早いものです。
雨が降る予報でしたが,出来るところまでって事で現場は動いていたのですが,今日は行く暇もありませんでした。
朝一は,玄関の柱が虫に食われているなんて電話がありましたので,そのお宅に大工さんとお邪魔したのです。確かに虫に食われた跡が・・・。大工さん曰く・・・桧だからシロアリじゃないよ。槌でたたきながら・・中はしっかりしてるし・・。松や欅だったらシロアリの可能性もあるけどね。
って。
さすが。
で,虫退治のスプレー缶の先に細い管をとりつけまして,しゅ~って。ま,そのくらいしかする事がないのです。ついでに,その缶をさしあげてかえりました。「お礼をせんと」・・・とおばぁさんがいわれたのですが,つい・・・お礼はいいですよ,何かあったらまた連絡くださいね・・・と。儲からないわけか!?
あれこれしたあと,西へ向かいまして・・・
西条の建材屋さんとの話をしていると,景気はかなり悪いようです。西条・・・東広島は市庁舎の建設も始まってるし,学校の増床などなどいろいろと物件はあるはずなのですが,5月の生コンの出荷量も例年の30%ダウンとか。何をするにしても,安い事が基本で当たり前という風潮は・・・もぉどぉでもえぇ!!!って。そりゃそうですよね。実は誰も得しない・・・悪循環。ただし,法外に高いのはどうかと思いますけどね。
帰ってきて,瓦屋の営業さんと話をしても良い話はナシ!瓦の値上げの話でして・・・「どうせそんな話はだろうと思ってた」と。三州の瓦屋さんも同席されていて,一生懸命なのはわかるのですが,目新しい材料が・・・。昔葺いた事のある片岡さんとこの瓦を名前を変えて出しているってのが・・・目新しいと言えばそうだったかな。
私は,個人的には袖の瓦が一体になっているのが好きでして・・・だから平板瓦が余り好きでないのもあるのですが・・・残念ながら一体になっていない洋風瓦が多いのが現実。でもね・・・雨じまいを考えると一体の方が良いにきまってるのでは?!!!!なんで作らない?って聞くと・・・製造過程での問題を言われてました。確かに1000℃以上で焼成するので難しいのはわかりますが,少し安易にも見えるのが残念です。

そうそう・・・菅総理の辞任が毎日報道されていますが・・・一番解せないのが,大島仙石会談!?(でいいのかな?)。仙石さんてやはりそんなに実力があったんだ。ただの売国奴おやじじゃなかったんだ。逆に言うと,売国議員が多いってこと?大丈夫なんでしょうか?だって,sengoku38ですよ。他にもいろんな発言があって愛国心のかけらも見せない人というイメージなんですけど。渡部さんも良くわからないのですが,黄門様?歳をとっているだけで重鎮てわけじゃないですよね。私の記憶では,福島のタバコ農家の票を一手にもらって出てきているのでタバコは辞めるわけにいかないなんて言われていたと思うのですが,まだ吸われているのでしょうか?震災の影響でマイルドセブンを始め日本の有名タバコが手に入りにくくなっていると聞きましたが,なんとなく関係あるような気がするのです。タバコ利権の匂いがプンプン。利権のあるところに国会議員あり。でも,禁煙の保健適応なんてのがあるようですので,世の中のながら~いくと・・・・小沢さんが土建ではまずいと思って組合にごろにゃんしたように,渡部さんもタバコじゃまずいとおもって・・・いや,そういえば,男性の喫煙率は減っても女性が増えたから関係ない?
話はずれましたが,震災と利権を結び付けようと頑張ってる議員さんが多いと聞きますが,それはいかに言ってもどうかと思いますけどね。

世の中の流れ

何がどうあっても辞めない菅総理に批判が集中していますが,そんなことはどうでも良いから・・・・というくらい福島第一原発の状況は悪いそうでして,かなり心配しています。
メルトダウンは”してて当たり前”というヨーロッパの方の見方が(悪い事に)大当たりでして,それ以上の悪い事は起こらないという楽観的な予測もはずれ(私は専門家ではないので詳しい事はわかりませんが)かなりまずい状況に進んんでいるようです。
日本の歴史始まって以来という言い方をしますが,(前にも何度も書きましたが)便利と危険は表裏っていうのはここでも当てはまるのか。残念です。
一日も早い収束を願っているのですが,願うだけしか出来ないという状況はストレスが溜まります。私の福島出身の友人(東京在住)は,やっとおじ・おばの葬儀を済ませる事が出来たとメールをくれました。本当にやっとでして,津波の犠牲になってから3か月近く経って・・・・本当に少しだけですが一つの区切りがついたようでした。けして,気持ちがどうとかってことではないようです。

そうそう,私のかみさんがついにビールを飲んでました。原発問題がおさまるまでビール断ちっていうことが,意味の無い事であると気がついたのでしょうか。しかも,一気に2本も飲んでまして・・・・あんまり書くと怒られますな。それならいっそのこと,東北のお酒を飲んであげる方が喜ばれるような気がします。日本酒の好き嫌いはありますが。

仕事の方も(梅雨という割にはあまり雨が降らないので)進んでまして,喜ばしい事です。但し,雨漏りの修理とかが多いので,バタバタしているだけですが。
あっ!見積もりするのを忘れている・・・・とか,請求書を書くのを忘れているとか・・・・はどうせ思い出すので良いのですが,問題は,細かい調整が必要だったり,ペンディングになっている事を処理するのを忘れてしまう事です。雨漏り関係は比較的小規模な仕事なので・・・これが多いとそっちの見積もり段取り仕事手配等々で・・・忘れてしまってる事があるんですね。昔みたいに,To-Do-List をつくるようにしないといけないかなと思っています。なんとなく,昔は若くて頭にもすんなり入っていた事が,今では一つ入ったら一つ抜ける・・・みたいな気がします。いかんな。

葺き替えの現場では,降り棟が終わって残りの(降り棟のつかないところの)隅棟に取り掛かっているので,下屋根に土曜日くらいから入れそうです・・・・って第二土曜日休み・・・・というよりは,雨の予報。
う~む。
今日瓦を降ろして(チャンピオン)ルーフィングを貼って帰った現場・・・・雨が降っても良いようにして帰ったのですが,土曜日には確認に行った方がよさそうですね。大工さんの細工が終われば,瓦を葺きに入るので来週も天気になればと思っています。ここは,平板瓦の現場でして,鶴弥のスーパートライタイプⅢ・・・この瓦は初めて使うので,ちと勉強しておきますか。半瓦が無いってことなので,手間がかかりそうです。

さてと・・・あっ!フェンス工事おわりました。恐怖の小運搬から解放です。

今日も写真がなくてすいません。
こんど,まとめてアップします。

研究と調査

今週末に松山に行く予定がありまして,その道中に菊間のかわら館に寄る事になり,今から非常に楽しみです。
結構近く・・・と言っても車で1.5時間くらい?かかる・・・なのに今まで行った事が無かったのが自分でも不思議なくらいです。かわら公園の中のかわら館は入場料200円と安いし・・・というよりは,専門業者としては行くのが当たり前かなと・・。
また,報告したいと思います。

今日は,糸崎の現場の解体が始まりまして・・・解体屋さんは2日とか言っていたのですが,1日で出来る!と私が言いきった通り15:00くらいには片付きましてなんとか予算内になろうかと。それにしても糸崎という場所は坂はきついわ,道は狭いわ・・・ほんま,業者泣かせの場所が多いですね。よくこんなところに家を建てたねぇ・・・って処も多いです。まるで尾道みたい。尾道も凄い処が多くて何度泣いたことか・・・。
ま,仕事ですからありがたいのですが,小運搬も崖のような坂となると・・・。
と思っていると,あるお寺から連絡がありまして,「瓦がずれているから見に来てね」と。そのお寺が凄いところに建っていまして,急な3尺道を登っていって・・・途中からは階段になっていまして・・・当然車は入りません。トントンなんてのも階段があるため無理。徒歩のみ。うれしくて涙がでますぅ。
お堂の棟の熨斗がずれて外れていたので,これは簡単になおる!!と思ったら,住職さんが「12日には帰るから」って・・・すいません無理です。次来るのは7月の頭・・・・って言われ・・・12日までのどこか半日でも空いたら来ます・・・もし無理なら7月の頭に段取りしますってことに。
職人が・・・・うぅっ!・・・と喜びの呻き声をあげるのが今から想像できます。
本堂の瓦もかなり悪いのですが葺き替える気はなさそうでして,また今度修理頼むから・・・って。有難いことです。それまでに体力つけとかないと・・・。

なんて事は,合間の出来ごとでして,その途中葺き替えの現場に寄ったり,雨漏り修理の現場に寄ったり・・・なんともはや・・・そうそう打ち合わせの電話もあっちからこっちから・・・梅雨の雨を心配されているのがわかります。

あぁああ・・・もっと職人が欲しいなんて言ってる場合ではなくて・・・皆のお尻を叩かないといけないかな。
梅雨が終わればまたゆっくりになるでしょうから。

そうそう,夕方打ち合わせをしていたお客さんが,スカイライトチューブの話をいきなりされまして,ホームページの威力を感じたのです。確かに省エネ・・・電気代ゼロですし,なんせ明るい。今の時代に即しているかと。但し問題は値段ですね。LED照明を付けるのとどっちがいいか,コスト計算をされる様子です。いくらLEDでも電気は必要ですので,後は考え方次第かと。
ついつい,スカイライトチューブの説明に少々力が入ってしまったのですが,最終的にどうなるか・・明日資料を持って行ってみようかと思っています。隣にいた畳屋さんも少し興味がありそうだったので・・・推してみるかな。

何事もそうですが,技術革新は進んでいるので,かわら館にしてもスカイライトチューブにしても・・・それらに限らず最新の情報収集や昔の歴史やその他もろもろの調査・研究は大事ですね。新しいものが全て良いとは思わないのですが,裏付けなしに物を言っても始まりませんので。

天気が良いのはありがたいのですが,今日もなんだか疲れました。歳かな!?
いや!そんな事は無い!急に暑くなったから体が慣れてないだけだ!・・・・と思いたい今日この頃です。

梅雨なのか夏なのか?

梅雨に入ったと言うのに,結構天気が良くて助かってます。が,曇りも多いので少しハラハラ。
何と言っても急な変化もあるので,気を付けておかないといけません。

仕事の方は,なんとか順調?かなぁ・・・う~む。気がつけば6月に入ってるし。頑張らねば・・・。
それはそうと菅さん頑張ってますね。なんでかわかりませんが・・・これだけ叩かれたら安倍さんみたいに下血してしまうんじゃないかと思ってしまうのですが,ウたれ強いんでしょうか?
結局,ひと段落したらていうことで,いつ辞めてもいいし当分辞めなくてもいいし・・・でもいつかは辞めるからっていう超曖昧なウルトラEで切り抜けた?!ようなのですが,なんでもありですね。でも,鳩山さんがあんな風に言えるのか?沖縄問題をあれだけぐちゃぐちゃにした張本人が,よくもまぁ菅さんを責めれるものだと感心?。
日本の政治の夜明けは遠いですね。人材不足なんでしょうか・・・。

明日は,引き続き修理と葺き替え・・・・来週から入るブロックの現場の段取りも。
まぁ,あれやらこれやらですね。

今日衝撃的な電話がありまして,見積もりが高いなんて話でして,相見積もりの金額を聞くと・・・ほんとに手抜きせずにそんな金額でできるのか?という金額で出してきている人がいる・・・普通ならそちらに発注するのでしょうが,今回はいろんな経緯がありまして,一応知らせて下さったのです。材料代をちゃんと計算しているのか?ガイドラインに沿った工事をしているのか?衝撃的でした。
何軒かの知り合いの瓦屋さんにいろんな情報をもらいましたが,そんなんじゃ無理よ。うちならしないね・・・なんて言われ・・・会社としてやる事じゃないとか・・・まぁいろいろ言われました。個人で(いいかげんに)やっている人ならそんな事もあるのでしょうが,当社としては,見えないところを含めて手抜き排除の方針を出しているので,かなり厳しいですね。元請けさんは,予算が無いの一点張りですし。とりあえず,メーカーとの折衝に入ってます。断るのは簡単ですが,長い付き合いもあるし,そこの会社の人たちは,皆良い人達なので,こういう事で”はいさよなら”というのは避けたいのです。

たまには良いね

今日は,朝からあっち行ったりこっち行ったり。
本郷の現場に顔を出し,沼田西へ見積もりを持って行って話をしてから,中之町の現場に行って打ち合わせをしてから,職人の軽トラで強力棟金具で使用する材木をとりに行ったり,向島の現場に打ち合わせに行ったり,中之町に帰って打ち合わせをしてから,一旦会社に戻って,南方に打ち合わせ,その後ブロックの解体積み直しの現場に行って打ち合わせ・・・・そのまま接骨院へ行ってから会社に戻ってきました。
一日のなんと早い事。
中之町から向島に向かう時,時間がお昼時でしたので,久しぶりに尾道でラーメンでも食べようと思いました。そういえば,Facebookで友人が”ベッチャーラーメン”の紹介をしていたので・・・行ってみました。
DSC_0029.jpg
なんともらしい店構え。
とりあえず,定番の”ベッチャーラーメン”そして,ついでにおにぎりを頼んだのでした。
味は・・・なかなか美味しいのですが・・・う~む・・・。味は,嫌いではないのですが,期待が大きすぎたかな。今一番好きなラーメンはもう少し西の町にあるのですが・・・今でも混んでるので・・・・名前は伏せとくかな(笑。
現場や打ち合わせで近くに行った時は寄ってます。そのうち明らかにしますかな・・・。
もどりまして,ベッチャーラーメンですが,麺はなかなか好み(なぜか少し焦げくささがあってこれが良い),スープも海鮮系かな?!悪くない。トッピングのシナチクもネギもチャーシューものりも・・・・海苔ってこういうのもありなんですね。まとわりつく岩ノリが悪くない。
”尾道やくみ”なんてのがテーブルにありまして,半分食べたところで・・・ひとふり,ふた振り・・・で,辛みがからんでなかなか良い。もうひと振りしても良いかな。
おにぎりは,とろろが巻いてありまして・・・こっちは・・・どうも,冷たいおにぎりってのは余りね・・・。
お米が合わなかったのかなぁ・・・。
で,ここまでラーメンを褒めながら,何故”う~む”なのかと言いますと・・・。

入った時に4人掛けのテーブルが開いてたのですが,お店の女の子がこちらへどうぞと。おっ!直ぐに座れたラッキーと思っていると,身ぎれいな観光客ではないのかもしれませんが若いアンちゃんが入って来たところ,このおねぇちゃんが・・・「すいません,今満席なんです」って。?????・・・仕方ないので,「相席でよければどうぞ」って言うと,「若い子が,すいません,じゃぁ」って。
なんとも商売気のない・・・・。で,食べてると隣の(4人掛け)席が空いたら,そのおねぇちゃんが若い子に・・・「こちらが空きましたけど移られますか?」って。私ってそんなに危なそう??変なん???と思ってしまったのです。で,その若い子も,じゃ!移りますって・・・おひおひ。
すると,その直後に,”大阪風いけいけおばちゃん3人組(と言っても広島弁だったから地元の人?)”は入ってきまして,するとそのおねぇちゃん「すいません,今いっぱいなんで少々お待ち願いますか」って。
がぁああああああああああ・・・・その若いあんちゃんに「すいません,やっぱりこちらでお願い出来ますか?」って言えよぉおおおお!!!!と思ったのですが,少々”むっ”ときてたのでだまぁ~って食べてました。
そのおばちゃんたち・・・入口近くに立って待ってましたら,奥の方からお客さんが席を立ったのを目ざとく見つけておばちゃんの一人がおねぇちゃんに「あいたね!」って言うとおねぇちゃんが「今片付けますから少しおまちください」って言ったのですが,そのおばちゃんは,入口で待ってるおばちゃんを「○○ちゃん空いたってぇ~~~おいでよぉ~~」って呼んで,片付けしてるのにちゃっかり座ってました。
おそるべし。
ってなことがありまして,味はぼちぼちよかったのに・・・なんだかねぇ。って感じでした。
ま,尾道で暇があったらまた行こうかな。
そうそう,前から思っていて言いにくかったのですが,尾道ラーメンて長蛇をつくるほどおいしいとは思わないのです。
しゅ~さん や つたふじに長蛇の列が出来ているのは不思議でなりません。
特につたふじで食べた時は,その麺の柔らかさにまいりました。
悪口を言ってるつもりはありませんよ。そこそこおいしいとは思いますが,あの長蛇の列をつくるほどかな?って感じているだけです。人間・・・人によって味覚は違うので,合う合わないもあると思いますし。
個人的には,べっちゃ~ラーメンの方が好みかな。

その後,向島の現場に行ったのですが,潮の香りがぷぅ~~んと。
DSC_0030.jpg
景色も良いし,釣り人も多くて・・・・のどかだなぁ。
忙しかった割には,くつろぎもあったのでした。

強力棟金具が使える棟?

何度も書いているので”耳タコ”かもしれませんが,現在当社では全ての棟を強力棟金具を使ってます。というと誤解を生むので,”使える棟”には全て使っていると言った方が良いかもしれませんね。
反っている隅棟や降り棟では使えない場合があり,そういう時には通常の強力棟金具を使うのではなく・・・・ま,補強棟と言っていますが・・・違ったやり方をしています。冠瓦をビスで留めるのは同じですけどね。
今度,時間をとって説明したいと思います。

さて,あるお宅の庭にある門ですが,
P1080952.jpg
見ての通り棟が傷んだり,写真ではわかりにくいのですが,瓦が割れたりしてまして,雨が漏るとのことで・・・修理依頼がありました。
棟にはツルの水板(飾り瓦)がありまして,見たところ一度葺き替えをされているようです。水板と他の瓦の色がハッキリ違ってまして,水板だけは古いものを施工したのだろうと・・・・。家の方は・・・「さぁよく覚えてない」とのことです。ふ~む。
ただし,門の柱や控えも傷んでいたり,扉のかなりいたんでまして,大工さんの出動も必要です。破風板も野地板もかなり傷んでいるので・・・・結構かかりそうかと・・・。
この棟を強力棟金具を付けて・・・・とはならないかな。通常水板の場合は棟に束を立てて箱を作って葺くのです。お寺の屋根なんかは,束を立ててあるので,これが耐震補強となりまして,地震でも簡単には崩れない訳です。強力棟金具は,束を立てるほど大きな屋根で無い場合の簡易的な方法と言えるかもしれません。
う~む,どう説明したらいいのか・・・・家の大きさ,棟の形,瓦の形状にも寄るっていう説明の方が良いかな。
いつかわかりやすい説明を,写真とともにしてみたいと思います。

で,この↓写真。
P1080599.jpg
素人さんには,普通に見えるのかもしれませんが・・・屋根が死んでるなぁと。
一番てっぺんに路盤が乗っているのですが,なんでこんな施工をしているのか・・・もったいない。路盤は,この大きさでも数十万円しますが,その価値を完全に殺してしまっています。残念。
そうそう,一般的にこの辺りでは,露盤て呼びますが,詳しくは・・・・相輪(そうりん)と呼ぶようです。露盤とは,一番下の四角い部分でして,その上に覆鉢,(受)腰,宝珠が付きます。この露盤・・・いや相輪はよくわかりませんが,覆鉢と腰が一体となっているように見えました。
そうそう,なんでもったいないのかは・・・・後日。月末~来月にかけて路盤工事をしますので,ブログで説明しようと思っています。

それにしても,名前が全国で統一でないのは良い事なのか悪い事なのか・・・・・私は文化度の高い業界としては良い事だと思うのですけどね。一般住宅は別です。
一般住宅用の瓦は,統一されるべきだと思っています。(入母屋に使う瓦の一分特殊なものは除いて・・・)



そうそう,本日見ず知らずの人?会社?団体?からFAXが来ていました。差出人は何も出てなかったので,よほど気まずいと思われたのか,いたずらなのか,嫌がらせなのか???
DSC_0028.jpg
要するに,駅前に市役所の新庁舎を建てるのを反対されているようです。書かれていることはゴモットモですし,私も駅前に市庁舎を建設するのは,大反対の一人なのですが,このようなやり方はどうなのかと・・・。
それにしても,久しぶりに縦倍角の字を見ました。昔,ワープロで流行ったような気がしますね・・・。
さて,現市長は本気で駅前に建てる気なのでしょうかね!?合併特例債の期限が近付いているというのも理由の一つになってますし,現市役所の不十分な耐震性能についても話されているのは知っています。
海抜0mの駅前が地震津波に弱いというのはどうなのかなと。芸予地震でも倒れませんでしたし(天満屋の前で液状化はあったですな),瀬戸内海の真ん中にある三原に東関東大地震のような津波が来る事は到底考えらえません・・・が海抜0mというのは問題かもしれませんね。地球温暖化による海面上昇なんて事を言われているような気がしますけど,実際水に浸かる事はありますよね。大潮と梅雨は三原にとっては天敵ですね。
駅前の一等地は税収の上がる場所なので,それ相応で考えよ!って人が多いですよね。私は個人的には,現在の姿は現時点では最もすばらしい景色だと思っています。なんとなく,ゆとりを感じる事ができるのです。
と言っても現実的には,”もったいない”って事になるのかもしれませんが,少なくとも市庁舎があの場所に来る事は三原市にとって”ながぁ~~~い目”で見ても良い事あるようには思えないのです。性急な判断過ぎると。
前に,某市会議員さんに同様の話をしたところ,「じゃぁ,代替案を出せ!」と言われたのですが,今の姿が一番いいのに代替案も何もないでしょ!?と。
とってつけたような事をする前に,明確な将来ビジョンを市民に提示して,その結果どうしてもここに市役所を持ってこなければならないという理由を説明すべきであると思うのです。そして,市民投票でもしてみればいかがかなと。ま,一番喜ぶのは,民主党政権が公務員改革と言いながら何をしたのかさっぱりわからない対象者である市役所職員さんでしょうかね?いや!誰にとっても本当に喜べるものにはならないような気がします。
そうそう,ある議員さんは,駅前だと駅に近いから便利とか言われてましたが・・・・一体何人が駅を使って市役所に来るのか?疑問です。
ま,いろんな理由があるでしょうから,どうしても市役所を建て替える必要があると言われるのであれば,他の場所へ・・・宮浦の浄水場のところなんてどうなんでしょうか?少し地上げされてるし・・・。
便利とか不便とかいうことがありますが,県の合同庁舎が尾三てことで,尾道に行ったりしてしまって・・・ま,その話は良いか・・・。
妙案はないのでしょうかね。

なんて,私が偉そうに言う事でもないとは思うのですが,一市民としての感じ,考えです。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード