FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸側あります・・・(基本的には注文生産ですが)

マンションや団地の方には,関係ない話ですが・・・。

古い家には結構井戸が残ってたりします。水道の復旧率が上がってきますけどね。
井戸は水神様がいらっしゃるので,いらないからと言って何も考えずに埋めると,災いがやってくるなんて言いますね。
私の見解としては,埋めることもそうですが,そのあとその上に家を建てるなんてのは,どうかと思います。科学的な根拠としては,(←といっても,私の勝手な解釈ともいえますが・・・)
比較的地表の近く(といっても5~10mくらいかな?)に水の道があるってことは,湿気が多い。
地下水の道を遮ると,他に影響がでる可能性がある。
埋めた土が沈下する可能性がある。
等々・・・

ってことで,一度掘った井戸は埋めないほうが良いと思っています。

とは言いながら,弊社の敷地にある4つの井戸のうち2つは埋めました。
水道が来るまでは工業用に使ってました。ま,今でも,1つは,機械のクーリング用につかってますw。

実は,埋めるときにいろいろ調べたのですが,古い人の話しはよく聞くべし!と思って。
で,一応,神主さんにお願いしてお祓いしていただき,長い竹を切り,中の節を貫通させて息抜きとして井戸に設置,それから綺麗な真砂土で埋め戻しました。竹が腐ってしまった頃には井戸もおさまっている・・・ということらしいです。PVでも埋めとけばと思っていたのですが,ダメ!と言われました。田舎なので,竹はなんぼでもありますので,材料代は殆どかからず。あっ,真砂土を買ったか。。。

さて,うちの話はこれくらいにして,お客様から,今ある井戸には蓋をしたあるんだけど,井戸水を使用して植木に水をやったり野菜を洗ったりしたいってことで依頼を受け,見積りをさせていただいたのですが,ポンプ代や水道工事にお金がかかるので,やっぱり,井戸側と蓋をしてくれ!って事になりました。
水道工事代との費用対効果を考えると,バケツでくむ・・ってことです。


で,古い蓋をとってみると・・・こんなでした。

P1240326.jpg


周りのモルタルを一度とって・・・と思ったら,下の石にガッチリとまとわりついているので,このまま乗せれる大きさの井戸側を使用して,モルタルはそのままとしました。(水はたっぷりとありますね)

P1240324.jpg


で,こんな感じになりました。隙間にセメントを詰めて,一部割ったところをモルタル補修して・・・。

P1240381.jpg


小さいお子さんがいるのですが,これで大丈夫。蓋の上にも上がりにくいし,どん!とぶつかっても落ちる心配はありませんね。

P1240378.jpg


じつは,井戸側なんて時代遅れ商品!・・・と言われて長くなります。そのため,今,作っているところって・・・近くではないですね。(たぶん)
まだ,瀬戸田でつくってるかな?!

希少価値なんてありませんが,それでも”ほしい”という人が居る限りは作ろうかなぁと思っています。あんまり儲けにはならなくても。(←なんだか,こんなんばっかw)

ただし,型枠も古くなっていますので,寸法誤差がどうとか強度がどうとかっていう話は困ります。ほとんど,私の意地だけで作っているようなものなので。できれば,1本実物を買っていただいて好きに検査をしていただきたいのです。
商品が商品ですので,事情をご推察の上よろしくお願いします。

ということで,井戸側あります。
内径が2尺(600),2.5尺(750),3尺(900),4尺(1200)の4種類。高さはすべて,600です。(単位:ミリ)
スポンサーサイト

入母屋であっても強力棟仕様(耐震・耐風)

瓦屋冥利につきるのが,入母屋屋根。
日本家屋の象徴みたいなものですね・・・と勝手な事を言ってみますが,やはり眺めていると落ち着きます。
棟を高く積むのが粋でカッコイイという時代では無くなってきましたが,寂しい限りです。

入母屋の場合はその構造上,高い棟を積むのですが,それでも,地震ごときで崩すわけにはいきません。

では,どういう工法が有効なのかということになりますね。

前々から,紹介してはおりますが,今回も,一例として一部分を紹介してみます。


棟の一番上に来る瓦(冠瓦:雁振瓦とも言う)は,現在「パッキン付きカラーステンレスビス留め」を標準としています。

P1230915.jpg

続きを読む

防犯に門扉

毎年年末になってくると,いろんな事が気になります。

今年が終わる寂しさと来年への希望。

しかし,年末は怖い現実も多いのです。

こちらのお宅は,最近家の周りで基盤整備が進み便利になってきたが,なんとなくいろんな人が勝手に敷地に入ってくる気がして気持ち悪い・・・との事。

ではでは・・・と,門扉を付けることになりました。

P1230951.jpg

昔は,この坂の両側は田んぼでして,よくこの中で遊んでました(笑
(ざっと40年以上前の話です)

続きを読む

明かり取り・・・ガラス瓦

家の北側は室内が暗くなるのは,”仕方ない”って諦めている方。

部屋や廊下が暗いので日中でも電気をつけているという方。

外は明るい訳ですから,その自然光を取り込むことが出来れば,電気代がかからずに明るくなるわけです。

屋根から明かりを取るシステムはいろいろありますが,大きく分けると・・・

1.ガラス瓦
2.スカイライトチューブ
3.トップライト

があります。

トップライトについては,先日,洋瓦のところで触れましたね。スカイライトチューブが一番柔軟性があって一番明るいのですが,今回はコスト面と業者さん指定って事もあってガラス瓦を使用します。


こちらは,改修工事現場なので,なんだかグチャグチャになってますが・・・

仕上がり(工事はまだ途中ですが)は,こんな感じですね。

P1230978.jpg

続きを読む

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。