瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

ブログの役割

実は,ブログを書き始めたのは,かれこれ10年以上前。

その時は無謀にも,政治や選挙関連で疑問に思いつつも応援していた関係の差し障りの無い裏話を書いたりしていたブログと仕事関係をブログに書いて差し障りが出ると都合が悪いと勝手に思って(嫁曰く)しょ~もない事を書いていたブログの2つがあったのですだ,その後両方共封印。細かいことを書くと,もう一つあったのだが,これは,一ヶ月もたたずに封印w。

で,今では,つたないながらも・・・仕事関係を中心に書いております。

今の状態になって何年か経ったので,どんな検索され方が多いのか調べてみてビックリ。

耐震関連の検索が多ければ,仕事関係のブログとしては一応役をなしていると思っていたのですが,以外にもプリンターの修理方法やHDDトラブルの解決に関するヒットが多いようです。

事実として,瓦屋根の耐震化への取り組みをブログで見て,お問い合わせを頂き工事をさせていただいた方もいらっしゃるのではあるけれど,プリンターの修理方法を見て感謝して下さる数が多いってのは,割り切れない気持ちも少々ありますね。

そこで,このブログの役割はなんだっけ?と自問自答してみるも,どんな内容であれ,呼んで下さる方が居るのだから良いではないか!という気持ちと,本来の目的と違う所で栄えても意味はあるのか?という気持ちが複雑にからみ合って,最終的には,マーケッティングとはなんぞや!?って事になって行くのですが,なかなか考えがまとまりません。一晩寝たら全部ワスれて,また同じ繰り返しになるのでしょう。

読者ターゲットを絞って内容を充実させるのが良いのかもしれませんが,そんな事に囚われるよりは柔軟に考えるべきである気もします。

ということで,結論・・今まで通りでいいか・・・と。

時間のむだだったような気がしなくもないですが・・・たまには振り返ってみるのも必要なことであると思いましたので・・・。
スポンサーサイト

一度葺き替えされていた瓦屋根の葺き替え

現在,屋根瓦の葺き替えをさせていただいている現場では・・・

このような家紋付きの鬼瓦がついていました。しかし,この鬼に付いているのですが,他にはついていないのです。

これは,普通に「丸に一の文字」と呼ぶのだと思うのですが,何か重要な意味があるのかもしれませんね。が,施主様もわからないってこと。

P1260227.jpg

今度,ゆっくり調べてみたいと思います。

ちなみに,家の家紋は・・・・あっ!そうそう,棟につきますので,その時にお見せします。

続きを読む

銅板と雨漏り

さて,家の大敵は雨漏り。シミが出来たりカビが生えたり・・・もします。

屋根が雨漏りすると,とりあえず,屋根瓦が悪い・・・といわれることが良くありますが,そうでない場合も多いのです。

今回は,谷(板金)のお話です。

雨漏りがひどいというお宅におじゃましまして,屋根に上がると・・・

増築された時に,陸谷ができていまして,この谷が銅板製。

P1260002.jpg

とりあえず,雨はドレンから流れているようではあります。

続きを読む

ロケットストーブの断熱材に瓦は使えるのか?

さて,本日は,瓦のリサイクルについて考えてみたいと思います。

前々から,少し気になっていたロケットストーブというものがあります。ググっていただければ,なんぼでも出てきますね。
その説明の中で,断熱材として,軽石のようなモノ(園芸用の保水剤?)の袋入りを用意されていました。これを見た時に,瓦で代用できるのではないか?と思い・・・ま,瓦のリサイクルになるのでやってみようか!と思ったわけです。

ペール缶は工場にあるので,これもリサイクルとして使える。いろんな工具もすべてある。ので,必要な材料は,煙突だけ。

100φの煙突でも良かったのですが,せっかくなのでステンレス製の120φに・・・これが結構高かった。7000円近く。高かったのが,T字になっている焚口でして,これは,エルボ(曲がり)で安く上げる事も出来たのですが,後々の清掃の事を考えてT字にしました。

P1260492.jpg


これで,うまく行かなかったら,立ち直れないかな・・・と思いつつ購入。

って,ことで,準備OK!

続きを読む

穴掘りを舐めるなかれ

さて,本日は,瓦工事部隊を尻目に,雨樋の排水工事の応援に行って来ました。

そんなに長い距離ではない工事なので,手掘りで行ける!・・・との考えで突入したのですが,砂糖よりも甘かったですね。
朝出るときに,007を借りに行こうか悩んだのですが・・・文明の利器は使うべきですね。

地面はそんなに硬そうに無かったのですが,意外にしまっておりまして,ピック(さく岩機の小さいもの)で上土を耕し・・・床堀。ん?
出てくる出てくる,瓦の破片や石等・・・少々掘りにくいんです,こういうのって・・・。


最近(ここ10年くらい)は,ゲリラ豪雨とか思わぬ土砂降りがありますので,少し大きめの樋を付けさせていただくことにしています。
こちらでは,軒樋はステンレスの受け金具に120の半丸,竪樋はステンレスの抱き金具に70φという仕様。

樋の受けは,VU65にジョイントを付けると丁度いい大きさになりまして,スッポリと竪樋が入り見た目も綺麗です。
そこから,升に・・・そして,次の升に・・・と繋げていきます。プラスチック升は加工も簡単ですし,パッキンゴムで施工も簡単。見た目も綺麗・・・と三拍子。

昔は,コンクリート升でしたね。結構,大変でした。なんせ,コンクリートですので。
といいながら・・・実は,数年前までコンクリート升を工場で作っていた者としては複雑です。w

時代の流れには逆らえないので,今では製造していません。大型の升(と言っても,1000ミリまで)も,昔は造成等が度々ありましたので,製造していたのですが,これも,一緒に辞めています。

そういえば,200,250,300,350,400,450,500,600,700,800,1000(全てミリ)と色々作っていましたが,今となっては古き良き思い出ですね。

話を戻して・・・

実は,一部は古い土管に繋がれていた樋もあったのですが,土管は地中で割れたり,土が詰まったり,土管の繋ぎ目から木の根が侵入して塞いだり・・・長年のうちにいろいろ起こってることが多いですね。

今のプラスチック升にプラスチック管という組み合わせは,軽いし施工性も良く,施工方法がわかっていて道具と体力さえあれば,私でもなんとかなるわけです(笑。
ま,職人も一緒でしたが。。。。

明日,まず間違いなく,体が痛いでしょう。
体が鈍っているのを実感した一日でした・・・。

淡路産いぶし瓦

瓦工事がやっと・・・終わりました。

いつ見ても,いぶし瓦は味があって美しいです。

P1250985.jpg

この辺りの島嶼部では,紐付きを沢山使うので豪華に見えますね。

続きを読む

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード