FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そういえば,消費税率引き上げにより,2014年4月から8%になりますね。

9月末まで契約していれば,暫定的に4月以降の完工であっても,5%の適用になるようです。

が,すでに過ぎてます。

以降,3月末までに完工しない場合は,全て8%の適用になるので,これからは注意が必要です。

例えば,2月に契約をした時に,3月末までに終わると思っていた工事が,4月にずれ込んだ場合・・・厳密には8%の適用になります。

さて,では,完工日(工事が終わったとする日)とは一体どの日を言うのか?基本的には引渡し日ですね。

実は,この引き渡し日というのが,少し曖昧でして・・・

全てが完了して,お客様の確認も頂いた日・・・という業者もあれば,
工事が終わって確認していただいた日にしているが,掃除とかが残っている・・・という業者

等々

さて,この辺りの曖昧さについては,税務署さんはつっこんで来ないという話を聞きました。

それぞれの会社の慣例が認めてもらえるということのようです。

が,掃除に何ヶ月もかかってたりしたら・・・当然チェックが入るのではないでしょうか?

常識の範囲内ということになろうかと思いますが,いろんなトラブルが出てくるかもしれませんね。

2度経験(消費税導入,3%から5%へ増税)しているのですが,そんな昔の事は忘れてますもんね。

一番良く覚えているのは,駆け込みで人が足りなくなったのと,増税後がむちゃくちゃ暇になったこと。

今回もそんな感じがします。

ちなみに,家を建てる方は,増税後の方が特になる場合(ローンの組み方や年収?)もあるようなので,十分研究されたほうが良いかと思います。
(これについて詳細を知りたい方は,税理士先生とかにお聞きください:有料化もしれませんが・・・)
スポンサーサイト

瓦にむやみにコーキングするのは雨漏りのもと

瓦は少しづつ重なりがあり,互いに抑える役割ももって葺かれています。下から上に葺いていくのはそのためでもあります。

最近は,ほとんどの瓦が防災仕様になっており,下の瓦が上の瓦の一部を抑えるようになっています。

が,この現場は,防災仕様前の瓦が使われてました。

ま,それは今回はおいといて・・・

雨漏り事例です。

雨漏りしている部屋の屋根に上がった職人が開口一番「ここだ」「コーキングやってるわぁ~~」って。

DSCN1350.jpg

ここに,なぜコーキングが???その種明かしは最後に。。。


続きを読む

ベニヤの瓦桟

昔,葺かれた瓦屋根っていろいろ有ります。

いろんなコストダウンをはかっていたり,将来起こることを予測できずに資材を使ったり。起こるかもしれないが,カナリ経ってからだろうと判断して使ったり・・・だと思うのですが,違っているかもしれません。

ま,それはさておき,今日の話題は,瓦桟の重要性です。

瓦桟とは,まさに瓦を引っ掛ける桟であり,瓦の爪の部分を引っ掛けて瓦を釘ドメしトンだりずれたりを防止する役目を持っています。
(引っ掛け桟葺き工法:現在主流・・・地域にも寄りますが,だいぶ前から主流です)

が,その瓦桟がその機能を失ったら・・・。

実は,以前は,瓦の止め付けは全ての瓦に対して行われてはいませんでした。
現在は,全数釘ドメ(当社の場合)が多いですね。

会社によっては・・・あるいは,基準風速の低いところ,あるいは,防災瓦を使っているケースにおいて,千鳥ドメをされている場合もあるようです。

さて,この度の現場は・・・写真の通り,瓦桟がボロボロになっています。

DSCN1209.jpg

ベニヤ板を切ったものを使っていたようですが,所詮は張物ですので,湿気や経年により剥がれてボロボロになっているようです。昔は,接着剤も良くなかったのでしょうか・・・。もしかしたら,たまたまかもしれません。
確証はありません。

が,現実,このようになっていて,釘止めも少ないのに加え,瓦自体のひねりも多く,防災瓦でもないので,ずれて,雨漏りをしていました。

瓦がずれて下が見えている箇所が何箇所かありましたので,雨漏りするのは(ほぼ)当然と言えるでしょう。

施主様の希望・・・「葺き替えまではしたくない」・・・ということで,葺き直しをすることになりました。

できれば,棟も巻き替えた方がいいのですが,今回は見送られました。

続きを読む

なぜ見える?

気がつけば10月。早いものです。

なんて・・・ブログを書いてない間の長さを言い訳するつもりはありません。

ただ,こうやって,しばらく書かなくなっていって,そのままフェードアウトするブログも多いのだろうなぁ・・と思ってしまいました。

が,思い出したようにでも,書いていく継続性を持つことが,色々な意味での自分のモチベーションアップにもつながると信じています。


さて,前置きが長くなりましたが,とある調査現場の写真です。

矢印の部分ですが,鬼瓦を躯体から引っ張っている線です。通常外から見えることはありません。

棟の瓦が動いたのか,最初からなのか,線が伸びたのか・・・わかりません。

が,この状態は危険ですね。金属線は錆びるものという前提での話ですが,このままですと,いつかは鬼が落ちてしまいます。

そう,危ないですね。

家の,守り神としても鬼瓦が落ちてしまうのも縁起が悪いだけでなく,タイミングによっては物的あるいは人的被害がでるかもしれません。

修理されることを進言したのですが,返事がまだありません。心配です。

DSCN1108.jpg


続きを読む

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。