FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の変わり目?

早いもので,4月も終わり・・・中にはゴールデンウィーク突入と言う人もおられることでしょう。

日中は,天気が良く,気温も高く・・・冬服では暑いですね。T-シャツでもいいくらい。

しかし,朝晩は結構冷え込みまして,少々着こまないと寒いです。

そんな中,流行しているのがインフルエンザB型。とある学校では,学級閉鎖になっていますね。

この時期に。

この菌は乾燥が好きらしいので,マスクは防衛手段としての一つになるかと思います。

さて,オバマ大統領が国賓待遇で来日されて,銀座の寿司屋で3万円のにぎりを食べたとか。

元々,アメリカ人は肉食いなので,魚には慣れていない気がします。少々前から,ヘルシーとかってことで,日本食ブームらしいのですが,これはヨーロッパでも同様らしいです。

そういえば,カリフォルニアロールとかっていう,アボガドを巻いたのを食べてるのを見たことがあります。うちのカミさんがアボガド好きでして,うちでもなんどかやりましたが・・・私は☓。

元々馴染みのないものを寿司ネタにするのは,チャレンジとしてはいいでしょうが,私は☓。

それは良いとして,3万円のにぎりを食べて,美味しかったと言ったとかって話ですが,皆さん真に受けておられますか?

美味しいは全国共通・・・と言いますね。ま,本当ならそれでも良いのですが。

私は,トリュフやフォアグラもそうですが,チョウザメの卵も・・・美味しいと思った事はないのです。結構,いいお値段でしたけど。

でも,松茸は好き。日本人ならみんな好きなのだろうと思っていましたが,私の友人で,松茸を食べれない人がいます。

ちなみに,オバマさんが肉食の国で育ったからと言って,日本の超高級霜降り肉を食べて美味しいと思うでしょうか?

あの,口の中でとろける感触はすばらしいと思いますが,脂身の殆ど無い真っ赤な肉を食べてるひとが,霜降り肉を食べると,腐っていると感じる事があるようです。

そう,味覚は人によって様々ですから,それで良いのです。

なにせ,今まで食べてきたものが違いますし,生活環境や頭のなかの情報が違っているので,感覚や味覚が違っているはずなのです。

3万円が高いか安いかは別にして,本当は非日常を感じることが出来る和のもてなしをスべきだったと思っています。

しているのかもしれませんが・・・。


そこで,鯨の肉を食べていただいたらどうだったか・・・鯨と言わずに食べてもらうとなると騙し討のようなことになるのでダメでしょう。が,言えば食べないでしょう。

仮に食べて美味しくとも,捕鯨には反対の立場でしょう。

しかしながら,美味しいものが存在する事を知り,他国の食文化に介入することがどれほど身勝手なことがを知ってもらえれば,と思うのです。

子供の頃,鯨は魚!?ってクイズがあって,哺乳類だから魚ではない・・・なんて答えて優越感に浸ってる子供とかいましたよね?!w

牛は良いけど,鯨はダメ?頭がいいからダメ??屁理屈もここまでくれば,嫌がらせですね。

そう,日本に対する嫌がらせがホウボウで起こっているように感じます。

オバマさんの韓国での従軍慰安婦問題についての発言なんて,嫌がらせとしか思えません。

中国への近寄り方もしかりです。

なんとなく,日本が追い込まれていってハワイを攻撃してしまった時代を思い出さずにはいられません。

今の日本に戦争する勇気もなにもないのはわかります。ここまでいいようにやられっぱなしでも,じっと耐えているのをみると,この国はどうなっていくのだろうかと少々不安です。

世界中どこでも,正義だから勝つのでなくて,勝ったほうが正義・・・歴史的には。実際正義でない事実がでてきても,全てが今更ですね。
それを受け入れている日本と,イチャモンつける中‥韓。
どう考えても変だとわかっていながらも中・韓に歩調をあわせようとするアメリカ。

その一方で,同盟国とかって言われてもどこ向いて言ってんの?と聞きたくなります。


安部首相の方向に間違いは無いと信じていますが,残念ながらアメリカにさえ通用しないようです。

日本が孤立ってことは今更ないとは思いますが,なんだか,昔みたいにハメてやろうと思っているような気がします。

所詮,政治家は票が命。世論をコントロールできないのであれば,従うしかないという辛い職業ですね。

オバマさんがアメリカに帰って,どんな総括をするのか。楽しみと心配が半々です。

帰るまで,インフルエンザにかからないように気をつけていただきたいと思います。

ここでいうのは,鳥インフルエンザのことです。はい。
スポンサーサイト

屋根の瓦・・・調査します

よく聞く話ですが,瓦の訪問販売員さんが,屋根の葺き替えを!と回られていると。

それは,商売なので良いのですが,中には困っている人もいる様子。屋根に上らせてくれと・・・半ば強引に上がっていったという話も聞きます。

案外,強引ではなかったのかもしれませんが,後で思い返して話をする時はそのように思い出す事もあるようです。

それはさておき,老婆の独り暮らしですので,少し弱気になられることもあり,ま,見るくらいならとか見積もりくらいならとか,ま,しつこいから・・・とつい頼んでしまわれる人もいらっしゃるようです。

そりゃぁ,営業さんですから,あの手この手,なだめたりすかしたり・・・当然ですね。でも,少しきつく言われることもあるようで,怖い・・・という話も聞きます。怖いと感じたのなら断っていればいいのですが,怖いので頼んでしまったという話も聞きます。

困ったものですが,工事をされた後で話されても困るのですが・・・。


今回は,そのおばあさんが当社を知っておられたので,「知ってる瓦屋さんで直すから・・・」と断られたそうです。

で,当社に調査依頼が来ました。

雨漏りはしてないが,屋根屋がきたので,見て欲しいと。


すると・・・下から見てもわかります。

IMG_0814.jpg

・瓦が一枚(箱大面)抜け落ちています(青丸)。
・台(箱大面)がずれています(黄丸)。

※見えにくいですね。。。すいません。


これは・・・

昔は,緊結してないことが結構ありましたね。なにせ,地震のことなんて考えていなかったわけですから。

で,芸予地震にくわえ,今年震度4の地震がありました。おそらく,その時,ズレたり落ちたりしたのでしょう。

こうなると・・・巻き替えるほうが良いですね。

続きを読む

ハードルの高さ

前に,

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」公募について・・・
4月10日に国交省より発表がありました。

ということで,屋根の葺き替えも可・・という情報について書きました。

が,やはりそんなに甘く無いようです。

募集は7月なので,もう少し勉強しようと思いますが,現在までの情報ではハードルが結構高いようです。

国のすることなのでわからなくもないのですが・・・。

設計士さんの出番が多そうです。

また・・つづく・・・

瓦屋根の葺き替えは・・・今でしょ?!

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」公募について・・・
4月10日に国交省より発表がありました。

現在の情報では,4月下旬から募集開始(おそらく3週間程度の募集期間との予測)

補助金額は,補助率1/3(上限100万円/戸)

長期優良住宅化・・・ということは,古い瓦を新しく葺き替えて,耐震・耐風施工がされれば対象となるということですね。


ただし,耐震性の証明が建築士等にて行われる必要があるようです。

現在,当社で,標準仕様として進めている,耐震・耐風工法は,俗にいうガイドライン工法に準拠しておりますし,この

ガイドライン工法は,独立行政法人 建築研究所 監修となっていますので,該当すると思われます。

是非,この機会に,瓦の葺き替えをお薦めします。

ちなみに,当然のことながら対象は瓦だけでないので,瓦はガイドライン工法で葺き替えたばかりという方も,躯体の耐震化等いろんなケースが対象になりますね。

悩んでおられて,気がつけば消費税アップしてた・・・という方は是非。

<政府による,消費税増税の駆け込みの反動による景気腰折れ対策ですね>

詳細は,わかり次第アップしたいと思います。

平板瓦(F型)葺き・・・石州

久しぶりに平板瓦葺きです。

ゴムアスファルトルーフィングを貼りまして,キズリ(縦桟テープ)を流しまして。

これは,雨が瓦の裏にまわることがあっても,軒までルーフィングの上を通って雨漏りしにくいってものです。

そう,通常,平板瓦はアンダーラップと呼ばれるもののお陰で雨がもらないようになっているのですが,大雨の時にそのアンダーラップをオーバーフローすることも視野に入れて,このような細工をするわけです。実際,オーバーフローしたというのは聞いたことがありませんが。
もしかすると,勾配によっては・・・あるのかもしれません。

IMG_0867.jpg

続きを読む

小保方さんの騒動を見ていて,その騒動そのものよりももっと気になることがあります。

以下,素人の見地からですので,気になさらないで下さい。

一番大きいのは,

人が死ねなくなるということ。

どんな臓器でも作れるというのは,古くなったり傷んだりしてものを新品と取り替えるということでしょう。

どんな・・・というのがミソ。

アダムとイヴが禁断の果実に手をだして以来,人は永遠ではなくなったといいます。

形あるものはいつかは崩れ,生あるものはいつかは死ぬ。これが真理でなくなるということですね。

桜の花も年中咲いていたら,これほどまでに愛でる人はいなくなるでしょう。松茸も庭に雑草のように生えてくれば,そこまでありがたがることは無くなるでしょう。

やはり,儚さと隣合わせであるからこそ,人でアル気がします。

医学の進歩によって寿命が延びていますが,どこまで延びるのがいいのか?悪いのか?

映画グリーンマイルでもウルヴァリンSAMURAIでも,死なない,あるいは死ねないという事について触れていますが,結論が出る話ではないのでしょうか。

iPS細胞で一歩先を行く山中教授が小保方さんに好意的であるように見えますが,STAPのあるなしとか真実の追求でなく,可能性を潰さないというところに研究者としての品位を感じます。

あるお医者さんが言うには,山中さんと小保方さんの決定的な違いは,医者であるかどうかだそうです。

医者でない私には,その世界の細かいことまではわかりませんが,こういった研究においては,医者であるかどうかによって好意的かどうかはっきり別れるようです。医者の立場から言うと,医者でもない研究者が医学の分野での研究を進めるのはなかなか大変であり,見方は冷たいのが普通だと・・・。

山中さんの助け舟は,変わりようのないそういった世界を知ってのことでしょうかね。

人が死から開放されたら・・・宗教は大変な事になりますし,想像を絶する世界が来るような気がします。

昔のSF映画や漫画にあったような事・物が少しづつ現実となっている現代ですので,将来的にありえないと断じることはできません。

ここでちゃんとした倫理観を共有しておかないと,逆に人類は滅びるのではないかと危惧しています。

適材適所な瓦

よく適材適所なんて言いますが,瓦にもあてはまりますね。


この写真は,凍害にあった瓦でして,完全に割れて崩れています。

なぜか,雨漏りはしていませんが・・・これについては,今日は割愛します。

IMG_0699.jpg


この瓦は,菊間(四国)で製造された瓦で,とてもきれいな瓦ですし,皇居でも葺かれている産地のもの。

ですが,寒い地域にはむきません。逆に言うと,細工のきれいな瓦ですので,温かい地域に葺かれるのには問題ありませんし,きれいな瓦屋根が長く保てるわけです。

この御宅の屋根・・・南面は無傷ですが,北面はこのようになっているわけですので,修理をしないといけません。

また同様に,菊間瓦を使うわけにはいきませんので,多産地の瓦を使うことにしましょう。

そうそう,それと,いぶし瓦を使う事になりますね。いぶし瓦とは・・・ググって下さい。w

どんな美しい仕上がりになる良い物でも,適材適所の言葉にはかないませんね。

タワイモナイ話(発音)

何時頃だったか・・・韓国の人名を漢字読みでなくて,発音に合わせるなんて事になり,金(きん)を金(きむ)と発音するようになりました。

確かに,良いことですね(たぶん)。


日本には,いろんな発音が入り乱れて,わけのわからなくなることもありますが・・・



ギリシャ神話に出てくるゼウスって英語ではズース。でも,ゼウスってのがギリシャ語で正解なんですかね?
ポセイドンはポサイドン(英),ハデスはヘイデス(英)。

でも,ラテン語のビーナスで有名なアプロディーテはギリシャ語だった気がします。

ビーナスの方が有名ですし,しっくりきます。

クロノス(間違いかな?)とかっていう神の子の三人がそれぞれ役割として,天を納めるのがゼウス,海がポセイドン,冥界がハデスってことのようですが,ハデスは別枠として,他の10神と合わせて12神。

12という数は昔から世界共通の大事な数字だったのですね。

干支も12.半日は12時間。世の中12進法の方がしっくりくるはずですね。

さて,八百万の神々は別として,神様が人間の風貌をしているのが気になります。閻魔大王様でさえ。

イエスキリストが神の子=神であるとすれば,やはり人間の形。

三位一体=神なる父,神の子,聖霊 となると話が少し違ってきます。見えないものを信じる事が難しい場合の神の子なのでしょうか?

そういえば,イエスは日本語で有名ですが,ジーザスはよく映画でも出てくる英語ですね。

おぉ,ジーザスって・・・

でも,キリスト教信者でもない日本人が,もしこれを使ったとすると・・・少々勘違いしているように見えてしまう気がするのはおかしいのでしょうか。

家に仏壇のある人が,おぉジーザスって(笑・・・使いませんかね。

Mt.冨士は日本一の山

富士山が世界遺産登録になって昨夏は登山する人が多かったそうですね。

夏の短い時期でしか登山できませんが,やはり富士山は雪を被った眺めが一番好きです。

ということで,以前行った時の写真です。

12.jpg

上九一色村方向から林に囲まれた道を進むと,綺麗に見えてきました。

続きを読む

春になると,桜が咲きます。逆に,桜が咲くと春がきたなぁとしみじみ思います。

これは,日本人らしさと言えるのかもしれません。

四季を感じながら,一年を過ごしていると,やはり,比較的過ごしやすい春や秋が永ければ良いのにと思うのですが・・・

現実は,暑い夏や寒い冬を長く感じますし,その度に外の仕事の大変さを感じます。

屋根の上にいると,桜が綺麗ですし,もみじの赤も別な色の感じがします。

透き通った青い空を身近に感じたり,わたあめのような雲に手が届きそうな気がします。

が,現実はそんな甘いモノでなく,危険との隣り合わせ。

新年度も事故怪我がないように,頑張りましょう。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。