FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この前の日曜日・・・夜から雪が降りまして・・・

この辺りは,雪の殆ど降らない地域ですが,さすがにこの日はしっかり積もりました。といっても,しれていますが。

さすがに,月曜日は,現場を休みました。

滅多に雪が降らないということは・・・・備えをしていない場合があるわけです。

家の場合は,雪の重みで樋が壊れたり。
屋根に雪止をしておらず,となりの敷地に雪が落ちる・・・これは,団地とかでたまにありますね。

光沢のある瓦はよく滑ります。雪も滑ります。

で,その雪止めとは?

雪止め機能を持たせた瓦や,雪止め金具があります。

雪止め機能というと大げさですが,一枚毎の瓦の上にアーチ型の出っ張りが付いているだけですが。
syukidome.jpg

穴があいてるのに大丈夫? 大丈夫です。雪は止まります。。。。逆に穴がないと水が流れませんから。
だいたいの瓦には,雪止め瓦の設定がありますが,ない場合もありますので,注意が必要です。

では,ない場合は? 金具式ですね。

和型の瓦の間に取り付ける金具式。
yukidomekanagu.jpg

屋根がコロニアルや平板瓦でもそれらに対応した金具があります。


県北では,雪止めがついている屋根も多く・・・ほぼスタンダードなようですが,この地域では,あまり多くは見かけません。

滅多に無いことにお金をかけることへの躊躇はよくあることです。

しかし,おとなりに迷惑をかける事もありうるし,今後,もし自分の頭の上に雪が落ちてきたら心配なので取り付ける?・・・・ようするに,保険のようなものですね。

昨今の異常気象を考えると,付けておいてもいいかもしれません。

などと・・・書いていて・・・ふっ!と思ったのが。。。。
この地域のお客様に営業する時,この説明をしてなかったなぁ・・・と。

お客様の方から言われて見積もりに入れることがあったも,こちらから提案する事は殆どなかったのでした。お客様にお渡ししている,施工の説明書にも記載がない。耐震・耐風の説明だけ。

作り変える必要性を感じています。

これではいけませんね。

さっそく,原案を考えることにします。
スポンサーサイト

泣きっ面に寒波

冬なので寒いのは当たり前ではありますが,ここまで寒いとキツイですね。

とはいっても,温暖な瀬戸内海沿岸部ですので,山間部や北の方々ほどではないのですが・・・。

さて,今週末はかなりな冷え込みが予想されています。

日曜日なんて,最高気温0~2℃,最低-1~ー3℃。

ついに来たかって感じです。

そういえば,日曜日は広島で駅伝大会があるのですが,大丈夫でしょうか?道路面が凍結して滑るなんてことがなければ,事故がなければいいのですが・・・・。

私の住む,三原市では,2月に神明市という冬の風物詩といえるお祭りがあるのですが,この時期が一年で一番寒いとされています。
昨今の気候で多少のズレはありますが,昔の人はなかなかするどいなぁと思うことしばしばです。これから,神明さんに向かって寒暖・・・いや,寒さの強弱をつけながらまだ寒くなるのでしょう。

仕事も少し余裕を持って段取りをしないといけません。とはいえ,お客様にご迷惑をかけるわけにもいかず,辛いところです。

現場の足場も屋根も凍っていることがあるので,1~2時間ほどひがさして氷が溶けるまで,下でゴソゴソと段取りをしていることがあります。決してサボっているわけではありません。
段取りを組むときに,この読めない時間をどう予測するか・・・・これがなかなかやっかい。というより,無理。

この時期の仕事は,段取り通りにいきませんので,お待ちのお客様に迷惑をかけることもしばしばありますが,説明をすれば殆どの方は納得して下さいます。

が・・・決めれば少しでも早くやってほしいと思うのが人情。中には,「まだ?」と電話をくださる方も。。。
申し訳ございません・・・としか言いようがないのですが,待って頂けているだけでも,嬉しい限りです。

ということで,おまたせして申し訳ございませんが,日々頑張っておりますので,今暫くお待ちいただきますよう,伏してお願い申し上げます。

思い込みや勘違い

仕事をしていて,たまにあるのが,この2つ。

人だから,そんなこともある。

書面にしていても,起こる・・・起きてはならなくても起こる,起こるはずないのに起こる,何度か確認していても起こる。

起こってしまったことをくよくよしても仕方がない。再発防止策を考える。

書類があっても,仕事は,最終的には人と人。不完全な人。起こりうるという前提で物事にあたらないといけないのだろうと思います。

では,起こってしまったら。

それは,速やかに,全力で解決にあたることが寛容かと。

人間いやなことは後回しにしたいものであるが,後回しにすればするほど解決が難しくなる。

いちはやく,意を決して,動く。これしかない。

本日,元請けさんを見ていて,その誠実さに心を打たれたのでした。

発注者~元請け~下請け(当社)

問題が起こった場合,誠心誠意,心を込めてお詫びと説明をすることが一番大事。言い訳は無用。事実を都合の良いように解釈しない。小手先の辻褄合わせでなんとかなる場合もあるのかもしれないが,それは絶対してはならないことと。

なにかと勉強になった一日でした。

築50年ともなれば

築50年の納屋の屋根。

菊間瓦葺き。

雨漏り調査。


棟の瓦があっちこっちで割れて,抜け落ちています。

DSCN5201.jpg


瓦のズレがあっちこっちでみられます。

DSCN5207.jpg


壁際のしもずれ落ちている箇所があります。

DSCN5212.jpg


棟が完全に崩壊しています。(雁振りだけ乗ってますので,どなたかが・・・)

DSCN5216.jpg

寒さに強くない瓦が,凍害の危険のある場所で50年・・・いろんな意味で驚きです。

本来ならば,葺き替えを提案するのですが・・・

施主は92才の一人暮らし。
跡取りなし・・・将来的には解体予定。
この納屋は,子供・孫の倉庫として使用(雨漏りは困る)。

ということで,なんとか修理して欲しいとのこと。


最近多いケースです。

が,このケースでの問題は

1.近い将来,また,修理が必要になる可能性が残る。

2.工事後,責任を持てない・保証ができない

ということです。

なにせ,歩いているだけで,割れる瓦がでるほど,弱っていますので。

それでも良ければ,ということで修理する事になりました。

1.ズレをなおす。
2.割れ瓦の差し替え
3.ズレそうな瓦の接着
4.棟の最低限の修理
5.錆びている谷部板金の取り換え
6.捨て谷の取り付け
7.壁際瓦の最低限の補修
等など

予算をできるだけ抑えるよう知恵を絞ります。

(遅ればせながら)あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は,ご愛読いただき誠にありがとうございました。本年も会社ともども宜しくお願い申し上げます。

さて,2016年も一週間以上が過ぎ,正月気分も抜けきった?ところですね。

あいさつ回りをしながら,新たな案件をいただき,嬉しい新年を迎えておりましたが,数日前,いきなり高熱を発し,インフルエンザか?とドキドキしながらかかりつけ医に行ったところ,扁桃腺炎でした。手足のしびれ感がひどくなり風邪か?と思っていたのですが,自分で熱が上がってくるのがわかるほどでしたした。
インフルエンザでないだけましか?と思っていたのですが,扁桃腺炎も伝染すから2~3日は寝てなさい,とのこと。
で,あいさつ回りは中止。
現場が動いているので,管理に出たいんですけどというと・・・医者から,たぶん倒れるよ,と。
急遽,職人に支持を出し,段取りを変え,デジカメをあずけ・・・・大人しく寝ていました。
年明け早々痛い目に合いましたが,これで今年の厄も落ちたことでしょうし,あとは上る一方かと,勝手に納得しております。

今日は少し熱も下がったので,誰もいない事務所で書類整理と近々の仕事の段取りをしています。

昨年も一度扁桃腺炎になっているので,今回も同様な対処法。
最近はお医者さんもデジタル化で,画面を見ながらこれまでのことや既往症などなど全て管理できているので,判断も早い。やはり,かかりつけ医は必要ですね。

潜伏期間が2日とのことでして,そうなると,あの日のあのあたりの人混みが原因か?などと想像してしまうのですが,この時期人混みに行くときはマスクが必要ですね。

そうそう,新年ですので,抱負を。

会社
1.ブロック工場  懸案の新製品について話を進める
2.屋根工事    隅棟の耐震化について新しい工法を開発する
3.事務       仕事の割当の見直し

個人
1.情報浦島太郎にならないよう気をつける
2.日本名城100選めぐり 5城以上
3.趣味にも真面目に取り組む
     ゴルフ(ハーフシングル)もう少しコース戦略の予習
4.禁煙 これは・・・(笑

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。