FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも瓦!?

職人が・・・瓦が重たいので熊本地震で家が倒壊した。

テレビを見ていると心配になったという。職人でさえ,そんな事を言い出した。何度も説明してきているのに。

それほど,報道の力は大きい。

古い家。地震に対する耐力が無かった家が,残念ながら倒壊してしまった。

当然のことながら,瓦屋根でなくても,耐力がないので,崩れている。。。。

逆に,新しい家で耐力があるものは,瓦が乗っていても倒壊していない。

瓦の重さが全く関係ないとは言わないが,重要なのは,躯体。

悲惨な状況ばかりを報道し続けることが,飯の種というのを少し立ち止まって考えて欲しいと思うのです。

正しい報道とは何なのか。報道スべき事は何なのか。

地震の度に,考えさせられる報道姿勢なのです。
スポンサーサイト

今日は,夕方から降ると思っていたのですが,少し早めの雨でした。

熊本の方々のことを思うと・・・・この雨は二次災害に繋がるのではないかと,心配になります。


さて,屋根工事が進みません。

お待ちいただいているお客様の事を考えると,申し訳ないのですが,自然の事ですので,私ではどうにもならず,お待ちいただくしかありません。ご了承ください。

雨漏りの現場は優先することもありますが,緊急事態出ないかぎりは,一つづつ丁寧に仕事をしています。

来週も3日ほどが雨の予定。週間天気予報を見るのが怖いです・・・が,段取りのため見ないわけにもいかず・・・困惑です。

簡易テントも考えたのですが,風を含むと危ないので,これも無理。

そういえば,今の現場のひとつは小運搬が必要なので,雨の日にカッパを着て皆で運び込む事も考えたいと思います。

それにしても,雨がうらめしい・・・

地震被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

2016年(平成28年)4月14日21時26分頃。
熊本地方を震源とする、マグニチュード6.5、
最大震度7の地震が発生しました。

そして,4月16日1時25分頃、熊本を震源とた、マグニチュード7.3
最大震度6強の地震が発生しました

気象庁によると,4月16日が本震だそうです。

亡くなられた方も出たこの度の震災にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

発生から数日経ったのですが,いまだに余震が続き心細いでしょうが,多くの方々がかけつけている姿をみると,元気づけられていると思います。

ただし,混乱の中ですので,残念ながら駆けつけることが邪魔となっている場合もあるようで,素人はもう少し見守るしかないと思います。

ついにきたか!と思ったのは,オスプレイが活躍するという報道でした。あの航続距離とスピードと積載能力・・・ようするに機動力は,他に類するものがなく,大きな活躍を見せてくれるものと期待しています。
ただし,かなりうるさいらしいので,現地の方々には,この点は辛抱していただく事になりそうです。

今できることといえば・・・ 義援金 あるいは 支援金 を送ることでしょうか?!

今まで,こに違いに気付かず,募金してきましたが,今回は,このお金の使われ方を理解して,どこに振り込むか考えたいと思っています。

春の雨

桜の開花とともに春を迎えたなぁ・・・と思っていると,雨がよく降りますね。

近所の桜もこの雨でかなり散ってきています。

花流しと言うようです。

桜の咲く頃の雨を 桜雨。

冷たい雨を 桜時雨。

日本人は,感性の豊かさから,いろいろな言葉(表現)を使っています。すばらしい。

前に,花散らし って聞いたのですが・・・雨が散らすというのは,風情が無い気がします。やはり,雨に流されるという表現の方が「いとをかし」ですね。←あってるかな?w

さて,こんなよく降る春の雨も,今日は特に強く降り,大雨でした。(流石に風情を感じる春雨なんてもんではなかったですね)

となると・・・雨漏りの連絡が。

伺ったところ,玄関の天井がしっかり濡れていました。あと,垂木のところから雨が落ちてくるとのこと。

見て直ぐわかったのは,谷が銅板であったこと。

しっかり穴があいていました。

数カ所ほど,コーキング処理してありましたので,前にも漏ったのでしょう。この度は,他の場所に穴が。

ただ・・・それにしても多すぎる。

おそらく,以前に処理してあるコーキングもきれてしまい,そこからも漏っているのではないかと考えられます。

コーキングは,接着という意味ではかなりもつと思います。が・・・防水効果としては,長くもちません。特に,屋根の上は。
とりあえず処置しておいて後で修理するのであれば問題ないのですが,意外に(漏らなく成ったからと)そのままにされる人が多いですね。

で,雨漏りするケースがあります。

たまに,コーキングしてもらったのに雨漏りする・・・という話を聞きます。

早ければ半年で漏りだしたということも。

多いのは数年くらいして漏りだしたというケースでしょうか。

コーキングは,便宜的として考えて頂きたいと思います。

瓦が割れている場合も同様です。

瓦の葺き直し

瓦が古くなると,葺き替えするのが普通ですが,葺き直しという方法もあります。

その前提として,瓦が弱ってないこと。

どういう場合に葺き直しをするとメリットがあるのか?

こちら様では,いろんな事が気になるということで(お話を聞いていると,この屋根を葺いた瓦屋さんが信用ならなかったのだが,我慢してきた。どこかのタイミングでちゃんと手を加えてもらい,安心してこの家に住みたい),災害に強いようにして欲しいとのこと。

要するに,「安心」したいと。

こちらの石州瓦は,瓦自体に問題が見受けられないので,そのまま使用し,現在当社で薦めている耐震耐風工法で葺きなおす事になりました。


瓦をめくると・・・ホコリがすごい事に。ホコリは,水を吸い上げるので,これが雨漏りの原因になることも,たまにあります。
そこで,ブラシでホコリを落とし・・・

1457789982151.jpg

掃除機で吸い取ります。

201603121.jpg


瓦をめくっていくと・・・釘が瓦4枚に一枚しか打ってありません。(当時は,4枚に1枚が普通,その後,3枚に1枚が普通となっていましたので,手抜きと言うわけではありません。当時では)
そこで,全ての瓦をステンレス釘止めします。

20160312142.jpg


棟は,強力棟金具を使いますので,台になる金具を取り付け,瓦を葺き上げていきます。

DSCN6446.jpg

隅の部分ですが・・・
雨水が瓦に沿って棟の中に入ろうとするのを防ぐため,端をカットします。(右矢印)
こうすれば,カット箇所で水がきれます。

このような三角になる瓦は,三角にカットした関係上,釘穴が無い場合がありますので,穴をあけて釘止めします。
こうすれば,地震がきてもズレる心配が少なくなります。

DSCN6447.jpg


瓦自体が経年劣化で,再利用出来ない場合もありますが,ここのように再利用出来る場合もあります。

ここの御宅は,雨漏りがしてなく,下地もしっかりしていたので,下地をつつくことなく,瓦の葺き直しとなりました。

ご予算の事もありますし,いろんな方法がありますので,興味ございましたら,お問い合わせください。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。