FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋根屋殺すにゃ刃物はいらぬ,雨の3日も降ればいい・・・なんて事を言いますが,今年の梅雨はよぉふりまんなぁ。

なんて言ってる場合ではないのですが,こればっかりは。

雨の合間に雨漏り修理に行くのですが,数も多く,とりあえず応急処置。

しかし,そのうち2軒から・・・雨漏りがなおってないとの連絡が。

そのうち一軒は,一度はなおったものの,今日の雨でまた漏りだした・・・とのこと。

不思議な事があるものだ・・・と首をかしげています。

屋根の雨漏りにもいろいろありまして,瓦が割れていると直ぐ分かりますし,谷の板金に穴があいていても,直ぐわかります。

しかし,屋根の上はなんのへんてつもない,それなのに漏れている場合があるのです。

こうなると,大変です。

これまでの経験から判断するのです。

しかし,外からはわからないので,瓦をめくってみたりいろいろします。が・・・今の天気ですので,いつ雨が降り出すかわからず,ドキドキですね。

雨漏りの止まってなかった2軒については,雨があがったら早急に向かわねばなりません。

何故・・・・とは思うのですが,もう少し瓦以外の場所についても考えなくてはなりません。(壁とかサッシとか)

なんにしても,雨漏りをほうっておくわけにはいかないので,雨上がりは又忙しくなりそうです。
スポンサーサイト

雨漏りもいろいろ

昨日は大雨が降り,深夜は大変な事になっていました。洪水警報も。。。

梅雨なので,こういうこともあろうかとは思いますが・・・この時期多いのが雨漏りの問い合わせ。

この写真は,原因の一例です。

近所の土木屋さんに見てもらったら,瓦がずれていたということで直してもらったのに,まだ雨漏りするんだけど。その土木屋さんが屋根屋に言う方が良いって言うから電話した・・・そんな内容でした。

屋根にあがったとたん・・・・雨がバラバラと。。。

この瓦は比較的滑りにくいので,注意しながら原因を探します。

遠目で見るとわかりにくいのですが・・・

DSCN8481.jpg

近づくと・・・こんな感じです。

DSCN8482.jpg

谷を塗装された跡がありますね。

その時の刷毛の跡に沿って穴が開いているようです。

谷板金に塗装して,刷毛のラインに沿って穴が開いているのを見るのは,これが初めてではありません。

どういう塩梅か・・・

はっきりした原因はわかりません。

が,この状況から推測すると・・・

塗料の成分と反応して穴があいた?・・・板金用の塗料がそんな事はないでしょう。

塗装の時に,穴があきやすい状況を作ってしまった・・・という事も考えにくい。

元々,穴が開いていたところに塗装をした・・・でも,刷毛の跡に沿っているのが不思議。

雨漏りの原因はわかりましたが,なぜそんな事になったのかが・・・不明。以前同じような事があったのですが,その時もいろいろ調べた挙句・・・降参。
調べ方がわるかったのでしょうが。

塗装の専門家と板金の専門家に話を聞くほうが良いですね。

6箇所+見えるかどうかという極小の穴が3箇所。

とりあえず,防水材で雨漏りだけは止めておきました。梅雨が終わったら修理しましょう。

ステンレスの谷なのに?

今日は,谷のお話。

ここは,谷にステンレスが使われているので,銅板のように穴があくとは考えられない・・・・はず。

DSCN8444.jpg


しかし,現実には・・・

DSCN8442.jpg

穴があいて雨漏りしたらしく,コーキングでとめていますね。

ん? その回りの半端瓦(三角)が,ズレてますね。引っ張っていた銅線が切れてます。

ここでも↓
DSCN8439.jpg

ここでも↓
DSCN8450.jpg

昔は結構細めの銅線が使われていたので,キレやすい。なにせ,何が含まれているかわからない雨あたっているので,錆びやすいしキレやすい・・・ようです。

問題の谷の穴ですが。。。

ステンレスなのになぜ?

ここからは,想像です。

・穴が開いている箇所は,少しステンレスがたわんで,ちょっとだけ雨が滞る可能性があるようです。

・近くを山陽本線が通っています。

線路が近くにある場合,電車の通過時に微小な鉄粉が舞うことがあると聞いたことがあります。

この鉄粉が谷に落ちても流れ落ちるはずなのですが,谷のたわみ?よじれ?により少し残った場合,水分と反応し錆びます。

ステンレスで一番怖いのはもらいサビ。錆びた鉄粉がステンレスと反応し,ステンレスが錆び,穴があく。。。こともあろうかと思います。

これはあくまでも想像の域を出ませんが,可能性としてはゼロではないかと思います。

他に理由があるかもしれません。

対応としては・・・

谷を真っ直ぐなものに取り替える。

半端瓦の緊結をやりなおす。

これで大丈夫でしょう。

想像の域を出ないわけなので,しっかり説明をする必要がありますね。

ただ,今までの経験からいうと・・・何度かこのような現場に出くわしたことがありました。鉄道の近くではありませんが。

雨水が滞らない谷に取り替えて,ソレ以降漏らなくなった・・・のです。

私たちは,全ての事がわかって工事をできているわけではありません。
しかしながら,これまでの長い経験を元にいろんな角度から材料や施工方法をを考え,最善を尽くしているのです。

夏でしょう?

今日は,本当に暑かったですね。

30度は超えたんではないでしょうか?屋根の上は間違いなく超えていると思います。

なにせ,朝の日差しから・・・・

DSC_1231_201606141840195a6.jpg

と言いたいところですが,この写真は別の日のものです。ごめんなさい。

ただ,今朝もこんな感じでした。位置が微妙に違うくらいでしょうか。

とは言え,梅雨には間違いないので,いつ雨になっても良いように気をつけていなければなりません。

特に,震災の復興で仕事をされている人は,暑さに負けずに・・・いや,体に気をつけて頑張って頂きたいと思います。


さて,夏になると,当社では,麦茶をペットボトルに入れ凍らしたものをクーラーボックスに入れて現場に行かせる様にしています。
あと,保冷ジャーも持たせています。

水分補給と休憩を頻繁にとらないと,大変な事になります。

・・・毎年,用意するタイミングに苦慮します。梅雨明けに・・・と言うのが恒例なのですが,今日の様な日には用意しておくべきだったと後悔します。

基本的には,職人が自分で用意しているのですが,このくらい暑いと水筒くらいでは足りないでしょう。自分で確保したようです。

やはり,毎年こうだから今年もこうしよう・・・ではなく,臨機応変に対応出来るようにしておかないといけませんね。

人は宝。気持よく仕事が出来るようにするのも,私の努めですので,早速,準備しようと思っています。


瓦で屋根に文字を

屋根に葺く瓦の色は色々ありますが,その瓦の色を変えて屋根に文字を書きましょうってことです。

平板瓦は基本,千鳥葺きなので,縦のラインが真っ直ぐ出ません。

ですが,それでもなんとかということで・・・悩んだ挙句このようになりました。

DSC_0110.jpg

なんだか昔のブロック崩しゲームみたいですね。(笑

昔のコンピュータは画像の解像度が低く,文字や物がガタガタ。(グラフィックモードは違いますが・・・ってのはその後の話)

問題なのは,屋根の上ではこのように見えますが・・・・しかし,家が道より高いので隣の道からは見えません。

見えるとすると,近くを通るバイパスから。。。。

さて,ちゃんと文字にみえるでしょうか・・・おたのしみに。w

とにかく,健康第一

最近,友人が病になり・・・ま,最近でもないのですが。大いに心配しております。

彼には,助けられた事も多く,老後は縁側で昆布茶をすすりながらロックの話でもしましょう・・・などと,訳の分からない事を約束している仲なのです。

彼の聡明さは羨ましい域にあり,いつ話をしても舌を巻くことが多いので,ある意味では師匠とも言えるでしょう。

一つ違いという事もあり,同世代。昔からの友人と言うわけでもないのですが,魅力的な人物なので,早い復帰を祈念しているのです。

他人の病を見ていて,自分が健康なことに有り難さを感じます。

自分が病気になった時も,健康の有り難さは感じるのですが,それとは少し違った感じですね。

他の知り合いにも,いろんな病気になったり治療をしたり・・・というのが多くなったのは,歳のせいでしょうか?!

私は医者では無いので,細かいことはわかりません。

平生往生とか日頃の行い?とか・・・いろいろ言われますが,なった本人はそれどころではありません。

確かに平生から気をつけることもあれば,検診を受けることも必要かもしれません。

そういえば,私も50過ぎてもまだ一度も腸内検査をしていないのです。

誰に聞いても,しんどい,と言います。つらそうにw

もう少し,辛くない検査方法はないものか?と思うのですが,皆が言うのでないのでしょう。

ですが,友人を見ていると・・・・うけとかんといかんな。そう感じている今日このごろです。

みなさま,健康第一。

梅雨入り

いよいよ梅雨に入りました。

屋根屋にとっては正念どころの季節。というよりは・・・神頼みの季節?

どうしても降ってほしくないタイミングってのがありまして,前後1日くらいはなんとか動かせたりするのですが,梅雨はそうはとんやがおろしてくれません。

ま,それでも,なんとかするのが仕事ですが。

これからの天気予報は,降水確率40%とか50%とか・・・いったいフルの降らないの???とヤキモキする数字が並びます。

ま,仕方ないのですが・・・

で,この時期大変なのが雨漏り。降っていたも家の中は確認できますね。

屋根の上はほぼ無理。

わかれば,直ぐ工事。直ぐです,何時フルかわからないので。。。そうでなければ,養生。

中には,いまさらだからタライで受けとくから,雨がやんだらゆっくりやってくれ!と言われるようなツワモノもいらっしゃいますが,そう言いながらも,まだこんの?と電話があったりしますね。

気持ちは痛いほどわかっています。

お客様のわがままをどれだけ聞けるかということもあるのですが,人数も限られていますので,ご容赦いただく場合もあります。
申し訳ございません。

最善を尽くさせていただきますので,宜しくお願い申し上げます。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。