瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

雑感

衆議院の解散により、選挙が始まりますね。

そんな中、広島県ではいろんな動きが・・・。

自民党を離党していた広島4区の中川俊直氏が出馬断念。不倫がどうのとかは興味が無いが、不倫相手と結婚式を挙げていた?というのには驚いた記憶がある。重婚禁止の日本では婚姻届けまでは無理・・・いや、それ以前の問題。
私なんぞとは、感覚が違うのだろう。
しばらくしてから、頭を坊主にして謝罪?再起パーティー?を開かれていたが、無所属での当選は無理なので、この判断となったのでしょう。

それはさておき、本日、広島6区の亀井静香氏が勇退を表明。

これで、自民党の小島氏と自由党の佐藤氏の一騎打ち?
共産党からも出馬はあるでしょうが、希望の党の話は聞いてません。

元々、亀井氏は前回の選挙で佐藤氏に席を譲るなんて噂も出ていましたが、そのまま無所属で出馬し当選。小島氏は、打倒に燃えていましたが、惜敗・・・比例で復活。自民党は圧勝でしたので。

元々亀井氏は、中選挙区の時代でも、かの宮沢喜一元首相をおさえてのトップ当選をしていた人物。選挙は強かった。
当時、あるところでの講演で、「宮沢先生は素晴らしい人物。政界に無くてはならない。是非、当選を果たしていただきたい。」とエールを送っていましたが、最後に「ただ、投票の時は亀井とお願いします」なんて笑いを取っていたらしい。

自民党の党首選挙ではどうしてもトップになれず、ついには離党、国民新党を立ち上げる。広島6区では強いが、全国的には人気が薄かったのも事実。
実は、小泉政権時代の選挙の時、落下傘でホリエモンが自民党から出馬。センセーショナルな出来事でした。しかし、亀井氏が当選。
亀井氏は、いつも、小選挙区で戦う、比例には回らない、並立もなし。小選挙区で負けた時は、議員を辞めるとき、と言っていた。
浪花節?古いタイプかもしれないが、そういう人柄も、有権者の心をつかんでいたのかもしれない。

そんな亀井氏ではあるが、やはり歳には勝てなかったのか?最初で最後の敗北をきするよりも、辞め時と判断したのか?

アメリカでトランプ大統領が誕生した時は、石原慎太郎氏と一緒にトランプ氏に会いに行くとか言われていたので、まだ元気なんだなぁと思っていたが、実現してない。

そういえば、だいぶ前から、顔が少し浮腫んでいるように見えていたので、体調が良くはないのだろうと思っていた。前回の選挙でも元気にはふるまっていたが、少々痛々しく見える場面もあった。

ここ、広島6区では、惜しむ声もおおかろうが、ほっとする人も多い事実がある。

仮に、亀井氏と佐藤氏がタッグを組めたとしても、今の自民党小島氏が有利かな?
広島6区では票の多い三原市・尾道市。その尾道出身の佐藤氏が亀井氏の票と連合の票と、自民党の中の隠れ佐藤派の票を上手く取り込めれば、良い戦いになるのかもしれません。自由党での比例復活がありえるのかどうかわかりません。

選挙は水物なのでどうなるかはわかりませんが、この地域の為になる方の当選を願っています。
スポンサーサイト

台風一過

少し前の話ですが、この辺り(中国地方山陽側)にも、少しだけ台風の影響がありました。

何軒か雨漏りの連絡がありまして、調査・修理をまだやっています。

その中で少し特殊な事例です。

ここは、屋根の葺き替えがだいぶ前にされているようです。その時、壁をプリント版(板金)にし、壁際にも水切り板金が取り付けられた様子。

しかしながら、窓が木製。窓枠も木製。下水切りも木製。。。。です。
経年により隙間があるような無いような。。。

雨漏り箇所の真上が、ちょうど木製窓。

おそらくですが、この隙間から雨が入ったようです。

二階の屋根の軒の出がありますので、通常の雨では漏らなかったのですが、台風の風雨で入ったようです。

DSCN5700.jpg

とりあえず、コーキングで隙間を埋めておきましたが、このような場合100%止まるかどうかわkらないのです。様子見です。
止まっていたとしても、今後も注意が必要です。


次のお宅は大変です。

鬼が落下。

通常ありえないのですが、おそらく鬼の取り付け線の腐食か、その線を取り付けていた釘?ビス?が腐食して支えきれなくなり、このこの度の台風で落下したものと思われます。

DSCN5704.jpg

反対側の鬼をみてみると、葺き替えをされたときに、古い鬼を使われたようで、見たことない組鬼でした。

落下した鬼は粉々ですし、残っている鬼を鬼師さんに再現してもらうと高くつきそうなので、思い切って両方同じものに取り換える事になりました。

DSCN5724.jpg

この棟は、水板というものでして、少し凝った棟です。

解体も大変で、棟の中に箱が作られているので、さて、どういう段取りで修理をするか頭を悩ませています。

鬼を裏側からみるとこのようになってました。

DSCN5726.jpg

大木あ隙間がありますが、漆喰処理されていた跡があるので、経年劣化で漆喰が落ちたと思われます。

箱の垂木も鬼の中に伸びていますが、次につける鬼では無理なので、このあたりの加工も必要です。

鬼が落ちるなんて事は滅多にないのですが、これは色んな条件が重なってしまったのでしょう。

ちなみに、鬼が落ちたということは、周辺や下屋根も痛んでいます。

でも、何よりもけが人が出なくてよかったです。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード