FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓦塀 進行中

前回、瓦塀の話をしたのか、小早川隆景の話だったのかわからないようなblogでしたが、今回は、写真入りで進捗状況をば。

壁となるブロックは、150厚。
鉄筋をのぞかせていますが、のぞかせているのにも長さにも意味があります。

長年ブロック塀工事をまるごと受けてきました。

ブロックにはブロックの、瓦には瓦の、塗には塗の、プロに頼むのは当たり前ですが、意外にも左官の方が独自の方法で全部やる事が多いようです。それはそれでいいのでしょうが。

ブロックの施工にも瓦の施工にも耐震・耐風が求められているので、両方の工事に携わってきたのは強みです。

DSCN1195.jpg


家の土台を止めるのと同様に、アンカーを入れて、天場のブロックを乗せていきます。
ブロック職人は、あくまでもブロック専門の職人さんで、いつも無茶苦茶気を使ってもらってます。
これが結構手間なのですが、誤差1ミリ以内で仕上げていれば、瓦を葺くのが楽なのです。実際には1ミリの誤差もありません。

DSCN1192.jpg

瓦を葺くための垂木。この高さも瓦の勾配等に関係してくるので、指定しています。
アンカーボルトの位置も重要。
瓦塀は職人泣かせ・・・泣かせているのは私????

DSCN1287.jpg

瓦割して軒瓦を乗せていきます。

DSCN1295.jpg


棟の施工時に芯になる木を取り付けます。
瓦屋としては、瓦塀といえども耐震工事。

DSCN1312.jpg


意外に見落としがちなのが、巴。
巴の背中から線がでていますが、これが無いと地震の時に動くことがあります。
無い方が綺麗だし、鬼に押さえられているのでうごきゃ~せんわ!という職人もいますが、あくまで耐震。
(実際、芸予地震の時に巴が動いたり取れたりしているのを何度も見ました)

DSCN1320.jpg

で、この巴・・・左巻きの三つ巴。
(巴の先の尖っている向きで、左巻き右巻きが決まります)
小早川家の家紋です。

実は、巴が残っていたので、せっかくなので使わせていただきました。


ちなみに、軒瓦の万十(丸)の部分に家紋を入れる事ができますし、鬼の鏡の部分(この鬼は既製品なので、小槌が入ってます)にも入れる事が出来ます。
特注なので、金額がアップするのと納期が一か月くらいかかります。

さて・・・・いまから、仕上がりが楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。