FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い瓦の修理に血が騒ぐ?

古い建物などの改修工事・修理工事に出会うと・・・全部新しくやりかえればいいのに!なんて軽はずみな考えを起こすことも。

綺麗になるし、仕事も楽だし・・・金額が安くなる場合もあるのです。

しかしながら、逆に、残せるものなら残したい。修理でいきたい・・・そんな現場もあるのです。

ここにある古い門や土塀は、家屋とくっ付いていたのですが、家屋の解体とともに、修理あるいはやり替えが必要になった現場です。

門の屋根の一部が家屋にくっ付いていたため、えぐれていたのですが、大工さんが綺麗に屋根地を作ってくださいました。さすがです・・・という仕上がり。

で、瓦を葺いていくのですが、通常の判(大きさ)と違い、門などで使われる小さい寸法の瓦。同じものを探すのに手間取りましたが、なんとかゲット。


屋根地が微妙に反っているのですが、なんと袖は一文字。ひさしぶりの合端で緊張しました(私でなく職人談)。(笑

1480325805394.jpg


菊間瓦等のいぶし瓦を葺かれている物件によくある袖丸の二本流し(というのかどうか?)も微妙な反りを考えながら。

1480491907585.jpg


実は、一方の鬼が一部カットされており同じものを探したのですが見つかりませんでした。
ということで、鬼は二つとも交換。なので、棟も耐震に巻きなおすことに。

門は順調。


さて、瓦追手(瓦塀)ですが、なんと、コンクリートの打ち方が・・・・なぜ?って感じでして、頭を悩ませていました。

こんなに太くなると・・・同じようには葺けません。

DSCN1121.jpg

ですが、コンクリートをハツルのも大変ですし、その後の仕上がりのイメージが悪いのです。
では、そのままなんとかしましょう。。。

ということで、

1480491921214.jpg

瓦を3枚並べる事にしました。勾配が緩いのですが、ま、3枚ですし、もし雨が回っても下はコンクリートですし人も住んでないので雨漏りも関係あるまい・・・と。。。苦肉の策です。


そして、もう一つ頭を悩ませているのが、ナマコ壁。

DSCN1486.jpg

どこもかしこも漆喰が剥がれているのです。

お客様は、酷いとこだけでいいと言われるのですが、ほとんどすべてなんですけど・・・。一か所はがすと、つられて他もはがれそうです。

さて、ど~~したもんかいのぉ~~(悩

いやぁ~~~、こういう工事って、なんだか楽しい。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。