FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓦 崩れやすい棟の見つけ方

大規模な地震がこの20年の間に何度も起こり、色々と心配されるかたからの問い合わせをいただくようになりました。

(地震直後は多いのですが、時間とともに無くなります・・・・のど元過ぎれば?でしょうか)

さて、個人様が自分で判断できる一番手っ取り早い方法です。

屋根の一番高いところにある、棟を見てください。

その棟に・・・縦に線で結んであるのが見えたら”要注意”です。

昔は、屋根の一番上に棟を施工するとき、風で飛ばないように銅線あるいはステンレス線で括り付けていました。

しかしながら、この棟は屋根の一番上に乗っているだけですので、地震が来たら動きます。最悪崩れます。

なにせ、乗っているだけですから。

この工法ですと、手間がかからず、安価に提供できたということはありました。

金融公庫の仕様にも、このように図示されていました。(今は変わってます)

今でもステンレス線を使えば強い・・・と、この大回しと言われる工法を使っている業者もいますが、地震でまること落ちたのでは意味がありません。

ではどうするのか?

心配の元を取り除くには、棟の巻き替え・まき直しです。

1.古くて痛みのひどい瓦の場合は、新しい瓦を使って耐震工法で巻き替え。

2.まだ使用できる瓦の場合は、その瓦を使って耐震工法で巻きなおし。

家の中で一番条件の悪い場所で家を守っている屋根に(たまには)目を向けてください。

屋根材の中で(物理的にも科学的にも)最も優れた性能を持つ、焼き瓦で長く家を守るためには、正しい耐震・耐風施工をお勧めします。

棟に線が巻かれていて、大丈夫かどうか不明な方は、ご連絡ください。調査の上、説明させていただきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。