瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

屋根の雨漏りは早めに解決するのが吉

家にとって湿気は嫌なものですが、その中でお雨漏りは、気持ちが滅入ります。

いやいや、恐ろしいのは・・・放っておくとダメージが大きくなり、修理も高額になってきます。

我慢・・・という言葉はある意味美学かもしれませんが、雨漏りにはあてはまりませんね。

今日も雨漏りをしているお宅に調査に行ったのですが・・・それは次の機会においておいて、今回はちょっと特殊な屋根の雨漏り調査のお話です。

だいぶ前から雨漏りはしていたらしいのですが、屋根がかなり高い事もあり登れない(ま、素人の方が登れる高さでもないし、そもそも上るのは危険です)

落ち葉が原因だろう?!との話もありましたが、このとき落ち葉はありません。

そして、雨が降るといつも漏るというわけではないそうです。

足場無しで上がるのは危険な高さですので、山の方から望遠で写真を撮りまして、パソコンで拡大しながら怪しい点を探りました。

それと同時に、天井も色が変わっており貼り換えると言われていたので、遠慮なく天井板を剝がさせていただいて、天井裏に上り調査しました。

すると、

DSCN2189.jpg

やはり、

DSCN2192.jpg

という事は、他も・・・

1487754835415.jpg

やはり・・・

という事は、他の隅も・・・と屋根裏を渡り歩いてみたところ、同様でした。

同じ職人が同じように葺いているので当たり前ですね。

位置が確認できると、悪い場所の憶測が確信に変わります。

(表面上は綺麗に葺かれている屋根の雨漏りは結構多いので注意が必要です)

場所がわかっても、棟が絡むとどのような施工にになっているのか解り難いものでして、ましてや、降り棟・隅棟に簑甲までついていると尚更解り難いものです。

が・・・そこは経験から絞り込みができるのです。何千と施工・修理してきた経験がありますので。

そして、修理の方法も同様です。


こちらの瓦は使用されることの少ないタイプで、おそらく施工した事のない瓦屋さんも多いでしょう。

ただいま、修理中。

本葺きに見えて本葺きでない瓦・・・・そして、実際本葺きの個所もある。そんな屋根なのです。

専門用語が多くてすいません。

簡単に言うと・・・・この修理は「大変だ」ってことだけおわかりいただければ幸いです。

もし、瓦に興味のある方は、簑甲・本葺きなどでググってください。

もう少し、パソコンやブログの腕を上げたら、読みやすいブログにできると思います。

それまで、我慢お願いします。あっ、雨漏りの我慢は禁物です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード