FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の前に

気が付けば、ゴールデンウィークも終わってます。なんと日にちの経過の速い事!驚くばかりです。

さて、これから気になるのが、梅雨時期。

毎年、雨が多いか空梅雨か、予報通りにならないこともありで、頭を悩まします。

というのも、雨で工事が出来ない上に、雨漏り案件が増えるからです。

梅雨の入りがいつなのか!・・・大いに気になるところです。
早ければ6月中旬、おそければ7月初旬・・・というところでしょうか。

さて、ここからは、梅雨前に気を付けて見ておいていただければ・・・と思う箇所を説明します。もし該当箇所があれば、とりあえず相談していただければと思います。

1.瓦を接着剤で防水している

DSCN3042.jpg

こちらの写真は・・・通常このような施工はしないのですが・・・瓦を谷部分で切って、コーキングで防水しています。
(谷の部分を切ると雨が入りやすいので、通常は調整瓦という寸法の異なる瓦を何枚か使って長さを合わせ、雨仕舞します。)

ここで使われているコーキングと呼ばれる接着剤ですが、経年劣化で防水機能が低下、あるいは無くなって雨が侵入することがあります。
(ここは、もちろん雨漏りしていました)

良く使われるコーキングですが、大事な箇所をコーキングに頼るのは危険です。

〇解決策:、調整瓦を使って改修するのが一番です。


2.瓦のズレ

DSCN3110.jpg

瓦には重なりがるため、少々のズレでは雨漏りしません。が、当然の事ながら、これだけズレてくると雨が入る可能性が高くなります。また、台風や強風で瓦が飛散することもあるので注意が必要です。
(ここは雨漏りはしていませんでしたが)

〇解決策:ズレを直して、瓦を止めつける。


3.壁際のし

DSCN3084.jpg

建物等の際には、このように”のし瓦”が積まれていることがあります。

現在では、積まれているのし瓦の上に”水切り板金”が取り付けられていますが、昔は、漆喰やモルタルが上に塗られていることが多いです。

しかしながら、長い風雨で取れてしまうと、簡単に雨水が侵入することになります。

〇解決策:一番良いのは、水切り板金取り付ける事ですが、とりあえずの補修であれば、漆喰を塗っておく方法もあります。(長いうちには、また取れてしまいますが)


4.棟の冠瓦

DSCN3064_20170509182951818.jpg

昔の棟瓦の緊結は、十分でない場合が多く、この棟のように傷んでいる場合が結構あります。これは、一番上の冠瓦が取れてしまっているケースで、一番大事な瓦が無いため、雨水が入っています。

但し、のし瓦が残っているため、簡単には家の中まで雨が入らないのですが、それでも長いうちには入ることになります。

〇解決策:一番いいのは、棟の巻き替えです。とりあえずであれば、冠瓦を並べて”のし瓦”と接着するのがいいでしょう・・・しかし、これはあくまでも”とりあえず”であって、おすすめしている訳ではありません。


5.谷部

DSCN3046.jpg

谷に使われる材料の変遷としては・・・鋼板→銅板→ステンレス板・・・となっており、今はステンレスが一般的です。

ここでは銅板がつかわれており、穴の開いた箇所をコーキングで補修しているのがわかります。

しかしながら、前にも書いている通り、コーキングは長くもちません。

こちらから雨漏りしています。

また、谷部では、三角に切った瓦が並んでおり、この瓦の止めつけが悪いと、ズレてはずれてしまい、そこから雨が入ることがあります。

〇解決策:最善の方法は、谷板金を取り換え、瓦をしっかり止めつける。簡単な方法としては、やはりコーキングなのですが、お勧めはしていません。


以上、かなり簡単に説明しましたが、おわかりになりましたでしょうか?

あくまでも、修理(簡易修理)としての話です。


こちらの屋根は瓦も古く、全体的に瓦のズレも多く、全ての棟がかなり傷んでいました。

雨漏りだけでなく、耐風・耐震を考えれば、全体を葺き替える方が良いという状況です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。