FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨漏り事例(見えないところに潜む危険)

雨漏りの原因にもいろいろありますが・・・

今回は、偶にみかけるケースです。

経験豊富な屋根屋であれば、すぐに気づくのですが、そうでなければ見逃すこともあるでしょう。

割れの位置や地域を考えると、すぐピンときます。凍害という判断は間違いです。

ここで葺かれている瓦は、30年以上前のものです。

↓これだけ、パックリと割れていれば、解りやすいです。

DSCN4790.jpg

瓦が古いから割れたのでしょうか?

確かに古いですが・・・とりあえず、差し替えて雨漏りをとめましょう!と通常考えて処置をします。

が・・・割れている瓦を全部差し替えたのに・・・雨漏りが止まらない。。。なぜ?

この瓦は寒い地域では、凍害被害にあったりして問題を起こす事もありますが、ここは地域的には凍害にあい難い場所。

では何故瓦が割れたのか?何故差し替えても雨漏りが止まらなかったのか。

実は原因はほかにあります。

↓この写真では雨漏りしそうには見えません。

DSCN4803.jpg

しかし・・・めくってみると。

DSCN4816.jpg

割れてます。

DSCN4840_20170807175913af8.jpg

割れてます。

DSCN4848.jpg

割れてます。。。

瓦の重なりの位置が割れているので、表面からは解り難いです。

ここから雨漏りしていたわけです。

では、なぜ??? 写真の通り、こちらでは、瓦を鉄くぎでとめてありました。

鉄くぎが錆びています。

錆びによる膨張により、釘穴を開いて瓦を割っていたのでした。

毎回思うのですが、さび膨張の威力ってすさまじいです。

鉄くぎも溶けたようになっています。

当時は銅釘を使ってたとおもうのですが、なぜ銅釘を使わなかったのか・・・コスト?わかりません。

現在は、ほぼステンレス釘が使われています。

しかも、リング釘や逆回転しないスクリュー釘です。

時代とともに工法や副資材が変わってきていますので、このような事は起こらなくなっています。

ちなみに・・・

瓦はその重なりに雨が入ることがあります。水返しによって、また瓦の隙間から流れ出るので、問題ありません。が、このように割れてしまっていると、そこから雨水が入ってしまいます。

偶に、瓦の重なりの部分に接着剤(コーキング)してあるのを見ますが、重なりに入った雨水が出なくなって雨漏りの原因になることがありますので、注意が必要です。

瓦屋は、なんでもかんでも接着剤(コーキング)で止水をするのを嫌います。本来の瓦の持つ機能が損なわれたり、美観が損なわれたり、ということもありますが、そもそも、屋根の上でのコーキングの耐用年数なんて知れています。

肝心な箇所ほどコーキングを使いません。

コーキング個所からの雨漏りなんてのも良くある話ですので。。。。気を付けてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。