瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

ドローンによる屋根調査プロジェクト進行中

今日も日中は暖かかったです、これで、桜の開花も弾みがついた事でしょう。
花粉症の人は大変の事と思いますが。

さて、懸案の「ドローンをつかった屋根調査」のお話です。

東京のクルーという会社がドローンルーファーというタブレットアプリを開発したということで、説明&デモに来ていただきました。
遠いところありがとうございました。

説明はわかりました。しかし、知識の乏しい私が質問する内容は・・・・うまく質問できてない。はぁ。
それでも、うまく理解して説明してくれました。

そして、デモンストレーションです。
20180328_114912.jpg

20180328_120056.jpg

29541180_1676804339062824_5175424693538887065_n.jpg

29542133_1676804362396155_6763211358983359438_n.jpg

29571029_1676804379062820_2160857963074035401_n.jpg

簡単。簡単すぎる。
少し風もありましたが、安定しています。すごい。
なんと、当社の屋根の瓦の欠けもクッキリと・・・(笑

ほんと、世の中進みましたねぇ。

これが可能になったのも、スマホの発明の恩恵のようです。おそるべし、ジョブズ。

これなら、手りゅう弾の一つや二つぶら下げて行って、落として帰れるわ!恐ろしい。いや、ま、それは置いておいて。

機器の購入や代理申請などの初期投資はそうでもないのですが、月々のソフトの使用料・サポート費用がかかりますね。
20年前なら即決ですが、今は固定費圧縮のおりですので、う~~~~ん、悩ましいです。

確かに、固定費としては、積算ソフトと大差ないのですが、倍になるのかぁ。
これがセットでもう少し安くなると即決しそうでした(笑
積算ソフトメーカーと連携をしているそうなので、もう少し待ってもいいかな・・・いや、早い方が良いかな・・と悩みは尽きません。

ドローンによる調査が有料でも理解してもらえるのか?
今までの、見積もりまでは無料という方針転換の時期が来ているのか?(確かに、今までの調査は、はしごかけて登って写真撮って説明付けて、印刷して、見積もりして・・・ここまでやって無料というのも少々無理のある話なのですが)

とりあえず、導入した人をしってるので、使用感を聞いてみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード