瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

ドローンによる屋根調査の問題点

今年の目標として、ドローンによる屋根点検があります。

自動運転アプリ(半自動?)の開発会社からデモに来てもらったり、国交省のHPを読んだり、YoutubeやWebで情報を集めたり、と最適な環境を模索しています。

とりあえずやってみれば!というのもありますが、法規制が色々とある中、いち企業として安易な行動は慎むべきと思っておりますので、そういう訳にはいきません。

ドローン事態のウィークポイントとしては、
1.風に弱い
2.雨に弱い
3.所詮は機械

1.については、空中を飛ぶのでいたしかt4あありません。
2.については、今後いろいろ出てくるでしょう
3.が問題です。

空中を電波で飛ばす機械なので、落下等について慎重に考えないといけないと思っています。保険があるのでいいじゃないか?という訳にはいきません。

建物や自動車にぶつけて・・・という場合は保険でなんとか(しかし、気分はよくない)
人にあたって怪我・・・・・・・となると保険は出たとしても、気分は最悪+完全にイメージダウン

恐れていては何もできないのですが、回避する事を考えねばなりません、そのうえで起こったことは、あるいみ仕方ありません。
(車の事故などこれにあたると思います)

では、回避するとは?
能力を身に着ける、高める事だと思います。

そう考えた場合、ちゃんと講義を聞き、技術指導を受け、知識と技能を身に着ける事だと考えます。
民間検定であっても、終了照明があるととりあえずのハードルはクリアできるのではないかと思うのです。

信頼性の高い製品がどんどん出ているように思いますが、所詮機械。
気を付けたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード