FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勾配の緩い屋根に対応した瓦は?

日中熱くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
若干へろへろモードになってきた伊藤英治でございます。(笑

さて、屋根にもいろいろありますが、意外に厄介なのが勾配。。。つまり屋根の角度です。

瓦の物理性能として勾配の緩い(緩勾配あるいは低勾配と呼ばれる)屋根には、普通の瓦は葺けません。雨漏りのもとになります。
一般的な瓦は、4.5寸勾配以上が良いとされています。

では、緩い場合はどうしましょう?ってお話です。

さて、こちらの屋根は、40年程ノーメンテのセメント瓦。
(セメント瓦にもいろいろありますが、これはS型スレート)

DSCN0500.jpg

この瓦は、比較的緩い勾配でもOKです。
が・・・塗装が劣化し(ほぼない?)、表面が風化し始めています。
このくらい劣化してくると、再塗装しても、塗装が長くもちません。
で、葺き替えということに。

めくってみると・・・雨水の侵入痕がありますね。

DSCN0511.jpg

下地処理を済ませ。
防水材(改質アスファルトルーフィング)を貼り・・・
屋根の角度を測ってみましょう。

DSCN0544.jpg

16.7度ですね。

3寸勾配は、3/10 16.6992度 なので、3寸勾配で間違いありません。
普通の瓦を葺くと・・まずい事になる可能性が大!

で、今回使用した瓦は、施主様が石州瓦が良いということで・・・

シバオの総合防災ウルトラ3S瓦スーパーB(俗称:Bタイプ)です。

DSCN0579.jpg

表面にカラスの足跡みたいなのがありますが、これが醤油・・・じゃなくてミソ。
水を分散させるためのもの。
他にも、水返しのこととかいろいろありますが、今回は省略。
気になる方は、↓をごらんください。
Bタイプ

梅雨・・・いつ入るんでしょうかね?
ドキドキ・ハラハラしてます。。。w

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。