FC2ブログ
瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨漏り原因No.1

今から25年以上前に屋根を葺かれた物件の多くで、雨漏りの原因No.1は・・・谷。

↓こうなっている個所です。
DSCN0827.jpg

一見、瓦も割れてないし・・・

ところが・・・穴が開いてます。

DSCN0826.jpg

DSCN0829.jpg

丸い黒くなっているところ。

昔は、銅板で谷が施工されている場合が多いです。現在はステンレスが多いかと思います。ガルバの場合もあります。

銅板は柔らかくて加工がしやすく、比較的対候性もあるとされていましたが、現在の何を含んでいるかわからない雨がポトリポトリと落ちると穴があいてしまうようです。いわゆるPM2.5とか黄砂とか。
ちなみに、黄砂は中国の砂漠から工業地帯を通過して偏西風に乗って日本まで来るそうで、環境基準の低い?基準があっても守らない?煙にさらされて飛んでくるとなると・・・問題です。超微量ですが水銀やカドミウムも付着して言うrとかって話を聞きました。
おそろしい。
超微量がどの程度なのかわかりませんが。。。

それと、雨の滴は石に穴をあけると言われています。となると、柔らかい銅板に物理的に穴が開くことも考えられます。

対処方法ですが、谷板金は取り換えですね。
とりあえず、コーキングとかで穴をふさいでおけば、とりあえず雨漏りは止まるでしょう。。。。が、屋根の上で施工されたコーキングの止水力は長くもちませんんので、「止まったからいいか!」でなく、取り換えられますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。