瓦とブロックの総合センター・本郷建材工業株式会社のホームページへ移動

【覚書】各種屋根材の経年劣化の種類と対策

今日は一段と寒く、県北では雪が積もっている様子です。このあたりでは、雪はありませんが、タイヤをスタッドレスに代える人が多いようで、タイヤ屋さんはてんてこ舞いの様子でした。

さて、屋根材にもいろいろありますが、経年劣化が心配なところ。国総研がまとめたらしいので、覚書としてエッセンスを書いておきたいと思います。


国総研(国土交通省国土技術政策総合研究所)発表 共同研究報告書(全瓦連、全陶連 等)

粘土瓦葺きの経年劣化
①瓦のズレ、浮き、脱落、飛散
②瓦のひび割れ、凍害、欠落
③漆喰の剥離、剥落
劣化3段階区分(必要な工事の程度)
 劣化レベル1(経過観察)
 劣化レベル2(部分補修、部分交換)
 劣化レベル3(大規模改修、葺き替え)

化粧スレートの経年劣化
・コケや塗膜の退色 再塗装時の目詰まり
 仕上げ面のコケ、塗膜劣化、葺き材のめくれ、再塗装時の目地つまり、板金部のめくれ、さび、野地板、棟木下地の腐朽
 再塗装の場合、重なり目に入った塗料をきちんと縁切り作業を行わないと、毛細管現象で侵入した雨水が排出されず雨漏れを起こす
 塗装工事は、塗膜の保護と美観の向上にはなるが、防水性能の改善にはならない。
 防水性能は、化粧スレートの下の市アブ機材の劣化によるもので、表面からは判断できず、小屋裏点検口より野地板を点検し、雨漏れなどの症状がある場合、葺き替えを行って下葺き材の交換となる。

金属屋根材の経年劣化
・破風板の木部腐朽 折り曲げ部や谷部のさび
 もらい錆び、屋根の端部、軒部、袖部の木部腐朽
 さびが全体に発生している場合、金属板に穴が開いた場合は葺き替え

プレスセメント瓦の経年劣化
・塗膜の劣化や剥離 下地処理剤を良く調べて
 再塗装する場合、塗膜の下地にスラリー層を有する場合、塗料がセメント基材まで含侵せず、すぐに剥離する場合がある。

シングルの経年劣化
・立地環境でコケ発生 反りがあると台風で剥離
 コケの発生、シングル材の下地からの剥離、欠損、砂落ち、反り、ひび割れ
 多いのは、草木の多い場所でのコケの発生(目地から雨水侵入)
 葺き替え、シングルにてかぶせ葺き

下葺き材の経年劣化
・熱や雨水侵入で劣化 種類多数、製品名記録を
アスファルト系の劣化因子は、熱や屋根材の間隙から侵入する雨水


エッセンスを抜き出したものなので、少し解り難いかもしれませんが、参考になれば。

ここにきて・・・雨?

天気予報では、今日は曇り・・・のはずが、朝から雨。

週間予報の降水確率をみると、(サイトによって違うのですが)かんばしくないです。

まずいです。

が、天気を恨んでも仕方ないので、雨の合間をみてしっかりと仕事をしていくしかありません。

ところで、

屋根の見積もりにもいろいろあるようでして、

昔は坪いくらという計算が多かったようです。今でも、「屋根をふき替えるのいくらでやってくれる?」という人もいます。

現在当社では、部位別でやっております。

例えば、平部・軒部・袖部・大棟・隅棟・降棟などバラバラに見積もりしています。

坪いくらであると、何がどうなのかわからないからです。

棟も、鬼の寸法やどういう巻き方をするのかも明記しています。

もちろん、シャチ等の役物も別です。

この方が、明瞭だと思うのです。

そういえば、ある会社では1枚いくらという見積もりも残っているようです。

平は1枚は1枚なのですが、軒1枚は平何枚分という計算で、トータル枚数に単価をかけるという方法だそうです。

う~~~ん・・・いろんな屋根屋があるものです。

実は、瓦そのものの値段の出し方も産地によって違う場合があります。

三州では、瓦の種類ごとに定価設定がされています。

石州では、平は1倍、軒は何倍、鬼は何倍って風に、平を基準に倍率が設定されています。

先ほどの屋根屋さんは、この石州方式ですね。

1200年の歴史を持つ瓦ですから、ほんと、いろんな事があります。

良い事でもあり、悪いところでもありますね。

瓦屋根と板金屋根

ご無沙汰しております。
今年もあと1か月余り・・・早いですね。

それにしても、この秋は雨が多かったです。雨漏りのお問い合わせも多かったのですが、なにせこの雨で工事が進まず、何かとご不便・ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
なんとか、一日でも早く行けるよう頑張っておりますので、今しばらくお待ちください。

とあるお宅のお話です。
母屋と納屋の間に谷があるのですが・・・・屋根がぶつかっていて・・・う~~~ん、説明が難しい。。。

問題は、
ステンレス谷が入っているのに、ほんとうに小さな穴があいている。
谷と瓦の間が狭く、落ち葉がたまってオーバーフローしている。
納屋の瓦屋根が母屋の庇部分(アポロ葺き:板金)と交差していて、谷の母屋側が庇の上においてある状態。
その庇屋根を普通に施工されているので、谷の下を通ってケラバから雨が落ちてくる。
その隙間にTVケーブルが通っている。(TVケーブルをつたわって雨が落ちてきている。)
などなど

これらの問題をひとつづつ解決していけば、雨漏りは解決できるのですが、板金工事が主です。

納屋と母屋の間に屋根があり、谷があり・・・なんでこんな事をしているのかという事もあるのですが、これは、前に施工した板金屋さんの考えなのでしょう。。。

ただ、無理のある場所は、長期的には雨漏りの原因となる場合が多く、このケースはまさにそうなのです。

が、一からやり直すとなると、棟をばらしたり大変な工事になるので、ある程度を残しつつ雨漏りの無いように、しかも単純な形になるように工夫する事にしました。

とはいえ、下地を作り直す必要がどうしても発生するため、ある程度の工事にはなってしまいます。

確かに、後からわかる事といういのもありますので、前に施工された板金屋さんを悪く言うつもりは毛頭ありませんので、誤解の無いようにお願いします。

何はともあれ、雨漏りは嫌なものです。当然建物にも良くありません。

屋根屋としては、一番気を付けないといけません。

雑感

衆議院の解散により、選挙が始まりますね。

そんな中、広島県ではいろんな動きが・・・。

自民党を離党していた広島4区の中川俊直氏が出馬断念。不倫がどうのとかは興味が無いが、不倫相手と結婚式を挙げていた?というのには驚いた記憶がある。重婚禁止の日本では婚姻届けまでは無理・・・いや、それ以前の問題。
私なんぞとは、感覚が違うのだろう。
しばらくしてから、頭を坊主にして謝罪?再起パーティー?を開かれていたが、無所属での当選は無理なので、この判断となったのでしょう。

それはさておき、本日、広島6区の亀井静香氏が勇退を表明。

これで、自民党の小島氏と自由党の佐藤氏の一騎打ち?
共産党からも出馬はあるでしょうが、希望の党の話は聞いてません。

元々、亀井氏は前回の選挙で佐藤氏に席を譲るなんて噂も出ていましたが、そのまま無所属で出馬し当選。小島氏は、打倒に燃えていましたが、惜敗・・・比例で復活。自民党は圧勝でしたので。

元々亀井氏は、中選挙区の時代でも、かの宮沢喜一元首相をおさえてのトップ当選をしていた人物。選挙は強かった。
当時、あるところでの講演で、「宮沢先生は素晴らしい人物。政界に無くてはならない。是非、当選を果たしていただきたい。」とエールを送っていましたが、最後に「ただ、投票の時は亀井とお願いします」なんて笑いを取っていたらしい。

自民党の党首選挙ではどうしてもトップになれず、ついには離党、国民新党を立ち上げる。広島6区では強いが、全国的には人気が薄かったのも事実。
実は、小泉政権時代の選挙の時、落下傘でホリエモンが自民党から出馬。センセーショナルな出来事でした。しかし、亀井氏が当選。
亀井氏は、いつも、小選挙区で戦う、比例には回らない、並立もなし。小選挙区で負けた時は、議員を辞めるとき、と言っていた。
浪花節?古いタイプかもしれないが、そういう人柄も、有権者の心をつかんでいたのかもしれない。

そんな亀井氏ではあるが、やはり歳には勝てなかったのか?最初で最後の敗北をきするよりも、辞め時と判断したのか?

アメリカでトランプ大統領が誕生した時は、石原慎太郎氏と一緒にトランプ氏に会いに行くとか言われていたので、まだ元気なんだなぁと思っていたが、実現してない。

そういえば、だいぶ前から、顔が少し浮腫んでいるように見えていたので、体調が良くはないのだろうと思っていた。前回の選挙でも元気にはふるまっていたが、少々痛々しく見える場面もあった。

ここ、広島6区では、惜しむ声もおおかろうが、ほっとする人も多い事実がある。

仮に、亀井氏と佐藤氏がタッグを組めたとしても、今の自民党小島氏が有利かな?
広島6区では票の多い三原市・尾道市。その尾道出身の佐藤氏が亀井氏の票と連合の票と、自民党の中の隠れ佐藤派の票を上手く取り込めれば、良い戦いになるのかもしれません。自由党での比例復活がありえるのかどうかわかりません。

選挙は水物なのでどうなるかはわかりませんが、この地域の為になる方の当選を願っています。

台風一過

少し前の話ですが、この辺り(中国地方山陽側)にも、少しだけ台風の影響がありました。

何軒か雨漏りの連絡がありまして、調査・修理をまだやっています。

その中で少し特殊な事例です。

ここは、屋根の葺き替えがだいぶ前にされているようです。その時、壁をプリント版(板金)にし、壁際にも水切り板金が取り付けられた様子。

しかしながら、窓が木製。窓枠も木製。下水切りも木製。。。。です。
経年により隙間があるような無いような。。。

雨漏り箇所の真上が、ちょうど木製窓。

おそらくですが、この隙間から雨が入ったようです。

二階の屋根の軒の出がありますので、通常の雨では漏らなかったのですが、台風の風雨で入ったようです。

DSCN5700.jpg

とりあえず、コーキングで隙間を埋めておきましたが、このような場合100%止まるかどうかわkらないのです。様子見です。
止まっていたとしても、今後も注意が必要です。


次のお宅は大変です。

鬼が落下。

通常ありえないのですが、おそらく鬼の取り付け線の腐食か、その線を取り付けていた釘?ビス?が腐食して支えきれなくなり、このこの度の台風で落下したものと思われます。

DSCN5704.jpg

反対側の鬼をみてみると、葺き替えをされたときに、古い鬼を使われたようで、見たことない組鬼でした。

落下した鬼は粉々ですし、残っている鬼を鬼師さんに再現してもらうと高くつきそうなので、思い切って両方同じものに取り換える事になりました。

DSCN5724.jpg

この棟は、水板というものでして、少し凝った棟です。

解体も大変で、棟の中に箱が作られているので、さて、どういう段取りで修理をするか頭を悩ませています。

鬼を裏側からみるとこのようになってました。

DSCN5726.jpg

大木あ隙間がありますが、漆喰処理されていた跡があるので、経年劣化で漆喰が落ちたと思われます。

箱の垂木も鬼の中に伸びていますが、次につける鬼では無理なので、このあたりの加工も必要です。

鬼が落ちるなんて事は滅多にないのですが、これは色んな条件が重なってしまったのでしょう。

ちなみに、鬼が落ちたということは、周辺や下屋根も痛んでいます。

でも、何よりもけが人が出なくてよかったです。

占い

プロフィール

hongokk

Author:hongokk
瓦とブロックに身を捧ぐ。^^

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
カテゴリー
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
RSSフィード